Tags: 野宿

エコノミスト氏の不思議な荷物(33日目の4)

In : 33日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/20

その男はボクの顔をジッと見つめていた。ボクは驚いたのだけれど、いったい彼が何をしているのか分からなかったし、何をしたいのかも分からなかった。

「手を握らせてください」と男は言った。いったい何があるのだろうかと思ったのだけれど、ボクは寝袋の中から手を出して彼のリクエストに応えた。とても冷たい手だった。その二つの手でボクの右手を握り締めていた。そして「暖かいですね」と言った。なるほど、あまりにも寒くて何か暖かいものを探していたのだろう、と思った。そして「ありがとうございます」と手を離した。

暖かそうなポスター

暖かそうなポスター

男は一睡もしてなくて、ブツブツと呟きながら足踏みをしたり身体を小刻みに動かしていた。そして待合室に貼ってあるポスター「高知キャンドルフェア」の蝋燭の炎の写真に手をかざしていた。暖かく感じるのだろうか、とボクは寝たふりをして見ていた。動くことで体温と精神のバランスを保っているのだろうと思った。

しばらくすると男がまたそばに来て「経済は興味がありますか」と訊いてきた。「ケインズとか竹中さんとかなら知っているけれど」と答えた。「ああ、そうですか。ボクは専門が経済なもんで」と広辞苑ほどの厚さの経済書を見せてくれた。彼の少ない装備のほとんどがその本だった。それから少し経済の話をしていたのだけれど、ボクが興味がなさそうなのが分かったのか、深夜に迷惑だと思ったのか、「すみません」と言って、またブツブツを動き回っていた。

それから手紙のようなものを荷物から出して、小さく破いてゴミ箱に捨てていた。ボクはウトウトだけしか出来ずに5時少し前に起き上がった。そしてココアを自動販売機で買って飲んだ。エコノミスト氏も缶コーヒーを買って飲んでいた。

「おはようございます」と言った。「おはようございます」と応えてくれた。そして「始発で今治に向かいますから」と言った。「ああ、電車だと暖かいし早いね」とボクが言うと「そうですねえ」と言って、ボクの座っていたベンチの近くに一冊の本を置いた。「経済学入門」というようなタイトルだった。ボクに読めということなのだろうか、それとも荷物の整理をしてそれが邪魔になったのだろうかと考えたのだけれど、何も聞かなかった。

ボクは出発の準備を始めた。そして6時になったところでエコノミスト氏はホームに行った。「お気をつけて」と挨拶をした。ボクも立ち上がった。しばらくすると電車が入ってきた。ボクのほうが少しだけ早く駅を後にした。電車ももうすぐ出発するはずだった。「経済学入門」は、きっとゴミとして扱われてしまうのだろうと思った。

エコノミスト氏の恩返しなのだろうか、とも考えた。ボクにはその本を持ち歩くことがとても非経済的に思えた。そして彼の行動も経済学とはかけ離れているようにも感じた。それを本人が一番分かっているのかもしれないとも思った。

悩みや苦しみが彼を「遍路」という彼のスタイルの遍路にさせたのだろうと考えた。経済ではなくて政治を学んだほうが良かったのかもしれないと思った。いや、うまく立ち回れない人はどうやってもうまく生きられないのかもしれないと思った。学問は、利用できる者の側にしかつかない。それは宗教や信仰も同じことなのかもしれないと考えていた。

完全な寝不足だった。ボクは鎮痛剤を飲んだ。

そしてひとりは電車に乗って、もうひとりは歩いて浅海駅をあとにした

そしてひとりは電車に乗って、もうひとりは歩いて浅海駅をあとにした

松山市日尾公園~松山市浅海
JR予讃線浅海駅泊

(出費)
・ファミリーマート南久米店
ミックスサンド 230円
ホットゆず 130円
(小計 360円)

・ローソン北条中須賀店
牛丼 398円
とっておきレーズンバターロール6P 190円
(小計 588円)

・自動販売機
缶コーヒー×2 240円
ミルクティー 120円
ホットゆずれもん 130円

(合計 1438円)



