Tags: 金剛杖

大窪寺、結願(43日目の2)

In : 43日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/30

女体山を下ると自動車道に出る。階段を降りるのだけれど、そこを西へ矢筈山の方へ行き道に迷う人がいるということだった。その「お知らせ」の貼紙が山頂に貼られていた。迷った当の本人が貼紙を作りそこに掲示していた。ご本人が来られて貼ったのかどうかは分からなかったのだけれど、きっとそうしたのだろうと思った。

道迷いのお知らせ

道迷いのお知らせ

四国らしいというか、とてもありがたい「お接待」だった。普通はそこまでしないと思う。自分が道迷いしたからと言って、わざわざもう一度迷った地点にやって来て、次の人たちのために注意書きを残す。「茨木市 ○○」と書いていたので、四国の人ではないのだ。

迷いそうにない場所でも人は迷う。例えばその日の朝のボクがそうだった。簡単に反対方向に進んでしまう。睡眠不足や疲労が方向感覚を鈍らせる。道迷いだけではなくて、事故もそうやって起きる。結願ということで前しか見えなくなる場合もあるだろう。気持ちが焦ってしまうこともあるだろう。そう思った。

自動車道に出てそしてまた山道に入った。もう下りだ。少し行って番外霊場、八十八番奥之院胎蔵峰への道が分かれている。右折してその道へ入った。200メートルほどの距離にあった。9時00分到着。誰もいない、そして風の音と木々を揺らす音しか聞こえなかった。

最後のくだり、直下に大窪寺

最後のくだり、直下に大窪寺


この高度感。落ちる、あるいは産まれるという感じ。そういう順番を歩くことになる。女体山、胎蔵峰、大窪寺なのだから。死に、そして生まれ変わる。

9時20分出発。打ち戻って、今度は一気に300メートルを大窪寺まで下ることになる。階段が敷設されていた。直下に八十八番大窪寺が見えた。感動し興奮した。なにかを完遂したという感覚ではなくて、やっと辿り着いたという安堵感のようなものだった。

そこは確かに結願寺ではあったのだけれど、終点ではなかった。そういうこともあってか、寺の境内に降り立った時には何か出発する時のような気持ち、少し緊張して喉が渇いて、そして鼓動が早くなるような感じだった。

9時40分着。
広い境内だった。本堂に行き、そして離れた大師堂に行った。金剛杖が奉納され「宝杖堂」(ほうじょうどう)には数千本、いやもっとかもしれない金剛杖が並んでいた。ボクは奉納しなかった。まだ高野山があった。そこまでは同行二人だろうと考えていた。

「万感胸に迫るものがある」と言われるようなものはなかった。女体山山頂や、胎蔵峰からの下りのほうがその感覚があった。たどり着いたら、次のことを考え始めた。高野山、その前に一番札所霊山寺へのお礼参りがあった。

終わりではなかった。
「人生即遍路、そして、人生なお即遍路」と日記に書いた。多くの遍路も、そういった気持ちを持つのだろうと思った。そしてまた始めるのだろうと思った。それが遍路なのだろうと考えていた。

大窪寺宝杖堂にて

大窪寺宝杖堂にて



魔法の金剛杖を持つ青年(26日の2)

In : 26日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/13

7時40分にスリーエフ大月店を出発した。しばらくして昨日の青年が病院のベンチに座っているのが見えた。「おはよう」と道路の向こうにいる青年に声を掛けた。なぜ反対側にいるのかは聞かなかった。ベンチ、水、お接待、その3つのワードが浮かんだ。

「おはようございます」と青年は立ち上がると信号のない道路を横断して来た。「どうだった?」訊いた。「ええ、なんか話の好きな人で」「そうそう、オレも叶崎で小一時間話したよ。ま、それでも寒い思いしなくて良かったよ」と言った。それから並んで歩き始めた。彼が今まで受けたお接待のことを少し聞いた。一日に数千円「もらった」こともあるそうで、その時は遍路ツアーのおばさんひとりが「息子に似ている」と1000円お接待すると、別のおばさんも「わたしも」そして「わたしも」と何人かから1000円を頂いたそうだ。

「すごいね」とボクは言って「きっと集団の意識ってのはそんなもんかもね」と話した。彼は「ええ、なんか悪いような気がしました」と言った。彼の遍路旅は札所を巡るのだけれど、納経帳への墨書押印、記帳はしてもらっていないということだった。「スタンプラリー」という表現でその記帳のことを表現していた。

それでも菅笠に金剛杖、白衣という正装をしていた。そのこと、こだわりのようものは別に違和感はなかった。記帳が全てではないのだし、納経はしているのだから。

そのあと、その納経帳が「ヤフオクで売れる」という話をした。そして彼の金剛杖を見て「これはどうした」と訊いた。彼の杖はササクレをそのままして、なんとも異様だった。根が生えてきたようになっていた。「ああ、これ、こうなってしまわないですか」と言ったので「これ、道路に擦ってササクレを取るんだよ」と言った。「ああ、そうなんですか」。

