Tags: 道の駅

道の駅

In : 四国遍路について, 結願後, Posted by 田原笠山 on 2009/07/14

野宿場所を選ぶ条件としては、やはり安心感が第一だろうと思います。駅はどうでしょうか?歩きつかれて一刻も早く横になって眠りたいのだけれど、駅のベンチに18時19時という早い時間に寝袋を拡げるというのもマナー違反でしょうし、中には終電後に閉鎖する駅舎もありますから、安全だとしても熟睡できないし、十分な睡眠を取ることも難しいかもしれませんね。

ボクは浅海駅と石鎚駅のベンチで一泊、それに国分駅の自転車置場で一泊しました。安全な場所だとしても、それに小さな駅だと言っても通勤通学の人たちがいますので、そんなに落ち着けるものでもありませんし、横になるのも憚られるので、やはり窮屈に感じました。窮屈と言うか眠いのを我慢しなければならないというような苛立ちですけれど。

遍路小屋は、四方壁に囲まれているというものは少なくて、冬は寒いだろうし雨が降りこんで来る小屋もありますし、国道沿いという立地のところも多いですから、騒音ということでこれまた熟睡は難しいかもしれませんね。

道の駅も国道沿いにありますし、駐車場が広くて夜は売店が閉店していたとしても自動販売機が営業していますから、車の出入りがありますから、これまた落ち着かないですし。

そもそも野宿するのに快適さとか安心を求めるのが無理なのかもしれませんけれど、ま、それでも上記3箇所が野宿スポットベスト3となると思います。あとは公園でしょうか。公園はパターンがいろいろありすぎるので、ひと括りに出来ないし季節によっても様子が違うでしょうから、やはり次点ということになると考えていますが。

ベストは、と聞かれると、やはり道の駅でしょうか。食べる物もあるし、トイレや洗面所もありますからね。それに附設して温泉や足湯なんてのがある道の駅もありますから、歩き遍路の人たちにはオアシスみたいなものだと思います。

四国には76の道の駅があります。結構あるもんだと道の駅ガイドマップを見ながら思っています。ボクが泊まったのは「温泉の里神山」「めじかの里土佐清水」「大月」「ながお」の5泊です。

利用したのは「第九の里」「日和佐」「宍喰」「やす」「かわうその里すさき」「あぐり窪川」「ビオスおおがた」「すくも」「内子フレッシュパークからり」「今治湯ノ浦温泉」「源平の里むれ」の11施設です。

トイレを利用して洗顔したり水を補給させていただきました。洗髪をしたところもあって、道の駅がなかったらさらに苦しまなければならなかったと思います。ヘンロ小屋もそうですが、道の駅も年々増えているようで、遍路する環境も良くなっているように感じます。

環境が良くなったとしても、歩く距離が短くなるとか、納経が簡略化されるなんてことはないのですけれど。それに環境や方法と、遍路をするということとは、また別の問題だと思います。「思う」ということが大切なのでしょうね。

四国の道の駅の所在地などの詳細は四国の「道の駅」で見ることができます。

太龍寺の提灯

太龍寺の灯明



バス停泊(30日目の3)

In : 30日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/17

13時に十夜ヶ橋を出発したボクは13時30分に「とんからかん」に着いた。そこでコーヒーを飲んで休憩。13時40分出発。JR内子線いかざき駅手前を遍路道に入る。風景が一変する。ぐいっと強引に過去へ連れ去れるような感じ。遍路道は不思議な空間だ。

内子の町はひっそりとしていた

内子の町はひっそりとしていた

池のある大きな公園に出る。そこから内子町内へと入ってゆく。内子座を少し見て、先に進んだ。15時20分、道の駅内子からり到着。高校生が販売実習をしていた。たこ焼きを買う。そしてベンチで食べる。朝、顔はコンビニで洗ったのだけれど、歯は磨いてなかったし、どうも頭が痒くてしかたなかった。道の駅の多目的トイレで洗髪をする。それから出発。15時40分、夜がそこまで来ていた。雨は上がっていた。国道379号線を上る。長岡山トンネルまでにあったいくつかのバス停は四方壁で眠るのには良さそうだったのだけれど、まだ少し時間が早かった。

長岡山トンネルを抜けたところに「お遍路無料宿」というのがある。小屋を宿泊施設として改造して提供しているのだ。17時、到着。先客あり。老人、もう70歳近いだろう老遍路がいた。少し話した。「今日は泊まるの」と訊いてきたので「あ、いえ、もう少し歩こうかと」と言った。なにか邪魔をするように思えたのだ。そして挨拶をして出た。

もう暗くなりかけていた。何箇所かバス停があったのだけれど、途中見た綺麗なバス停のことが思い出された。もうひとつ先に行けば、綺麗なバス停がある…。そう思いながら5キロほど歩いた。そしてすっかり日も暮れて山間特有の深い闇が空気に溶け込んで、まるで夜の海で泳いでいるような恐怖を感じてもいた。枯れ草を焼くにおいが懐かしかったのだけれど、遠い昔、まだ祖父や祖母が生きている頃を思い出させた。

