元期間工、長期失業中の男が綴る毎日の食事とか、就職活動とか、無気力生活とか・・・・・・:)

ハロワも郵便局も営業していました。
ハロワは数人の職員でしたけれど、求職者はけっこういて、すこしかわいそうに思った。連休なのにね。ま、失業者には連休もないのだけれど。

空いていたのでついつい応募を一件した。空いていたからというか、職業相談も並ばないですむから、いろいろ考える暇がないからね。それに人が少ないというだけで、なんだか受かりそうな気持ちになる。同じなんだけれど。

企業も休みだから、面接も木曜日以降ということになるのだろうし、郵送だと更に先になるのだけれど、申し込んだことによって気持ちが楽になるということはあるかなあ。そういう意味では土曜日にハロワが開いているのは、失業者にとっては良いことなのだろうと思った。

いつものようにプロハロワーもいたし。(プロハロワーとは、毎日ハローワークに来て、1日中いる人のこと)彼らも、ハロワが開いてなかったら、行くところもなくて、犯罪に手を染めたりなんてことにならないとも限らないし、精神的に追い詰められて、ということになるかもしれないから、そういう意味では失業者の聖地、慰安所となっているのだろうと考えた。

職業安定所兼失業者慰安所なのだろうと。

昼食

ぶっかけうどん

ぶっかけうどん

夕食

里芋、にんじん、タマネギ、ニラなんかの雑炊

里芋、にんじん、タマネギ、ニラのはごろも煮雑炊


一週間前に生協で買った里芋があったので、それを煮物にと思っていたら、結局ご飯を入れてしまった。最近はこのパターンが多い。おじやや雑炊にしてご飯を増やす作戦。

貧乏めしだね。

22:12
Related Posts Widget for Blogs by LinkWithin