Tags: 食事

善根ということ(23日目の3)

In : 23日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/10

津呂善根宿の納め札

津呂善根宿の納め札


17時過ぎに善根宿の主人Kさんがやって来た。なにやら風呂のところで、先ほどの男性と話していた。風呂が炊けてないということらしかった。入浴後に食事という段取りだったのだろう、ボクのところへやって来て「じゃ、風呂の前に、食事に行きますか」と、ご自宅へ案内してくれた。

野菜炒め、ブリの塩焼き、野菜サラダ、そしてご飯だった。Kさんがご自分で作られたということだった。食事中に、少しだけボクのこれまでの遍路の様子を聞かれたので、大まかな行程を話した。そして「どうして遍路に」と訊かれた。

「前から歩いてみたいと思っていたのです。四国や熊野は元気なうちにと思って、失業したこの機会に、と思いまして」ということを初めに話して、さらにもう少し詳しく答えた。仕事のことや、母親のことなども話した。

食事が終わってから、ボクはひとりで善根宿に戻った。そうしたら「風呂に入って下さい」と例の男性が声をかけて下さったので、返事をして浴場へ向かった。横を流れる川の水を汲み上げて、薪で沸かすというものだった。天然水風呂、なのだろう。

ボクが入っている間も、その男性は「湯加減はどうですか」と声をかけてくださった。風呂から上がり、部屋に戻る。ドラム缶ストーブで暖まった部屋にはその男性がいた。「どうもありがとうございました」と言った。

「今日はどこから」
「ドライブイン水車からです」と答えた。それから今日のことを話して「こちらの方なんですか?」と尋ねた。

「あ、私も遍路なんですよ」と答えてくれた。
少し驚いた。ボクの世話をしてくれていたので、てっきりここの人、と言っても、善根宿で生計は立てられないだろうから、近所の人が手伝いに来ているとか、主人の親戚の方とかだろうと考えていた。「そうでしたか。それは失礼しました」と言った。

「いえ、ここに少しお世話になっているもので」と、その遍路氏は言った。もう数周巡わっているそうで、今回は津呂の善根宿に数泊停滞しているということだった。部屋には寝ないでテントに寝起きしていて、こうして遍路の世話をしているとのことだった。その代わりと言ってはなんだけれど、風呂やトイレの設備を使わせてもらっているのだろうと、思った。

宿泊代500円と言っても、それを払ったから客として長居出来るものではないと思う。それに善根宿自体長期滞在する場所でもないのだろうし。500円で管理できるか、というとこれもまた難しい話で、やはり善意、それも見返りを求めない、善が根本にない限り営むことは難しいのだろうと思う。

ボクたちは、人との関わり合いの中で、その人のために行動する時には心のどこかで何かを求めている、場合が多い。それは家族だろうが恋人だろうが、同じことのように思う。無償の愛、それが出来るかというと、とても難しいことのように考えていた。

その遍路氏とそして少し後にやってきて近所の人と3人で21時までいろいろなことを話した。今までプロ遍路たちにはあまり良い印象を持っていなかったのだけれど、その人の物静かな話し方や、けっして自慢しない内容は、聞いていて心地いいものだったし、かなり具体的なアドバイス、たとえば「時間があったら鹿島に渡ってそこのキャンプ場に泊まると良い」なんてことを話してくれた。

そしてその近所の人も、きっと接待ということでテレビもラジオもない善根宿での寂しさを紛らすためにやって来ているのだろうと思った。21時になったら「お開き」になった。ボクも横になりたかった。

ふたりが帰ってしまうと、またいつもの夜がそこにあった。

善根宿のベッドにて

善根宿のベッドにて

*レストラン水車~津呂善根宿
*善根宿泊

(出費)
・スリーエフ下ノ加江店
おにぎり赤飯 125円
たわらむすび弁当 350円
クリームツイスト5個入り 231円
ドデカソーセージ 118円
(小計 824円)

・善根宿
宿泊代 500円
食事代 500円
(小計 1000円)