根が生えてきた、魔法の金剛杖

根が生えてきた、魔法の金剛杖


そうなのだ、杖を突いて歩いていると先端がささくれてくる。お大師様の分身なのでナイフで切り落とすなんてことはしないで、道路でやさしく撫でるように削って綺麗にしとくということで、ボクもそうしていた。それをしない彼の杖の先端は根が生えているようにも見えた。

「このほうが自然ですよね」と聞いてきたので「ああ、まあ、そうだね。そのほうが良いかもしれないね、無理に落とすよりは」と答えた。そして話した「それさ、一晩でこういうお姿になりました、なんて言って、この先を悪いところに当てれば病気が治る、なんていけるかもね」と言った。「ええ、詐欺ですよ」と彼は言った。「ま、詐欺というか、しちゃダメだけれど」と言った。それから坊主がいかにスナックでもてるか、なんて話をした。「坊主が縁起物だからね」と言った。そして「今からでも遅くないよ」と言った。

1時間ほどそうやって歩いた。彼のほうが歩くのが早いくてボクに合わせているようだったし、ボクも休憩したかったので「オレ、ここで休憩してそれから行くよ」と言った。「それじゃ、先に行ってます。また宿毛で会うかもしれないですね」と別れた。

宿毛サンライフの前で休憩した。魔法の杖のことを考えていた。「当てればピタリと治る」いるかもなあ…。その青年とは延光寺の手前でもう一度会った。

その青年

その青年

Tags :


痛みは快感になりますか?(11日目の3)

In : 11日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/29

遍路をして何か変わったのだろうか、なんて考えていた。というよりも遍路中も「何になるんだろう」と思っていた。どうしてこんなに辛い思いをしなければならないのかと。雨の日には特に思った。ねぐらの決まらない夕方も思った。坂道でも思った。そして叫んだりもした。金剛杖に当たったりもした。

「プロ遍路はきっとMだね」なんて考えたりもした。野宿したり、酒を飲まなかったりすること、それが何になるのか、聞かれても、答えることが出来ない。達成感のようなものはあったにしても、変化なんてものはなく、まして御利益なんてものは、今のところ一切ないように感じる。想い出だけはたっぷりとあったとしても。

室戸までの3日間は確かに長かった。それでも海がある風景は、それが司馬遼太郎の言う「地の涯であろうというそらおそろしさを感じさせる」場所であったとしても、開放感はあったし、そのことで気持ちも明るくはなった。森や山の中の、あの薄暗い風景のほうが、恐ろしさを感じた。なによりも海岸線にはねぐらがあった。

24番札所最御崎寺を8時30分に出発して、室戸の街へ降りて行った。急峻な山坂は橋によってスロープになっている。それでも落ちて行くという感じがするほどの勾配だった。その日は風が強くて、いや、室戸はいつも強風が吹いているのかもしれないけれど、肌寒い朝だった。

1枚目のSDカードが坂道の途中で終わる。その時点で撮影した写真は770枚になっていた。

25番札所津照寺の手前のYショップに寄った。食糧もなかったし、お腹も空いていた。Yショップ前のベンチで、まるごとソーセージとツナマヨ、梅のおにぎり2個を食べた。10時になっていた。乾電池を買って携帯の充電器に入れた。少し充電できたところで、メールチェックをした。そのメールだけが、ボクの会話のようにも感じていた。遍路としてのボクではないボクとしてのだけれど。

津照寺に11時前に着いた。いつものように納経をして納経所に行く。順番を待っていると関西弁のお姉さんに割り込まれた。ボクは何も言わなかった。割り込む以上にそこで呪いの言葉を口に出す方が忌まわしいことのように思った。心の中では「何考えてんだよ」と言っていたのだけれど。

そうしたらお寺の人が「順番は守ってください」とボクの代わりに言ってくれた。お姉さんは、何か言いたげに見えたし、そのことが態度に出ていたのだけれど、それに従った。そこで反論することでの不利益を、一瞬のうちに計算したのだろうと思う。そう言った計算をしてしまうのも、人間の弱さなのだろう。

彼女が車遍路でよかったと思った。歩き遍路だったら、この後もどこかで会うだろうし、その時に何を言えばいいのか、どういう顔をすればいいのか、となると気持ちが重くなるだろうから…。嫌な気持ちはどちらにもあったのだろうし…。

津照寺の階段を降りてボクは26番札所金剛頂寺に向かった。お寺は人が多かった。そのことはボクの気持ちも明るくさせてはいた。2日間、薬王寺から最御崎寺までは、数えるほどしか人と会わなかったし、言葉も交わさなかった。おまけに携帯も充電切れで、言葉も数えるほどしか話していなかった。御真言とお経だけは唱えていたのだけれど。