松山の夜、公園の夜(32日目の3)

In : 32日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/19

四十八番札所西林寺を16時10分に出発して次の四十九番札所浄土寺に着いたのは、納経所の閉まる10分前だった。前日と同じように、また最初に納経所にてお願いする。それから本堂へと向かった。その頃にひとり山門をくぐって入ってくる遍路が見えた。

浄土寺の大師像

浄土寺の大師像

大師堂での納経が終わり山門に向かうと、その遍路がベンチに座っていた。「こんにちは」と声をかけた。バイクで回ってるということで、電話して宿の予約を入れたところだと話してくれた。そして「この近くにお泊まりになるんですか」と訊いてきたので「まだ、決めてないのですよ」と答えた。「じゃあ、お気をつけて」と挨拶をしてから山門を出た。17時20分。夕暮れ、というよりも夜だった。

左に曲がるとすぐにファミリーマート鷹子町西町店があった。そこでこの日初めての買い物をした。三坂峠でパンを食べてから何も食べていなかった。買い物をすると遍路道を進んだ。街は仕事帰り、学校帰りの人で賑わっていた。道路は歩きにくかった。

17時50分、少し歩くと公園があった。日尾公園だ。かなり広そうな公園だということは分かったけれど、暗かったので良くは分からなかった。取りあえずトイレのある上のほうに行った。そして目立たないところにテントを張った。日が暮れると一気に空気は重くそして冷えてきた。前夜のことを思い出した。「カイロ」とつぶやいた。

カイロを買い忘れていたので、またファミリーマートに行くことにした。幸い公園の先にファミリーマートがあった。南久米店。そこで使い捨てカイロとカップヌードルを買った。そしてお湯を入れて公園へ戻った。18時40分。テントの中でカップ麺とおにぎりを食べた。それからトイレの前の水道を借りて洗濯をした。ついでに頭も洗った。

テントに戻り、入り口から見える松山の夜景を見ていた。そうして目を閉じた。いつの間にか眠りに落ちていた。やはり何度か起きた。カイロを足元、寝袋に貼った。寒さは和らいだけれど、それで熟睡するということもなかった。いつものことだったのだけれど。

テントの中から見える街並み

テントの中から見える街並み

*久万高原町西之川バス停~松山市日尾公園
*日尾公園泊

(出費)
・ファミリーマート鷹子町西町店
直巻焼鮭 110円
鶏五目 128円
ツナマヨネーズ 105円
カロリーメート 105円
ピーナッツブロックチョコ 105円
(小計 553円)

・ファミリーマート南久米店
シーフードヌードル 168円
ポッカロン貼るミニ10p 298円
(小計 456円)

・自動販売機
缶コーヒー×2 240円
ホットレモン 120円

(合計 1369円)



夜遍路そして雪の夜(31日目の3)

In : 31日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/18

久万高原の絡みつくような闇を抜けて古岩屋荘のフロントにたどり着いた時には「部屋は空いてますか」と言いそうになった。暖かい食べ物と暖かい布団で眠りたいと思っていた。なにがその欲望を押し止めたのか。というと、それは風呂に入れる、という交換条件だったのだろうと思っている。風呂にも入れない状態だと、宿泊という欲望に負けていたのかもしれない。というか、その欲を抑える意味もボクの旅にはなかったのだけれど。現に何泊かはホテルに泊まっていたのだから…。

18時にその古岩屋荘に着いて、そのまま入湯券を購入、2階の浴場に向かった。ちょうどこの日は「温泉祭り」で入湯料が200円だった。ホテルロビーに若い遍路がひとり座っていた。浴場の前がコインランドリーになっている。そこにも若い遍路がひとりいた。時間をそこで過ごして、その後古岩屋荘入り口にある休憩所にでも寝るのだろうと思った。そういったかしこい利用の仕方をする人がいる。ボクには出来ないのだけれど…。

