Tags: 装備

充電器など電気小物

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2009/06/07

装備と携行品」の「(19)充電器、電池などの小物類」の内容を紹介したいと思います。

電気小物ほか

電気小物ほか

(1)携帯電話充電器
(2)ヘッドライト
クリプトン球とLED両方付いているものが便利かもしれませんね。
(3)細引き
洗濯物を干すとかテントを押さえる時に使いました。5メートル。
(4)デジタルカメラ充電器
(5)予備電池
8本入り
(6)カメラリモコン
使うことはなかったのですが…。
(7)乾電池式携帯電話充電器
これは何度も使いました。
(8)コンパス
コンパスは必要です。特にへんろ道保存会の地図を使われる方には特に。というのも、地図の方位が場所ごとに違って印刷されているので、ときどき地図上で迷ってしまう場合あり。コンパクトにするためには仕方ないのですが、「上が北」と決まっている地図を併用することをお勧めします。
(9)SDカード
最近はコンビニでも販売しているのですが。
(10)ブロワー
埃はどうしても着くので。というか、中に入ってしまったものはこれではどうしようもないのですが…。あとペーパーはもって行きませんでした。ティッシュで…。クリーナーは持っていったほうがいいのかな。というか、普通は持って行くのだろうけれど。

「延長コードの短いやつがあると便利」という人が多いですね。歩いていてもそのことを言われます。ボクは持っていかなかったし、途中でも買わなかったのですが、その用途は「盗電」です。

「盗電」については改めて書きますけれど、歩き遍路、そして野宿遍路で携帯電話を使っている人は公衆トイレや自販機、公園、いたるところで充電を試みるようです。

許可を得て充電するのは良いのですが、無許可の場合は窃盗ですから、やってはダメでしょう。気持ちは分かるのですが、やはり商店なり民家なりで充電させてもらうとか、宿泊施設に泊まって充電するとかしないと、と思っています。

携帯はなくても良いのですが、ボクの場合はデジカメの充電の問題でどうしても宿泊しなければならなかったということもあります。6時間とかかかりますから…。乾電池式のデジカメのほうが野宿遍路には良いかなあ、と思いました。

最近はネットの地図や携帯ナビで歩いている遍路も見かけますが、そうなると毎日充電しなければならないでしょうから、どうしているのかなあ、なんて思ったことがあります。ボク場合携帯は8時20時の10分間しか電源を入れないで、そのほかの時間は切っていましたから。

そういう方法でメール受信だけなら1週間とか大丈夫ですから。水もトイレも軒下も借りてはいるのですが、電気も借りて良いかというと、それはちょっとまた別問題だと思うのですが?どうなんでしょうね。「盗電」と書きましたが、やはり遍路は四国に人たちに迷惑をかけながらではないと歩けないということなで、どこまで許されるのか、という話になるのかなあ、なんて考えています。

仕方ないのかなあ?



洗面道具

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2009/06/05

洗面道具や衛生用品、薬品類については女性の場合はもう少し増えるのでしょうね。化粧品や生理用品も携帯しなければならないだろうし。トイレの問題はまた別項で書きたいと思っていますけれど、それもまた性別での違いもあるでしょうし。

