Tags: 自転車遍路

見残し(25日目の1)

In : 25日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/12

夜の雨がボクの身体を新しいものに変えてしまったようにも感じていた。疲労と睡眠不足の身体はいつも前日を引きずっていたのだけれど。津呂からまだ1日、レストラン水車から2日、あの浮津海岸から3日しか過ぎ去ってはいなかった。車で数時間の距離は歩いて3日、記憶ではさらに長いものになってしまっていたのだけれど。

5時30分起床。愛知のおじさんのテントからはご飯の炊けるにおいがしていた。しばらくその3日間のことを考えていた。6時にトイレ、洗顔。コーヒーの朝食。芝生の広場を見るとモンベルの新型テントクロノスドームが張られていた。傍に自転車。昨夜到着したのだろう。コーヒーを飲んでいるとそのテントの住人が顔を出した。「おはようございます」とその青年は言った。「おはよう、雨大丈夫だった?」「はい」と少しだけ話した。

それからテントに戻って撤収。おじさんに「先に行ってますね、また追い越してください」と挨拶。
6時45分出発。ゆっくりした出発になった。そして歩いているとおじさんに抜かれた。20分後ぐらいだった。もう会うことはないだろうと思った。

さよなら自転車遍路のおじさん…。

さよなら自転車遍路のおじさん…。


7時20分、爪白海岸、足摺海底館。寄り道をした。
「見残し」とは弘法大師空海が八十八番札所をつくる際に、この景勝地を見ることなく行かれたことからその名前がついたと言われている。ここだけではなくて、多くの景勝地、観光地を遍路たちは見残している。例えば桂浜にも行かなかった。はりまや橋も行かない人も多いだろう。歩き遍路にとって100メートルの距離さえも遠く感じることがある。

延光寺への月山神社・宿毛経由は他のルートよりも20キロメートル長い。その長さが寄り道をする余裕を奪う。ボクもずいぶん迷ったのだけれど、見残すことにした。それでも足摺海底館の遊歩道には立ち寄った。そこにも奇石があって、そして見残した弘法大師のかわりに仏足石と錫杖が置かれている。

その仏足石と錫杖が対岸の見残しを見ている。そういうことが日本人の優しさなのだろうと思った。そしてそれは自慢というよりもやはり「お接待」なのだろうと考えていた。「どうぞご覧になって下さい」というような…。なぜだか泣けてきた。

弘法大師空海もまた、見残したのではなくて、肉体的な時間的な余裕がなかったのだろうと思った。

爪白の錫杖、遠く見残し…

爪白の錫杖、遠く見残し…



佐賀温泉、温泉三昧の一日(18日目の3)

In : 18日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/05

毎日30キロとか40キロとか歩いていたのだけれど、その間何を考えていたかというと、よくは思い出せないことについて、考えていたというか、思っていたというか、それぐらいの感じだったのだろう。痛みが思考を止めたのかもしれない。なにかに酔ったような、例えばウォーキングハイみたいなもの、だったのかもしれない。

岩本寺で会った自転車遍路

岩本寺で会った自転車遍路


13時40分、岩本寺発。国道56号線からはゆっくりした登り坂。少しの勾配を身体が感じ取るようになっていた。相変わらず膝は痛かった。

15時、金上野(きんじょうの)で、朝買ったいなり寿司と赤飯おにぎりを食べる。食べると少しは気持ちが紛れた。痛みが和らぐように感じた。「高知は辛い」と日記に書いた。これから三十八番札所金剛福寺まで70数キロ、「3日? 25キロ、25キロ、25キロ」と続けて書いている。

思い出しているのだけれど、たぶん、ここが一番の難所だった。先も見えなかった。

16時30分、佐賀温泉の駐車場にあるへんろ小屋「しんきん庵」に到着。幡多信用金庫の寄贈した小屋ということだった。また改めて書くけれど「へんろ小屋プロジェクト」のひとつとして建設されたものなのだろう。その小屋はふたりが寝られるスペースがあって、真ん中には弘法大師の像が建っている。その夜はボクひとりだったのだけれど。