温泉に浸かったあとに食堂に行った。ちょうど宿泊者の夕食の時間で、遍路と思われる人たちが4組、そこにいた。ボクはうどん定食を頼んだ。800円。それを食べ終わると、ねぐらを探して出発した。19時10分。闇はさらに粘度を増して身体にまとわりついていた。山間の道は全くの暗闇だった。

19時30分、西之川のバス停に着く。四方壁、アルミサッシの窓と入り口だ。ここなら寒さをしのげると、来る時に見ていた。もしそこに先客がいたとしても、その先の久万高原ふるさと旅行村の入り口に休憩所があった。

四方壁あり、アルミサッシの窓。透明ガラスは外から丸見えなのだけれど…。

四方壁あり、アルミサッシの窓。透明ガラスは外から丸見えなのだけれど…。

ザックを下ろし、マットを出した。空気を入れて膨らませた。そしてそれを敷いた。線香を焚いた。それから寝袋を出してもぐり込んだ。寒い夜だった。何度か目が覚めた。まだ日付が変わっていなかった。そして何度か眠った。

そうして何度目かに起きた時に外を見ると、雪が降っていた。道路が白く光っていた。ボクはぼんやりとその風景を見ながら、また眠ろうとした。眠らなければと思っていた。それだけを考えた。眠ろうと。

初雪や同行二人杖と足

初雪や同行二人杖と足

*内子町川口橋~久万高原町西之川
*西之川バス停泊

(出費)
・松山生協久万高原店
ファイバーレーズン 100円
おにぎり弁当 298円
田舎巻き(巻き寿司) 350円
(小計 728円)

・国民宿舎古岩屋荘
入湯料 200円
うどん定食 800円
(小計 1000円)

・自動販売機
缶コーヒー、紅茶 240円

(合計 1968円)



十夜ヶ橋(30日目の2)

In : 30日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/17

11時少し過ぎに大洲市街地に入った。雨は止んでいた。青空も少し見えていた。ダイソーに寄った。膝サポートが欲しかったのだ。痛いほうだけではなくて、右側にも着けていないとバランスが悪いように感じて一枚買った。身体を拭くシートタオルも買った。11時30分、かば忠飯店。中華料理屋さんだ。「ランチ600円」につられて入った。久しぶりの暖かい食べ物。美味しかった。歯は少し痛むけれど、膝は日に日に良くなっていくのが分かった。

野宿大師

十夜ヶ橋野宿大師

11時55分出発。大洲市内を抜けて12時30分、十夜ヶ橋着。別格八番正法山永徳寺がある場所だ。十夜ヶ橋については、永徳寺のサイトから引用します。

弘法大師 御野宿所 十夜ヶ橋
昔、弘法大師が行脚のおり、この辺りにさしかかった時、日が暮れてしまい、泊まるところもなく空腹のまま小川に架けた土橋の下で野宿をされました。その折に、一夜限りとはいえ夜明けまでの時間が十夜の長さに感じられ「行きなやむ 浮世の人を渡さずば 一夜も十夜の橋と思ほゆ」と詠ったことから十夜ヶ橋と名がついたといわれています。

この橋の下は野宿の聖地だ。野宿が公認されている場所でもある。そして泊まるためのゴザまで貸し出している。

そういうことなのだ。弘法大師空海と言えども泊まるところもなく空腹に苦しんだのだ。野宿が楽しいはずがない。熟睡するはずがない。慢性的な睡眠不足と空腹感、極度の緊張感と疲労感が精神を欲求から遠ざける。肉を食べないのではなくて、食べることが出来ないのだ。争いの心を捨てるのではなくて、争えないのだ。そこを知ることが歩き野に眠り歩くことなのかもしれない、と思っていた。

少しの間、そこに横たわった。野宿をすることの有効性とか正当性とか、何かを得たり脱したりできるという信憑性なんてものは分からない。だけれども、地面に身体を横たえて、土のにおいを嗅ぎ、野の花の下から景色を見る、そして自然の中に身体を預けるということ、それは生きるということの普通の型のようにも思う。