その違い、危険性も含めて、歩き野宿遍路では女性のほうが困難であることは間違いないと思います。

今回はボクが携行した洗面道具を紹介します。

四国遍路携行品の洗面道具

四国遍路携行品の洗面道具

(1)櫛
ほとんど使うことはなかったのですが…。髪質によっては洗髪後は必ず必要だと言う人もいるでしょうし。
(2)髭剃り
これは必要ですね。伸ばす人は要らないでしょうけれど、無精ひげは汚く見える人もいるので。遍路だからと言っても最低限のエチケットは、と思っています。
(3)リセッシュ
ファブリーズでもいいのですが、衣類用の除菌消臭剤。風呂なし洗濯なしが続くとどうしても匂いが気になるので。山越えや人通りの少ない遍路道ならば良いのですが、都会の繁華街を歩くときはかなり気になるかもしれないので。それプラステント内の消臭に。あと靴にも。
(4)ウェットティッシュ
これは100円ショップで20枚入り消臭効果のあるタイプです。水が使えるテン場(幕営地)や野宿場所では、濡れタオルで身体を拭くということも可能ですが。ひとつあればサッとひと拭き。
(5)ドライシャンプー
これで頭皮をマッサージして水で洗い流すとかなりサッパリします。本来は水洗いなしでタオルで拭き取るという使用方法なのですが、それだけだとなんだか汚れが残っているようで気になるので…。これは便利かな。
(6)制汗剤
汗臭くなりそうなところへ。というか、やっぱり匂いは気になるかなあ。風呂なし洗濯なしだと。
(7)ボディーソープ
そうするとこのサイズで十分です。野宿して身体を石鹸で洗うという機会も少ないですから。
(8)シャンプー
ドライシャンプーとは別に普通のシャンプーを。水が使える場所だとドライと併用するとサッパリかも。
(9)フェイスソープ
洗顔石鹸は別という人は。顔も頭も身体も1種類でという人もいると思いますが、ま、小さいのを別々に持っていけば結局は同じなので。シャンプーは洗濯石鹸としても泡立ちがいいですから。
(10)歯磨き粉
これも小さいサイズを。なくなったらコンビニで売ってますし。一番良いのは、おまけに付いていつサイズかも。
(11)歯ブラシ
お約束どおり、柄は短くして軽量化と収納性向上。

ドライシャンプーも小分けして持っていけば良かったと思いました。半分使ったかな。水が使える場所があったとしても、ジャブジャブ使うのも気が引けますし、それはどうもマナー違反のように感じますので、節水のためにもドライシャンプーで1リットルぐらいの水ですませるという方法が多かったです。

これだと水道がなくてもペットボトル500ml1本の水を用意していれば洗髪できましたし、元々は水なしでもオッケーなので。洗濯洗剤はわざわざ持たないでボディーソープかシャンプーで洗ったほうが匂いも良いし。なんならパンツで身体を洗えば良いのだし?

野宿のマナーとして、上にも書いたように節水、汚水を極力出さない、それが肝要かと思います。公園で裸になって身体を洗うという人もいるようですが、せめて下は着ていないと。火と水のマナーを守らないと、と思いましたけれど…。



薬品、衛生用品

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2009/05/28

装備と携帯品で説明した「18・薬品類」の中身を紹介したいと思います。防水性と整理しやすいということで食品タッパに入れました。

薬品と衛生用品

薬品と衛生用品

(1)包帯
これは自着性伸縮包帯が良いと思います。膝が痛んだときに膝を固定するために使いました。菅笠の台座に巻くのは普通の綿製のほうが良いです。
(2)胃薬
(3)風邪薬
(4)目薬
(5)鎮痛剤
(6)バンドエイド
これはキズパワーパッドという商品で、傷を早く治し痛みをやわらげるというものなのですが、高い粘着性があり皮膚の上に皮膚ができたようになります。足の豆には効果的でした。
BAND-AID| 救急医療用具 | キズパワーパッド(TM)治癒促進用 ふつう/大きめ
豆、靴擦れ用というのもあるようですね。
BAND-AID| フットケア製品
(7)外用消炎鎮痛薬
バンテリン液ですけれど、これは必携だと思います。どこか痛くなりますから。
(8)トローチ
(9)消毒液
豆をつぶす時にこれがあるといいと思います。豆もかならず出来ますから。
(10)外用副腎皮質ホルモン剤軟膏
アンテベートという商品名ですけど、皮膚の炎症とかゆみ止めに使いました。
(11)キズ絆創膏
これは普通のやつです。上記バンドエイドのものよりこちらのほうが機動力があるというか、小回りが利くというか、廉価であるというか、です。
(12)ビクトリノックス
「トラベラー」です。はさみが付いているのが使いやすいですね。
(13)リップクリーム
唇、乾きますよ。
(14)抗生物質軟膏
傷や豆用に。
(15)ビタミン剤
マルチビタミン剤とビタミンB錠剤。軽量化のために袋に入れています。
(16)爪きり
これも必要です。一ヶ月以上はかかりますから、2度は爪を切ると思うので。
(17)針と糸
豆をつぶすのに針の出番は多かったです。糸も豆用。豆に糸を通すと傷口が閉じないので何度もつぶすこともなくなるので…。

薬類は3日分あればいいと思います。薬局もコンビにも「3日歩いてもない」という場所はありませんから。鎮痛剤は途中で買いました。頭痛、膝痛、肩こり、それに熱にも効きますから。

