Tags: 道の駅かわうその里

母さん、ボクのあの黒いパンツはどこにいったのでしょうね(17日目の1)

In : 17日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/04

たまに痛みを思い出すときがある。
もうないはずなのに、踵や膝が痛いと感じるときがある。想い出に引き寄せられるように、感覚が蘇ってくる。風や雨音はあの時と同じで、時間の中へ迷い込んでしまう。それほど強烈に記憶の中に残っている。

立目海岸にて

立目海岸にて


バス停を改造したその遍路小屋の夜は、車の音やライトで何度か起こされたのだけれど、同宿の遍路もあれから寝続けていたし、ボクも疲れていたのか、何度か起きたとしてもすぐに眠りに落ちたので、睡眠は充分取れた。そして4時30分には目がさめた。まだ夜明けまでには時間があったので、暗闇の天井を見つめていた。

5時30分起床。トイレ、と言っても、裏の空き地にて立ちション。水がないので、洗顔もせずに、まるごとソーセージとピーナッツの朝食。パッキングをして6時に出発した。出発前に初老の遍路が起きたので挨拶をした。「お先に失礼します」と言って遍路小屋を後にした。

左膝が痛かった。引きずるように歩き始めた。「これはちょっとヤバイかもなあ」と思った。鎮痛剤を服用。コーヒーが飲みたかったのだけれど、お金が五千円札と50円玉、10円玉4枚、5円玉、1円玉、合わせて100円はあったのだけれど、自販機では使えない、コンビニもない状態だった。次の三十七番札所岩本寺まで50数キロ。長い。深浦集会所の手前で「集会所に椅子がありますから、休憩して行きなさい」と勧められたので、休憩。すぐ横に自販機。

8時30分、立目海岸にて休憩。スーパー、コンビニ、雑貨屋なし…。薬が効いたのか、麻痺したのか、膝の痛みがやわらぐ。歩き始める。

9時30分、浦の内のYショップに到着。買い物。少し先の小さな島のところのトイレにて休憩。洗髪、洗顔。ついでにTシャツとパンツを洗う。この時洗ったパンツが須崎市内で行方不明になるのだけれど…。

少し気分が楽になると、膝の痛みもかなり良くなったように感じていた。それでもその痛みは疲労なんてことではなくて、なにか重大なことが起きているように感じていた。

須崎の遍路小屋で休憩。昼食。おにぎに2個を食べる。30分ほど休憩して、13時に須崎駅着。駅前の郵便局からエキスパックで単行本2冊、ラジオ、ペグを送り返す。本はまだ読んでいなかったのだけれど、膝の痛みから出来るだけ荷物を軽くしようと思ったからだ。

須崎駅でトイレ。少し休憩。13時45分発。洗ったパンツを左手に持って乾かしていた。大師通りで、ザックのサイドポケットに入れたのだけれど、その後道の駅で休憩した時にないことに気がついた。その距離1キロ…。もう引き返す力も、それにパンツだし、と思ったのだけれど、ゴミを捨てて、ごめんなさい。拾った方は不思議に思われたかもしれないですね。パンツが道路の真ん中に落ちているのだから。手に取られたとしたら、「っげ」となったかも、と想像すると、本当に申し訳ないことをした、と思っています。

14時30分、道の駅かわうその里到着。

ザック、菅笠、金剛杖

立目海岸にて