少しして、菅笠と金剛杖だけを残して佐賀温泉に行った。そして温泉に入った。Kさんもちょうど風呂に入っていた。「あ、いましたね」と話しかけた。
「ああ、今さっき着いたよ」
「ボクは、風呂だけですけれど」と少し話してから、Kさんは上がっていった。

30分ほどいて、それから食堂に行った。泊まり客の食事はまだのようだった。ボクは唐揚げ定食を注文した。温泉代が500円、唐揚げ定食が900円だった。ボクが食べている間にも、遍路の泊まり客がチェックインしていた。

食べ終わると、預けていた荷物を引き取って、それから遍路小屋に戻った。Kさんも含めて4~5人、佐賀温泉に泊まっているようだった。そのすぐ横の小屋で野宿する、という、なんだか格差みたいなものを考えていた。そのことがボクを少しだけだけれど、哀しくさせた。

寝袋を出した。マットの空気を入れた。と、旅館のお姉さんがやって来て「これ、お遍路さんのですよね」と、ボクが食堂に忘れたタオルを持ってきてくれた。なんだか申し訳なかった。ボクは今出した寝袋の中に収まった。まだ18時だった。今日はゆういんぐ四万十、佐賀温泉と2回も風呂に入った。2日に分けたいもんだ、と思った。

膝は相変わらず痛くて、鎮痛剤を飲んだ。それが効いたのか、30分もしないうちにボクは眠りに落ちていた。

佐賀温泉の遍路小屋

佐賀温泉の遍路小屋


後に見える活魚トラックが夜中にエンジンを停めないままだったので、排気ガス臭かった…。もう少し離れた場所に停車してくれれば……。

*大坂休憩所~佐賀温泉
*佐賀温泉、遍路小屋しんきん庵泊

(出費)
・スリーエフ窪川替坂店
チリメンコンブご飯 300円
おでん厚揚げ 80円
スナックスティック(9) 179円
おにぎり赤飯 125円
おにぎりリーゼントくん 110円
(小計 794円)

・佐賀温泉
入浴 500円
唐揚げ定食 900円
(小計 1400円)

・自販機
カップコーヒー 100円
ミルクティー 120円
スポーツドリンク 150円

合計 2564円



ママチャリ遍路そして眠れぬ勝浦の夜だった(6日目の2)

In : 6日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/24

16時前に二人の自転車遍路がやってきた。

どちらともまだ20代の女性。自転車はママチャリだった。ヘンロ小屋の横に自転車を着けると、ひとりが言った「ここは泊まっても良いところですよね?」

「良いんじゃないですか」とボクは幾分不機嫌な声で言った。(そう後で後悔した)眠りかけていたせいもあった。それよりは彼女がいきなり「ここは」と切り出したことに対して不快感みたいなものだったのかもしれない。それに「え、ここに女性二人泊まるのかよ」と、ボクの平穏な時間が、そして約束されていた安心感みたいなものが、そのことによって失われるように感じたのだろう。

あの頃のボクは、自分にも余裕がなかったし、まして人に余裕を持って接することは出来ていないように感じた。それに旅の中にあっては旅人との接触が多くなる、それは遍路の中にあってもそうなのだけれど、そうすると「慣れた人」への違和感みたいなものが生じる。旅慣れたことからの自信なんてものが言葉の端端に露見する。自信がそのまま饒舌になり強い言葉になる。そしてそういう人たちへの嫌悪感が生じて、身構えてしまう。その時もそういったものを少し感じていた。それに人と話すのも面倒だった。

ふたりは荷物を降ろしだした。「やっぱり泊まるのか」と思った。ボクは寝たふりをした。少ししてふたりがヘンロ小屋の中にやってきた。小屋と言っても東屋、壁は腰のあたりまでしかないのだから、近寄れば何もかも見えてしまうのだけれど。