それもまた「旅」なのだと思う。遠く旅をして、ホテルのベッドで眠るだけでは分からない世界を旅することも、あるいは必要なのかもしれないと思う。

十夜ヶ橋では涙が自然と流れる、と思う。それまでの野宿の想い出が一気によみがえる。そして1200年前の時間を飛び越えてしまう。宗教の普遍性とは、そういった一体感みたいなもの、なのだろう。人はいつも苦しむ。そしてその苦しみから解放されることはない。

13時、野宿飴を買って出発した。

十夜ヶ橋野宿大師

十夜ヶ橋野宿大師



同宿あり(26日目の5)

In : 26日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/13

宿毛大橋を渡る頃には太陽はもうボクと同じ高さにあって、一日をその朱色の句読点で強引に締めくくろうとしていた。あと30分もすれば、またボクはザックのポケットに入れているヘッドライトを取り出す作業を行う。

秋の日は釣瓶落とし

秋の日は釣瓶落とし(宿毛市和田あたり)


留守を預かってもらっているホッチキスと電話でもめた。荷物が届いていて、その不在通知に気付かないまま保管期限が過ぎていたことに対して、ボクは苛立っていた。そのことに対してというよりも、思い通りにならない毎日への不満も「ついでに」そこを出口にした。荷物がどこからなのか、ということが気になり始めた。差出人がまったく知らない企業からだった。千葉県の美浜…。

あとになって分かったことなのだけれど、イオンの懸賞に当たっていて「トップバリュー詰め合せ」が届いていたのだ。差出人が「イオン」ではなくて、発送を担当する企業名だったのでややこしくなっていた。

その怒りや苛立ちを抱えて、夜の宿毛市内を抜けた。与市明の交差点から国道56号線に出た。登り坂。しばらくして宿毛トンネル。抜けるとまた闇だった。18時。晩秋の夕闇は時間よりも深く感じる。もう20時とか21時の感じがした。少し慌てる。この先まったく何があるか分からなかった。地図上には「野地神社」「レストラン樹里」が記されていた。

少し行くと宿毛珊瑚センターというお土産物屋さんだろう店があり、シャッターは下りて人のいる気配もしなかった。その軒下を借りることにした。19時少し前。それから地面に座り込んで夕食を食べた。途中宿毛市内で何か買えばよかったと後悔した。「国道56号線」何かあるだろうと高を括っていた。

スナックスティック9本入りとジャンボソーセージを食べた。自販機が近くにあった。救われた。ボクは、その非常食を食べ終わると、マットに空気を吹き込み、寝袋をその上に広げてもぐり込んだ。川が近いのか山の中なのか寝袋が結露する。冷えているせいもあるのだろう。すぐに眠ってしまった。そして途中何度か起こされた。

2時、目がさめてポリッピーを食べ缶コーヒーを飲んだ。
3時、今度は歯が痛くて目がさめる。ペットボトルのお茶を買って歯磨き。それから鎮痛剤を飲む。膝の次は歯だ。
4時、顔の横でゴソゴソしているので目がさめる。ムカデだ。そのまま起き上がって金剛杖で潰してしまった。殺生。同宿していたのだろうムカデを殺したことへの罪悪感。

同宿あり。地面に寝るということは、そういうことなのだ。

そのまま起きて自販機のそばのベンチに座った。それから撤収を始めた。まだ夜だった。

宿毛市野地あたりから新城山に月

宿毛市野地あたりから新城山に月

*道の駅大月~宿毛市野地宿毛珊瑚センター
*珊瑚センター軒下泊

(出費)
・スリーエフ大月店
イナリ3個 180円
カップヌードル 168円
ドデカソーセージ 118円
スナックスティック9本 179円
ビオレサラシート 263円
(小計 908円)

・道の駅すくも モクモク亭
うどん 400円

・ダイソーパルティフジ宿毛店
液晶カバー(カメラ)
膝サポート
包帯
ペットボトルホルダー
シートタオル
(小計 525円)

・ドラッグササオカ宿毛店
バンテリン液 980円
アリナミン7 140円
(小計 1120円)

・自動販売機
缶コーヒー×3 360円

(合計 3313円)

Tags : ,