Tags: 遍路宿

遍路宿

In : 四国遍路について, 結願後, Posted by 田原笠山 on 2009/07/06

眠るということが難しい。
それも遍路なのだろう。眠る場所をどれほど探しただろうか。日が落ちても探し歩いて結局22時になったこともあった。そうなると6時から歩き始めたとして16時間も行動するということになる。歩き遍路にとって、夕暮れは地獄にもなる。

民宿やホテルを利用しての遍路にとっても、週末やシーズン中は予約が取れなかったり、取れたとしてもその日の予定歩行距離よりも長く歩かなければならなかったり、あるいは結局なかったり、とにもかくにも眠ることが難しい。歩くことよりも難しく感じた。テントを持っていたとしてもそれは付きまとった。人はどこにでも寝れるものではない。場所の相性みたいなものもある、と思う。

予定通りにゆかないのも歩き遍路ですから、数日先の予約さえも難しくなる。となると、前日、当日という予約になってくる。「満室」という言葉が心も身体も疲弊させる。

岡山発マリンライナー高松行き車内から見た四国の風景

岡山発マリンライナー高松行き車内から

という苦労を誰もがするのでしょうね。へんろ道保存協会の遍路地図にも「四国霊場と宿泊施設一覧表」というのが巻末に付いていますし、その地図にも宿の位置が明示されていて、その宿探しのためのほうが地図を使用する頻度が高いのではないかと思ったことがあります。札所までは道標などがあって、オートマティカルに運んでくれるような場所もありますし。

場所だけではなくて、宿泊代や設備なんてことも気になるところなのでしょう。そのような煩雑さが野宿する人たちにはないですから、楽でもあると思います。それに金銭的な負担もあって、宿に泊まっての遍路は誰でもができるというものではないと思います。それもまた苦労なのだろうと思います。

遍路宿情報ネットワークというのがあって「宿一覧」というのを発行しています。ボクは宇和島で頂いたのですが、ネット上に情報が公開されていて、サイトのある宿泊施設へのリンクしているようです。

過多になりすぎると取捨選択が難しくなり、少なすぎるとまた困難になるのが、宿情報なのでしょうが、この遍路宿情報はお手ごろ価格の施設を中心に66施設(高野山YHを含む)なので、選びやすいかもしれないですね。各地のユースホステルも掲載しているし(というか、主催者がYHの方なので、ユースホステルを中心に掲載しているということなのかな)、素泊りや相部屋の料金もきちんと記されていますから、「たまにホテル」というスタイルの遍路にも優しい一覧表になっているように思います。

毎日豪勢な料理というよりも、安らかに眠れる場所というのが必要なのだろうと思います。食べ過ぎると歩くのにも負担になりますし、体重増はそのまま膝への負担になりますから、少し痩せるぐらいの食事がいいのかもしれないですね。ボクはかなり痩せて体脂肪率9%になりましたけれど、そうなるとまた身体に負担になるでしょうが。

その遍路宿一覧はこちらです。
☆ 遍路宿情報ネットワーク ~ 宿坊・ユースホステル・民宿・旅館・ホテル・ペンション・国民宿舎 ~

雨の日は納経するのも濡れながらだったりでしょうね。ボクは止むのを待っていたりしましたけれど、梅雨時期はそんなことも言ってられないのだろうと思っています。お気をつけて。

遍路宿情報ネットワーク 宿一覧

遍路宿情報ネットワーク 宿一覧


ちなみに「民宿 観梅苑」「旅人の宿 道しるべ」「民宿 寿食堂」「さくら旅館」…と、一番札所付近の宿泊所から順に掲載されています。