そしてひとりはテントを干し始めた。それが終わると、もう一度小屋のベンチに座った。「起きてますか?」とボクに聞いてきた。「はい」とボクは身体を起こした。「今日はどこから?」「神山のキャンプ場から」

ボクが2泊して3日かけた距離を自転車だと1日で着ける。そのことを話した。「自転車でお家から?」とボクは尋ねた。

「コメリで、四国のコメリで買ったんですよ。1万円ほどでした」とどちらかが言った。彼女たちは長野の山小屋で働いているらしくて、シーズンオフになった機会に四国遍路をすることにしたということだった。山女らしく、というのが適切かどうかは別として、元気だった。そして山小屋でのことを話してくれた。

「おじさんももうすぐ来るはずなんだけれどなあ」「でもまだじゃない、歩き出し」という話をしていた。ボクはそのおじさんも小屋泊まりだな、と思った。少しして彼女たちはテントを張って、食事の用意、うどんを作って食べていた。

17時ごろ、そのおじさんがやってきた。60歳を少し過ぎているだろうおじさんは「疲れた、今日も歩いた」と言って、入り口のベンチに座った。女の子たちも出てきて、少し話した。ボクは「こちらに寝てください」と奥の広い場所を勧めた。おじさんは遠慮したのだけれど、「お昼過ぎには着いていて、もう休養十分なので」と更に勧めた。結局ボクは地べたに寝たのだけれど・・・。

「そうかい」とおじさんはそこに移った。それからおじさんは夕食のパンを食べ始めた。その間に旅の様子を話していた。ボクたちは一番札所霊山寺を同じ日に出発していた。ボクのほうが少しだけ早かったようだった。そしてボクのほうが少し前を進んでいたのだ。

「栄タクシーは良かったねえ、鴨の湯では2回も風呂に入ったよ」とボクに言った。
「さかえタクシー・・・、どっかで・・・、あのプロ遍路が言ってたところかなあ」とボクは考えていた。そして「それって、なんですか?」と聞いた。

「知らないのか?」
「ええ」
「これがないとまったく困ってしまうよ」とその「四国霊場八十八ケ所歩き遍路さんの無料宿泊所一覧表」をボクに見せた。「こんなのがあるんですね」

「初日にもらったよ。」と、初日に泊まったどこかの民宿にあったのか、コピーしたということらしかった。

「すごいですね」
「他のも善根宿はあるらしいんだけれど、取りあえずこれだけあればなんとかなると思っているけれどね」
「コピーさせてもらってもいいですか」
「ああ、いいよ」
とボクは少し先にあったサンクスで2部コピーした。一部はおじさんの予備としてあげた。何度も見たのか、雨に濡れたのか、少し破れていたので。

コンビニから戻るとおじさんはシュラフの中に入って、もう寝る準備をしていた。「寝るのが一番だね」と言った。ボクはそのリストのお礼を言って「一部コピーしときましたから」と渡した。「ありがとう」と言っておじさんはそれをザックのポケットに入れた。ボクたちは出身地のことなんかを少し話した。そして寝ようとした。「じゃあ寝るか」「そうですね」

ボクは少しの間眠れなかった。シュラフの中で今日の出来事なんかを考えていた。夜中に1度トイレに行った。そしてまた少しの間眠れなかった。それから何度か目が覚めた。「部屋だったら電灯を点けて、コーヒーを淹れて、パソコンやテレビを見るんだろうなあ」なんて考えていた。

ヘンロ小屋勝浦から

*恩山寺前バス停~勝浦町ヘンロ小屋
*ヘンロ小屋泊

(出費)
・たなか屋
イカフライ定食 600円

・ローソン勝浦町沼江店
おにぎりかつお 105円
おにぎり日高昆布 110円
おにぎり紀州梅 105円
赤飯おにぎり 120円
薄皮あんぱん(3) 110円
スニッカーズ 120円
リポビタンD 153円
(小計 829円)

・自動販売機
缶コーヒー2本 240円
スポーツドリンク 150円

・コピー代 30円

合計 1849円