・自動販売機
缶ココア 120円
缶コーヒー×2 240円

合計 2184円



まるごとソーセージ(12日目の3)

In : 12日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/30

ほんと、まるごとソーセージ、よく食べたなあ…。カロリー摂取(341カロリー)だけではなくて、菓子パン(あんパンとかコッペパンジャムマーガリンなんかの)よりは、健康によさげな感じがして食べた。ジャンボソーセージもよく食べた。

山崎製パン
山崎製パン | イチオシ商品

表を見ると、ナトリウムが多いだけ、なことに、少なからず後悔していたりするのだけれど、お菓子というよりも食事ということを考えると、やっぱりまるごとソーセージかなあ…。

国道55号線は海岸線沿いにボクを安芸市まで運んでいった。大山岬も室戸と同じようにボクの記憶の中に正確に収まっていた。上の道を通らずに下の道を取った。そして地蔵堂にて参拝、少し休憩した。

道の駅大山の先の道路が工事中で、防波堤道路への進入路を通り過ぎてしまった。「通り過ぎた」ということを気づいたのは線路を渡って、そして線路が左手に見えたからだった。途中で防波堤道路へ線路を渡って行った。夜がまた近づいていた。

いおき駅のあたりで、防波堤道路から国道に合流する。その先にローソン安芸伊尾木店があった。買い物をする。ねぐらを探す時間になっていた。夕食はそこで食べることになるので、助六とおにぎり、そしてやっぱりまるごとソーセージだった。

安芸市内を通って、染井町、養老乃瀧のところから海岸線に向かった。地図には市営球場、阪神タイガースのキャンプ場として有名なのだけれど、その辺りに公園があって、トイレや休憩小屋が記載されていた。その少し手前の海岸、干魚工場のある浜に辿り着いた。もうそこで眠ろうと思った。

助六とおにぎりカツオ、デカウマソーセージの夕食を食べた。行動時間は短かったのだけれど、疲れていた。そのまま素泊まり(テントを張らずにマットと寝袋だけで)していたのだけれど、風が強い日で寒くなったので20時過ぎにテントを張った。強風がテントを揺らす。

夜中、何度も頬にテントの布が触れる。何か動物がテントの上にいる、半分夢の中で思っていた。振り払っても振り払っても逃げない。「こら~」と叫んだ。その声で目がさめた。風がテントを揺らしていた。軽いテントはしなるだけしなって、揺れるだけ揺れていた。ナイロン袋に入れられた金魚すくいの金魚みたいなものだと、思った。

何度も目が覚めた。何しているんだろう、とも思った。

安芸の海岸
安芸市の海岸にて、大山岬、そして遠く室戸岬。

*奈半利~安芸市球場前手前
*安芸市球場前手前の海岸泊

(出費)
・Yショップ奈半利 おかもと酒店
ポカリスエット 147円
おにぎり昆布 105円
一口サンド 230円
飴 100円
(小計 582円)

・ローソン安芸伊尾木店
おにぎりカツオ 105円
助六 398円
デマウマソーセージ 113円
まるごとソーセージ 121円
(小計 737円)

・自販機
缶コーヒー×2 240円
スポーツドリンク 150円

合計 1709円



遍路はは食わねど高楊枝…なんて(10日目の4)

In : 10日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/28

佐喜浜八幡宮を13時30分に出発した。
暖かい日だった。佐喜浜の街は驚くほど静かだった。24番札所・最御崎寺まで、まだ20キロあったし「地の涯であろうというそらおそろしさ」を感じさせる風景は続いていた。柔らかな空気と陽射しさえも、その感覚を増幅させていた。

スーパーフェニックスに寄った。食料の調達をしなければならなかった。『無料宿泊所一覧表』には「室戸市佐喜浜のスーパーで絶対食料を調達してください」と記されていた。それは脅迫文のように感じられた。