急いだ。目的地はないのだけれど、急いだ。川口橋を過ぎた山田屋商店の先のバス停があった。冷え込むだろうから屋根のついている場所で眠りたかった。そしてそこに泊まった。寒くて何度か目が覚めた。

バス停泊

バス停泊

*西予市宇和町~内子町川口橋
*川口橋バス停泊

(出費)
・サンクス宇和れんげ店
ロング荒挽きソーセージ 116円
コーンマヨネーズ 126円
ミニタワラ弁当 295円
AGFコーヒー 140円
(小計 677円)

・ダイソー大洲店
膝サポーター 100円
ウェットタオル 100円
(小計 210円)

・十夜ヶ橋
野宿飴  350円

・かば忠飯店
日替わりランチ   600円

・道の駅内子からり
たこ焼き 350円

・自動販売機
ココア 120円
コーヒー 100円
コーヒー×2 240円
(小計 460円)

(合計 2647円)



大月へんろ小屋(25日目の4)

In : 25日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/12

シェルター、15デニールの外壁

シェルター、15デニールの外壁

17時、道の駅大月に着いた。へんろ小屋にはやはりあの青年が座っていた。
「こんにちは、伊布利で会ったよね」とボクが言った。「ああ、どうも」なんて青年は答えた。
「それに姫ノ井の交差点でも見たよ」
「そうでしたか」
「もうずいぶん先に行っているかと思ってたよ」
「足摺に知り合いがいて、そこでゆっくりしていたものですから」
「ああ、それでかあ。で、今夜はここで?」
「ここ、宿泊禁止って書いているんですよ。だから、公園の上の東屋かトイレで…」
「今夜は冷えそうだからね。ちょっと売店に行って聞いてみるよ。テント張らしてもらいたいし」

と、ボクは売店に行って「上の公園でテント張らしてもらってよろしいでしょうか」と訊いた。そうすると「どうぞどうぞ、あれだったら、その前にでも張ってください。お遍路さんは皆さん、軒下にお休みになられているので」と店の前の軒下をひと晩貸していただくことになった。ありがたい。

青年もそうするつもりらしい。しかし大きな荷物の割には装備は夏仕様で、寝袋ももっていないという。ユニクロのフリースは四国で買ったということで、それとジャケットだけで、晩秋の大月町は寒いだろうと思った。そして「ちょっと先のスーパーに買出しとダンボールを貰いに行ってきます」と言って市街地方面へと歩いて行った。

ボクはその間にご飯を食べた。姫ノ井のデイリーで買ったパンとジャンボソーセージ、カロリーメイトがその夜のメニューだった。明るい月夜だった。それでも売店が閉まると、闇は影となって深海魚のように横たわった。ボクはテントを張った。そして洗顔、洗髪をした。

キャンピングカーで四国を回っているいるというご夫婦から声を掛けていただいた。少し話した。食事のことや入浴のことなんか訊ねられた。頭を洗っていたからだろう。お二人は2階のレストランで食事をするということだった。ボクはテントに戻って横になった。

しばらくして青年が帰ってきた。隣には叶崎であったおじさんがいた。「あれ~、また会いましたね」とおじさんに言った。「ああ、スーパーにいたら、彼(青年)がダンボールを、なんて言っているもんで、寒いからうちに泊まりなさいって言ったんだよ」「そうなんですか。よかったね、寒くなくて」と青年に言った。「ええ、助かります」と答えた。

それから青年はボクの傍に来て「でも、ここから2キロほどあるらしいんですよ。もう歩きたくないんですけれど」、そしてザックを担ぐと「ありがとうございました」と言った。ボクはふたりを見送って「じゃあ、おやすみなさい」と言った。「へんなおじさんだ」とつぶやいた。

それからまたテントにもぐり込んで横になった。いつの間にか眠りに落ちていた。夜中に何度か目が覚めた。自動販売機を利用する人の声や車の音に起こされる。決してなれることなんかなかった。満月だった。

*道の駅めじか土佐清水~道の駅大月
*道の駅泊

道の駅大月のヘンロ小屋

道の駅大月のヘンロ小屋


(出費)
・小才角二神商店
ビスケット
パン
(小計 285円)

・姫ノ井のデイリー
パン6個入り 180円

・自動販売機
コーヒー3カップ 300円
スポーツドリンク 150円

合計 915円



めじかの里土佐清水(24日目の5)

In : 24日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/11

「めじか」は、めじか鮭のことではなくて、そうだかつおのことをめじかと高知では呼ぶそうだ。「かじか」と勘違いしていたのだけれど…。
まるそうだ、そうだがつお、めじか /高知県で獲れる水産物
北海道-雄武町ホームページ | 観光 | 特産品 | 鮭 -めじかの話-

道の駅めじかの里土佐清水に着いたのは17時を少し回っていた。おじさんが売店のベンチに座っているのが見えた。そこへ向かった。
「この軒下でテント張っていいって」
「そうですか、よかった」とボクは言った。それからおじさんはガスストーブとケトルを出してお茶を入れてくれた。すこしそんな道具のことやテントの話なんかをした。