あとは、やはり傷絆創膏ですね。豆が出来ない人がもしかしたらいるかもしれませんが、ボクの場合は治った豆の下から豆が出来るというような状態でしたから。毎日30キロ40キロという歩行距離は思わぬことが起こりますから。初日よりもやはり焼山寺越えあたりからダメージが大きくなる、ボディブローが効いてくる、という感じです。

それと膝の痛みのために途中で湿布薬と膝サポーターを買いました。トレッキングタイツを着用したほうがいいかもしれませんね。

新しく買うというよりもご自宅にあるのを持ってゆく、というぐらいで良いと思います。アマゾン奥地なんていう秘境に行くわけではないですし。日本ですから。



50mm一本勝負

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2008/11/11

善通寺
善通寺にて

梅佳代さんの写真を見て、ボクはかなり「ドキっ」とさせられました。まだ20代の「女の子」。カメラマンだと言われなければ、きっと「看護士さん?」とか「保育士さん?」なんて思うかもしれない、というのがボクの第一印象でした。

ほとんどプロの写真を見ないボクなのですが(見ないというか、わざわざ展示会とかそういうサイトでということなのですが)梅佳代さんの写真は探して見てしまいましたし、NHK教育の番組に出演した時も録画してもらって見ました。

例えば「写真とはいったいなんだろうか」と考えたときに、人は何と答えるのでしょうか?

「綺麗だね」とか?
ボクは写真のことは詳しくないので、それにほとんど勉強もしたことがないので、技術的なことを言われてもピンとこないのです。

例えば、ボクはどういう感情でその現場でシャッターを押しているのだろうか、そしてそれをどう表現できるのでしょうか?

「この時はね」という現場での事実の補足説明をするのでしょうか。痕跡を辿って、そしてその先にある自分の感性という、とても分かりにくい部分を抽出して表すのでしょうか。自分の目に写ったものを、さらにレンズを通して人に写真にして人に伝える、ということは、文学や絵画という芸術作品よりも困難なように思います。

「こと時はね」という語ることによって、過去の事象を言葉によって装飾し、物語として組み立てる、その時の空間ということはいかにも抽象化され、あるいは虚像化されてしまうのではないか、と思っています。

文学ならばそれもありなのでしょうが、果たして写真に物語論を適応していいものか、などと考えています。一葉の写真を見て、それをどれだけ発展させて物語に出来るのか、と考えていました。詩や短歌、俳句などと同じようものなのかもしれないけれど、実際の事実とは違ったものが写真として存在していることを考えると、また迷宮に入り込んでしまう。

1の事実を10にして表現すること、それが芸術だとしたら…なんてことも考えてします。

梅佳代さんのひと言は、そんなことを考えていた時のボクにとってとても衝撃的でさえありました。

【写真展リアルタイムレポート】梅佳代「シャッターチャンス祭り」

インタビューの日、EOS 5に装着していたレンズは20-35mm。通常はほとんど50mmを使っているという。ズームレンズは使わない。

「被写体と自分との距離感が大切だから。ズームレンズはずるい感じがする」という説明してくれた。被写体に気づかれるにせよ、気づかれないにせよ、同じ空間のなかでシャッターを切る。それが写真のなかに虚を遊ばせられるリアリティを持つ秘密なのだろう。

写す側と写される側との距離感、そういった感覚、例えば体温とか吐息とか胸の鼓動とか…それを感じさせることというのが、写真のひとつの行為ではないかと思いました。

それ以来ボクも50mmレンズだけを使っています。今回の旅でもそうでした。そうすると、曖昧だった距離感がハッキリとしました。「同じ空間」にいることによって、その時の感覚、例えば匂いとか体温とか音なんていう感覚が鮮明に記憶として残るようになりました。

見る人はどうだかは分かりません。ただ、ボクが感じた瞬間をそのまま表現できるのではないかと思ってもいます。「虚を遊ばせられるリアリティ」というのは、そういうことなのだろうと、ずいぶん感動したのが、梅佳代さんの写真でした。