最御崎寺 仁王門 仁王尊
最御崎寺 仁王門 仁王尊



毛を以て馬を相す(9日目の2)

In : 9日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/27

「毛を以て馬を相す」とは「物事の価値を外見だけで判断することのたとえ」。人は多分にそういうことをする。そしてその判断は正しい時もあるし、正しくない場合もある。

あさかわ駅を出発してから20分後ほどして坂道の途中に休憩所があった。また休憩した。狂い咲きした花を付けている桜の木がそばにあった。道路に散った花びらが、その木の存在を教えてくれた。ボクは少し呆然としてそれを眺めていた。

ふたり連れのお遍路さんがやって来た。
「何日目ですか?」と聞いてきた。
「えっと、9日目です」とボクは答えた。
「何回目ですか?」と次の質問を用意していた。
「初めてなんですよ」
「そうですか。桜の花が咲いていますよ、知ってますか」
「ええ、咲いていますね」

少し嫌な気分になった。
そう聞いてきた人に対しても、そして何よりもその嫌な気分になった自分に対しても。

その人たちはそのまま先へ進んで行った。ボクは暫くそこにいた。少し距離を開けたかった。あさかわ駅から20分後の休憩を後悔した。ここで休憩しなかったら彼らに会うこともなかっただろうに、と思った。

回数を聞かれることもだけれど、「知ってますか」という言葉に過剰反応してしまった。「知らなくてもいいじゃないか」と思った。「回数もどうでもいいじゃないか」と思った。そして「それくらいのことで嫌な気分になることもないじゃないか」と思った。

その日の日記にこう書いている。
『遍路の回数を
納札の色を
自慢する人がいたら、こう言え。
「遍路とは回数なのですね」と。
そして
「回数ならば観光バスの運転手さんやガイドさんは大先達ですね」と。
……
数打ちゃ当たる……それが遍路なのか、と。』

歩き始めた。どうでもいいことだった。「聞かれたら『何回目に見えます』と答えよう」と、意地悪く考えたりもした。

10時にローソン海陽町杉谷店に着いた。買い物をした。そして駐車場でレタスハムサンドを食べた。朝食だった。

金剛杖と花
海陽町国道55号線にて



海の風景(8日目の1)

In : 8日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/26

夜中に雨が降っていた。目ざめた時には止んでいたのだけれど、降るだろう気配も予感もしていた。6時過ぎに起き出して、いつものようにシュラフをスタッフバックに押し込む、ということから1日が始まった。おじさんも起きていたし、同じようにパッキングをしていた。

朝食として食べるものがなかった。勝浦のサンクスからコンビニがなかったし、平等寺からそこまで食堂を含めて店らしい店がなかったので、食べることも買うことも出来なかった。Kさんからいただいたみかんが効いていた。「あのみかんを食べたから空腹感も抑えられているんだろうなあ」と思った。非常用にピーナッツババターが1袋、車道を歩いて行くという安心感もあった。地図上にそれらしき店は載っていなかったとしても。

その日はボクのほうが先に出発した。「先に行ってますね」とおじさんに言った。「ああ、オレもすぐに出るよ」「はい」と、短く挨拶をして歩き始めた。

ヘンロ小屋を出て、山側のルートを通るか由岐を目指すか考えながら歩いていた。雨が降る予感がしていた。そのことと食料がないということがボクを海へ向かわせた。由岐町の役場やJRの駅、何軒かの民宿、そして海を懐かしく感じていた。

山と海、山の中にいるなにか閉塞感みたいなものよりは、海岸線で海の側にいるほうが開放感があるし、安心も出来るように思った。木々のざわめきよりも波音のほうが心地よかった。山の夜よりは海の夜のほうが眠れた。海辺の街に生まれたからかもしれない。

しばらくして雨が降り始めた。自動販売機のあるところでザックカバーを付けて、レインジャケットを着た。缶コーヒーを飲んだ。バターピーナッツを食べた。それが朝食だった。そして歩いた。雨が激しくなったので、峠の新しい休憩所まで行ったところで休憩をした。雨は止みそうになかったのだけれど。そして雨の中を出発した。

海は見えていた。そのことが少し気持ちを明るくした。鉛色の雲はそのまま水平線で海の中へと潜り込んでいたのだけれど、遠く拡がりのある風景は、自分の位置や方向を確かなものにしていた。海という目印が常に左手に存在していた。そして右手には「南無大師遍照金剛」金剛杖があった。真ん中で生きている、あるいは、生かされているような感じ、がしていた。

田井ノ浜海水浴場にて
帽子(カバー)を付けているのでその部分は日焼けしていない。というかまだ7日目なのに随分と変化はあるものだ、と思っている。ボクは、ほとんど、変化しなかったとしても。体重は減っていたのだろうけれど…。(田井ノ浜にて)