しばらくすると辺りは暗くなった。18時に閉まるという売店にゆき寿司と餅を買った。閉店前セールをしていた。そしてベンチに戻って夕食をとった。売店が閉まって、店の人が帰ると、それからテントを張った。同郷二人、並べて張った。

疲れていた。歩行距離は29キロほどだったけれど、朝早かったのと、久しぶりに長距離歩いたせいか、40キロほど歩いた感じがしていた。おじさんもテントに入って、寝る準備をしているようだった。

ボクは洗顔、洗髪をするためにトイレに行った。そしてそれが終わる母親に電話した。この旅に出て初めてだったし、彼女からもかかってはこなかった。翌日は祖父の三十三回忌だった。そのことや巡礼のことを少しだけ話した。

テントに戻って、それから寝袋に収まった。夜、何度か目が覚める。夕立のような雨が2度ほど降った。長い1日だった。

モンベル ULドームシェルター、アライ トレックライズ

モンベル ULドームシェルター、アライ トレックライズ

*津呂善根宿~道の駅めじか土佐清水
*道の駅泊

(出費)
・金剛福寺
手拭い 200円

・足摺荘
朝定食 850円

・土佐清水の薬局
シップ薬 880円

・ほっかほっか亭土佐清水店
のり弁当 360円
焼きそば 180円
おにぎり2個 200円
(小計 740円)

・道の駅めじか
寿司 280円
あん餅 231円
(小計511円)

・自動販売機
缶コーヒー×2 240円
カップコーヒー 100円

合計 3521円



夜須の芋天(13日目の2)

In : 13日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/31

「ありがとうございます。お気を付けて」とレジの後に言ってくれるコンビニの店員さんは、2割いただろうか。遍路姿のボクに「またお越し下さいませ」と言っても、しかたないだろうに、といつも思った。四国にしかないのかな、スリーエフというコンビニ、宿毛ではお接待もしてくれた。そのスリーエフやサークルKでは、店の前にベンチがあって「お遍路さんへ、どうぞ休憩して下さい」なんて書かれていたりする。四国にはセブンイレブンがない。

毎日、違うコンビニを利用していると、その店の5Sを見てしまうようになる。そういう意味では、遍路はコンビニ評論家になれるのかもしれない、なんてことはないか。

道の駅やすのモダン焼
道の駅やすのモダン焼500円

夜須の道の駅に着いたのは11時50分だった。食事時だったので、取りあえず売店を見て回った。芋天、サツマイモの産地なのか、ファーストフードのように、揚げたてを売っていた。100円。ひとつ買った。そして食べた。お好み焼き屋さんがあって、モダン焼を注文した。15分~20分ほどかかるけれど、良いかと聞かれたので、「待ちます」と答えた。

店の外のテーブルで待っていた。少し離れた所に座っていたふたり連れの女性の方と目が何度か合った。しばらくするとその女性が近づいてきて「これをお食べ下さい」と袋に包んだ「芋天」を下さった。「ここのは美味しいんですよ。歩いて回られているんですか」と聞いてきた。「はい、歩いてます」と答えた。

「がんばって下さいね」と、そのまままた席に戻って行った。ボクは立ち上がって、お礼を言った。そして手を合わせた。「ありがとうございます」と言った。

すぐに注文したモダン焼がきた。ボリュームのあるものだった。それがなにか贅沢なもののように感じた。きっと、向こうに座っている女性は、ボクが何も食べないで居るのだろうと芋天を持ってきたのかもしれないなあ、なんて考えると、少しそのモダン焼を食べていることに罪悪感のようなものを感じた。

500円だったのだけれど、それはなにか遍路が食べるものではない、ようにも感じた。少し後悔した。「やっぱりオニギリを静かに食べた方が良いかなあ」なんて考えた。白衣に金剛杖、菅笠姿で、焼き肉とかステーキとかは、どうも憚られるように思っていた。

そのモダン焼を急いで食べて、もう一度お礼を言って道の駅やすを出発した。芋天とモダン焼で満腹だった。ザックの中にも芋天が入っていた。

今にも雨が降りそうな空だっった。遍路小屋香我美には若い遍路が眠っていた。大きく重そうなザックが、もうそこに泊まるんだ、というように彼と一緒にベンチに横たわっていた。それはもう彼の意思表示のようにも思えた。

雨が降り始めていた。それでもまだレインウェアを着るほどでもなかったので、そのまま歩き続けた。

左足中指付け根に豆。どこかを庇えば、どこかが痛む。
痛みは常に10であって、9にも8にもならなかったし、0になどにはなりそうになかった。人の苦しみも、きっとそんなもので、0にはならないし、常に10 あって、どこかが楽だとか、幸せだと感じたとしても、どこかで苦しみや痛みが加算される、そういうものなのかもしれないと。そう思った。

香南市赤岡あたり
香南市赤岡あたり、祭りの準備なのかなあ…