Tags: 迷故三界城

迷故三界城 雨(16日目の1)

In : 16日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/03

足が痛くて何度か起きた。今までの痛みとは少し違うものだった。3時30分には起き出して、そしておにぎり辛子高菜とジャンボソーセージを食べた。なにか物音がする。雨音だと分かったのは夜が明けて外に出た時だった。食べてまた寝袋に収まった。

朝一番 清滝寺にて

朝一番 清滝寺にて


6時に目が覚めた。そして起き出した。洗顔。6時30分には参拝客が来ていた。トイレに行く。雨は止んでいたけれど、今にも降り出しそうな空模様だった。部屋の掃除をした。そして参拝。納経所に挨拶に行った。昨日の若いお坊さんがいた。天気のことを少し話した。「お気を付けて」「ありがとうございます」。

こうして2ヶ月が過ぎた今も、しっかりと記憶の中にあっては、静寂な境内に漂う線香の香りや湿った空気の匂い、そして身体の痛みが冷たい空気に押されるような感じが、まるで味覚のように蘇る。ちょうど冬の初めに、半年ぶりに、クリームシチューを食べる、そんな感じの。

歩き始めた。坂道を下って行く。霧雨。県道に出てからレインジャケットを着るかどうしようかと迷ったのだけれど、そのまま前進。ファミリーマート土佐高岡店で買い出し。8時21分というのがレシートに刻まれている時間。

小雨。ファミリーマートの駐車場でレインジャケットを着る。「今日は青龍寺までだなあ」と短めの予定にする。足、特に膝の痛みがそうさせる。歩きながらおにぎり2個(シーチキンマヨネーズと紀州梅)を食べる。おにぎりとジャンボソーセージ、ピーナッツばかり食べている。時間もうまく取れていない。急いでもいないのに、ゆっくりと食べている時間もない。休憩を取れないでいる。自己管理が出来ていない、のだろう。

少し行って降りが激しくなったのでレインパンツをはく。

10時30分に塚地峠の遍路小屋に着く。雨宿り。薄皮つぶあん(5個入り)と、セコイヤチョコの昼食。食べてばかりの朝。満足できていないのだろう。胃は満たされているのだけれど、欲は満たされていない。水でも豆腐でも胃は満たされる。

11時20分、中年の女性がやって来た。「峠を越されるのですか?」と聞いてきたので「はい、そのつもりですが、ぬかるんでいるので、国道の塚地坂トンネルを通ったほうが良いかもしれませんね」と言った。

「そうですね」とその人は言って、遍路小屋のベンチに腰を下ろした。その遍路小屋には子猫がいて誰かが飼っているようだった。キャットフードが棚にあって「餌がなくなっているようでしたら、皿に入れて下さい」という張り紙があった。子猫はボクを嫌ったのか、姿を見せなかった。

女の人に挨拶をして、ボクは峠の道を目指した。もし、その人と逢わなかったら、トンネルを通っていたかもしれないと、思った。そのほうが楽だっただろうし、そのほうが早かっただろうし…。

見栄、虚栄心、自意識……。迷故三界城。
雨は上がっていた。

清滝寺 龍の天井画

清滝寺 龍の天井画