Tags: Joyfull

ファミレス遍路(34日目の1)

In : 34日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/21

エコノミスト氏との不思議な夜を過ごし、寝不足のまま浅海駅を6時15分に出発したボクは国道196号線を海沿いの道路を歩いていた。少し行くと菊間町に入る。菊間瓦で有名な町だ。製瓦会社が国道沿いの軒を連ねる。お接待所もあってその有名な陶製のカエルを「どうぞお持ち帰りください」と置いていた。「無事帰る」に引っかけたお守りだ。

菊間の鬼瓦

菊間の鬼瓦

ボクは何個かいただいて、それをザックにしまいこんだ。少し休憩してからまた歩き始めた。天気が悪くなっていった。雲が重く立ち込めていた。雨の予感。気温も下がっていた。

お腹が痛かった。寝不足なのか冷やしたからか、トイレに行きたかった。巡礼中は便秘気味だったのだけれど、それは野宿にとってはありがたいことだった。トイレに心配をしなくていい分ねぐらの条件が少なくなる。

菊間町市街地を抜ける。途中番外霊場遍照院があったのだけれど、多くの人が掃除をしていたので「トイレ」と言い難かった。駅は少し道から外れた場所にあったで、そのまま歩いた。その先旧道入り口ところに公園があったのでそこに寄った。雨も少し降り出していた。8時20分。

8時35分、レインジャケットを着て出発。旧道を通り太陽石油菊間製油所のところを196号線に戻る。伊予亀岡駅をすぎて亀岡郵便局のATMで預金を下ろす。今回は早目に下ろした。それからまた歩き始めた。途中「延命寺に行くんだったら乗せていくよ」という運転手さんから声をかけていただいた。「ありがとうございます、歩いて回っているもので」とお断りした。そういうことが何度かあった。

10時00分、星の浦海浜公園到着。雨は止んでいたけれど風が強かった。大きな公園だった。整備されていて野宿には不向きだろうと思った。整備されていて綺麗すぎると、逆に野宿しにくいものだと考えていた。10時15分、それから旧道を通って延命寺に向かった。その時は晴れていた。

菊間町の臍(へそ)島

菊間町の臍(へそ)島

よく分からない天気だった。レインジャケットを着たり脱いだりという日だった。予讃線の踏切を渡り、しばらくすると196号線と再度交わる。と、Joyfllが見えた。10時30分、昼食には少し早かったけれど、朝食もまだだった。寝不足はそのまま腹痛にも空腹にも繋がっていた。ボクはそのファミレスに入った。そして日替ランチと味噌汁、ドリンクバーを注文した。ファミレス遍路だった。

閑散とした店内で、ボクは携帯の充電を考えていた。もう電池がなかった。昨日の長電話で残量が0になっていた。Joyfullの店員に頼んだら「どうぞ」と言ってくれるだろうか、いや言うこと自体間違っているのではないか、なんてことを考えていた。考えていたのだけれど、そのまま食事が終わると店を後にした。11時15分だった。延命寺まで3キロ弱のところだった。



観自在寺、そして九州に一番近い場所へ(27日目の2)

In : 27日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/14

11時50分、観自在寺の手前の川原で休憩。2時間ほどノンストップで歩き続けた。12時05分、橋を通らずに川の中に敷かれている飛び石を歩いて対岸に渡る。12時15分、四十番札所観自在寺到着。長い1日はまだ終わりではなかったのだけれど、身体や気持ちはどこかでゆっくり眠りたいと訴えているようだった。

少し眉毛が濃いと思う観自在寺の座禅仏

少し眉毛が濃いと思う観自在寺の座禅仏


13時出発。10分後にあったスーパーにて買い物をした。それから5分ほどするとJoyfullが見えた。大岐海岸ではあるはずの店がなくてがっかりしたのだけれど、今回は思ってもみなかったタイミングと場所で見つけたので、声が出そうなぐらい嬉しかった。食べなくて良かったと思った。

13時15分、ミックスグリル定食とドリンクバーの昼食。ドリンクバーもそう何杯も飲めるものではないし、後のトイレのことも考えたので、コーヒーを2杯と抹茶ラテを飲んだ。久しぶりの肉は、そのまま筋肉になるように感じた。30分後、13時45分に出発した。

15時05分、菊川小学校の先で休憩。トイレがなくて困った。近くの空地で用を足す。その手前の酒屋さんの自販機で100円で売られていた500ミリ缶のアクエリアスを飲む。あとはねぐらを探すだけだった。決まってはいなかったけれど、海岸が近づいていたので安心はしていた。砂浜があればそこにテントを張ろうと考えていた。内海にはトイレと休憩所があるはずだった。それを地図で確認していた。

内海から柳水大師、清水大師を通り宇和島に抜けるコースは時間的に無理だと思った。また「正式なコース」を外れる。昨日の松尾峠も時間の問題、泊まる場所の問題だった。16時過ぎに内海の町に入る。地図に記されていた休憩所は「DE・あい・21」という役場施設内にあった。泊まれそうになかった。そして明日からは「空海ウォーク」というのがあるらしくて、その横断幕が張られていた。そこを起点として、柏峠、柳水大師、清水大師ルートを歩くというコースということだった。遍路というよりも、もうすこし健康なにおいのするウォーキングなのだ。ボクがそこに止まることは、何か場違いのように感じた。

そのまま国道56号線を大浜、須の川へ向かう。そこにも休憩所があるはずだった。「ゆらり内海」という温泉マークもあった。そのマークがボクを元気にした。内海隧道の歩行者専用トンネルを歩いていた。もうすぐ夜がまた来る。歩行が早くなる。ウルトラマンのタイマーは点滅状態、そんな感じだった。

由良岬に沈む夕陽、豊後水道そしてその向こうには鶴御崎、九州に一番近づいた瞬間

由良岬に沈む夕陽、豊後水道そしてその向こうには鶴御崎、九州に一番近づいた瞬間