「いつもP(プログラム)でしか撮らないです。へんにM(マニュアル)を使って失敗したらいやなので。雑誌の仕事でも最初に言います」

物語を作ることも大切かもしれません。それでも、事実はそれ以上もそれ以下もないのでしょうから…。

と、まだよくは分からないのですが、カメラはニコンD50、レンズはニッコール50mm F1.4という機材でこれらの写真を写しています。「50mm一本勝負」なんて大げさなものでも、たいした写真でもないのですが、ボクの見た痕跡としては随分と忠実な写真だと思います。
#だから何なのよ、と言われれば、それまでなんだけれど。



ウェアリング(服装)

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2008/11/01

何を着ていくか、と迷う人も多いのでしょうね。季節によって違うのだろうけれど、基本は軽くて乾きやすい素材になると思います。特に野宿旅においては洗濯が手洗いになり、しっかり脱水できないので、いつまでも乾かないという状況になります。特に冬場には乾きにくいし、半乾きのまま着るということも、夏場には問題ないとしても、冬場には病気の原因ともなりかねないので、特に必要だと考えます。

軽量で収納性の高いものは、長時間の行動において身体に負担にならないし、ザックの中に入れたとしても場所をとらないし、重量も抑えられるのでそのまま身体への負荷が減るということになると思いますから。

アウトドア・登山用のものを選ぶと間違いがないと思います。ユニクロのドライ製品やヒートテック商品、フリースもコストパフォーマンスに優れているのだけれど、比較するとその収納性や裁縫が違っていて、例えばショルダーハーネスが当たる部分には縫い目を避けるとか、ポケットの位置がザックを背負ったままの使用に便利に出来ているとか、それなりの工夫が施されていて、ストレスが少なく使いやすいと思います。

それでも高所登山や冬山登山をするのではないので、ユニクロ製品でも十分に対応できると思うのですが。(ユニクロを例にしましたが、トップバリュー製品でもいいのですが)

そのウェアをどう着るか、いわゆるウェアリングは、レイヤード(重ね着)が基本となります。(1)インナー(アンダー、ベース)(2)ミドラ-(3)アウター、の3枚のレイヤードを考えます。

今回の遍路旅は10月中旬から12月上旬までの日程で、気温は25度~0度(想定はマイナス5度)だったので、冬の装備をして行きました。気温25度というのは半袖Tシャツでも汗をかく温度で、11月中旬までは(おおよそ旅の半分は)半袖Tシャツを着て上に白衣という野が基本でした。朝晩冷え込むときは、 Tシャツの上に薄手のフリース、あるいはTシャツのかわりに、長袖シャツでした。

下の写真がボクが使用した服装です。
ウェアリング(服装)

このパターンを着たり脱いだりしながら、気温に対応していきました。アウターには雨具と兼用のものを持って行きました。雨具とアウターシェルを別々に持って行くと、それだけ荷物がふえますからね。
(1)モンベル・ジオライン M.W.ハイネックシャツ
(2)TFN・Micromattique Select Jacket
(3)TFN・Dot Shot Jacket

パンツは
(1)ユニクロ・ドライボクサーブリーフ
(2)モンベル・ジオライン M.W.タイツ
(3)モンベル・トレッキングパンツ(正式名称は忘れましたけれど)

それに靴下はウォーキング用のものです。

これにダウンジャケット(TNF・Aconcagua Jacket)を加えることによって、寒冷時に備えました。久万高原では14時の時点で0度、その後降雪、積雪のあった朝をバス停で迎えたのですが、このウェアリングで寒いということもありませんでした。
ウェアリング(服装)

多めに携行すれば安心するのでしょうが、その分荷物になりますよね。特に冬場はセーターやフリースといった嵩張るものを持ちすぎると、ザックが一サイズ大きめのものになり、その分動きにくくなりますからね。

ハイスペックな物をコンパクトに持つ、ということが、秋から冬にかけての歩き遍路の装備に求められると考えています。しかし前にも書いたのですが、軽量化や高機能化はそのまま価格に比例しますから、「予算内で」となると、ユニクロのヒートテック商品やフリース、プレミアムダウン商品で揃えるのも良いかもしれませんね。

普通、行動時は暑く感じますが、問題は止まっている時、あるいは寝る時の体温の確保ですから、ウェア以上にシュラフを軽量でハイスペックな物にする必要もあるのですけれど、シュラフの話はまたあらためてしたいと思います。