Tags: 由岐町

ひとり(8日の2)

In : 8日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/26

ひとり、歩いていた。
雨の日はさらに孤独感が増すように思えた。視界が狭くなるということもあるだろうけれど、雨がボクの身体の周りを囲い、ほかのものとの関わり合いを遮断しているように感じていた。

雨の日は寂しい。菅笠を深めにかぶると、空が見えなくなる。少し前屈みになった身体が、視線を更に下にする、視界を狭くする。気持ちも落ちていくようだった。それに雨具を着用していたとしても、どこからか入ってきた雨や、汗が、身体を湿らせた。動きを制約した。休憩する場所も制限されたので、行動時間も長くなる。そして疲れた。身体だけではなくて、心も。

由岐町はその日「伊勢エビ祭り」だった。交通整理が出ていて、駅の周辺、総合庁舎の周辺は雨の中人で混雑していた。数件ある民宿は、きっとこのイベントのために満室になったのだろうと思った。Kさんのことを考えた。昨日、この先の民宿まで歩いたすると、19時過ぎていたのだろうと思った。

ボクは、その賑やかな風景を避けるように、足早にイベント会場を過ぎ去った。郵便局に行かなければ、そこを通ることもなかったのだけれど。賑やかな風景、楽しそうな家族の笑い声が、寂しさをさらに深いものにした。

郵便局でお金を下ろす。そしてまた歩き始めた。

田井ノ浜海水浴場でトイレ休憩をした。と見るとシャワーがあった。海水浴客用のシャワー。季節外れの海には釣り人がふたり。駐車場は「伊勢エビ祭り」に来た人たちの車だろう、混んでいた。ほとんどの人が目の前の海には無関心だったし、そのまま会場を目指して歩いて行った。

ボクは水シャワーを浴びた。昨夜、髪を洗っていたのだけれど、身体は徳島に泊まって以来洗ってなかった。人混みが、ボクの自意識を呼び起こしたのだろうと思った。そしてその意識が(無意識下であっても)賑やかな場所を避けたいという気持ちにしたのかもしれないと思った。

寒かった。雨は降り続いていた。それでも、小雨になっていたし、空は明るさを増していた。晴れることを予感させていた。

ボクは海岸線を歩き続けた。途中缶コーヒーを飲んだだけで、朝食に食べたバターピーナッツ以外は胃に入れていなかった。空腹感はそれほどなかった。足の痛みや、あるいは孤独感というものと引き替えにされていたのかもしれない。全てが、例えば、一斉に襲ってくるということはないように思った。もしも苦しみや悲しみ痛みというネガティブな感覚が一斉に襲ってきたとしたら、きっと何かが壊れるような気もしていた。きっと。

恋人岬で休憩した。23番札所薬王寺は見えていた。数年前に日和佐には来たことがあった。その時の想い出が蘇った。日和佐城に行ったことなんかを想い出した。もう8年も前のことだった。「ホテル白い燈台」も想い出の中にあった。薬王寺もあった。市街地を歩いたことも、かなり鮮明に想い出の中に存在していた。その想い出を確認するように、ボクは歩いていた。あの頃の想い出と、「今」の想い出を重ねて、そして切り取って、新しい想い出となって、ボクの記憶の中に、置かれてゆくように感じた。

恋人岬にて
恋人岬にて

Tags :