買い物を済ませると室戸へ歩いた。防波堤道を歩いた。道路標識と同じほどの高さにいた。

「ロッジおざき」の先で休憩した。まるごとソーセージを食べた。サーファーがひとり、海を見ていた。その斜め後方に座って、ボクもひとり、海を見ていた。海岸にいるのはサーファーと遍路、四国の海岸の風景だった。話すことは、なかった。ただ、繰り返される波の動きを見ていると、彼らもまた巡礼者のように思えた。その波に乗っては打ち上げられ、そしてまた沖へ向かっては打ち上げられる。永遠の動作、それは一種の行、例えば「虚空蔵求聞持法」のようにも感じられた。

そしてまた歩き始めた。

夫婦岩の休憩所でトイレ。鹿岡鼻を過ぎると室戸岬が随分と近くに感じられた。もうほとんど周りの風景を記憶していないほど、室戸の岬だけを見ていた。室戸東中学校を過ぎた頃には夜の気配がしっかりと感じられた。

ねぐらを探さなければならなかった。物色する目つきになっているのだろうと、思ったし、キョロキョロ辺りを見渡す風は挙動不審だったに違いない。

三津漁港の近く三津浜バス停には先客がいて、夕食なのだろう、コンロで何かを煮ていた。挨拶だけして通り過ぎる。ここは「無料宿泊所一覧表」に載っている場所だった。「当てが外れたなあ」とつぶやいた。

さらに夜が濃くなっていった。ボクの不安も増していった。歩いていた。佐喜浜漁港の次のバス停に辿り着いた。そこは無人だった。もぐり込んだ。腰を下ろした。狭いベンチだった。それでもバス停は小屋だった。屋根もあれば壁もあった。それがなによりだった。

ボクは白飯とサラダ、そしてやぶれ饅頭の夕食をとった。「鶏天も買っとけば良かったよ~」と日記に書いている。「(佐喜浜のスーパーで)絶対食料を調達してください」という、あの表に書かれた文字を思いだしていた。『「絶対食料をたっぷり調達」にするべきだね、特に唐揚げ』とも書いた。そして叫んだ。「食わせろ」と。

室戸 夫婦岩
室戸 夫婦岩



24番札所最御崎寺前の院?(10日目の2)

In : 10日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/28

10時30分に法海上人堂下の海岸を出発したボクは喉が渇いていた。上人堂のトイレの横には蛇口はあったのだけれど、水がでなかった。小川の水を飲めば良かったと思った。自動販売機も文明に合わせて設置してあった。例えば10㎞という距離に自販機が一台もなかったとしても、そのことを不便だと感じることは、普通に生きていればあまりないように思うし、おおよそ都会には、これでもかと言うぐらいに自販機が存在している。

喉も渇いていたけれど、お腹も空いていた。朝から缶コーヒー1本とカロリーメイト1箱だけだった。室戸市に入って少しした岬に久しぶりの自販機が見えた。その奥は食堂になっていた。中華そばの幟があった。もう考える余裕はなかった。それほど空腹だった。

きつねうどん450円と、巻き寿司4個300円を注文した。そして出された水を一気に飲んだ。お替わりしてもう1杯一気に飲んだ。そしてうどんも寿司も平らげた。スープも飲み干した。

そこのお姉さんは、たぶん佐喜浜あたりからその店に通っていて、昔はとても美人だったのだろうし、恐らく佐喜浜か室戸あたりのスナックでは人気のママさんだったのだろう、なんてことを考えていた。少し話した。ボクがどこから来たのかとか、野根からここまで自販機がなくて、ここの自販機が仏えて24番札所前の院という感じでありがたいですよね、なんてことを、ボクは美人を前に少し饒舌になっていた。

キャラメルをいただいた。ボクはその店を出て、そして自販機でスポーツドリンクを買った。12時を少し過ぎていた。それから歩いて佐喜浜八幡社にて休憩した。トイレに行った。温暖な気候なのだろう、蚊の大群が飛び回っていた。

温暖と言っても、季節は秋、それも冬に近い秋だった。歩けば暑い、立ち止まって日陰にいると肌寒い、そんな昼下がりだった。

室戸の朝と菅笠

Tags : ,