Tags: 洗面道具

洗面道具

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2009/06/05

洗面道具や衛生用品、薬品類については女性の場合はもう少し増えるのでしょうね。化粧品や生理用品も携帯しなければならないだろうし。トイレの問題はまた別項で書きたいと思っていますけれど、それもまた性別での違いもあるでしょうし。

その違い、危険性も含めて、歩き野宿遍路では女性のほうが困難であることは間違いないと思います。

今回はボクが携行した洗面道具を紹介します。

四国遍路携行品の洗面道具

四国遍路携行品の洗面道具

(1)櫛
ほとんど使うことはなかったのですが…。髪質によっては洗髪後は必ず必要だと言う人もいるでしょうし。
(2)髭剃り
これは必要ですね。伸ばす人は要らないでしょうけれど、無精ひげは汚く見える人もいるので。遍路だからと言っても最低限のエチケットは、と思っています。
(3)リセッシュ
ファブリーズでもいいのですが、衣類用の除菌消臭剤。風呂なし洗濯なしが続くとどうしても匂いが気になるので。山越えや人通りの少ない遍路道ならば良いのですが、都会の繁華街を歩くときはかなり気になるかもしれないので。それプラステント内の消臭に。あと靴にも。
(4)ウェットティッシュ
これは100円ショップで20枚入り消臭効果のあるタイプです。水が使えるテン場(幕営地)や野宿場所では、濡れタオルで身体を拭くということも可能ですが。ひとつあればサッとひと拭き。
(5)ドライシャンプー
これで頭皮をマッサージして水で洗い流すとかなりサッパリします。本来は水洗いなしでタオルで拭き取るという使用方法なのですが、それだけだとなんだか汚れが残っているようで気になるので…。これは便利かな。
(6)制汗剤
汗臭くなりそうなところへ。というか、やっぱり匂いは気になるかなあ。風呂なし洗濯なしだと。
(7)ボディーソープ
そうするとこのサイズで十分です。野宿して身体を石鹸で洗うという機会も少ないですから。
(8)シャンプー
ドライシャンプーとは別に普通のシャンプーを。水が使える場所だとドライと併用するとサッパリかも。
(9)フェイスソープ
洗顔石鹸は別という人は。顔も頭も身体も1種類でという人もいると思いますが、ま、小さいのを別々に持っていけば結局は同じなので。シャンプーは洗濯石鹸としても泡立ちがいいですから。
(10)歯磨き粉
これも小さいサイズを。なくなったらコンビニで売ってますし。一番良いのは、おまけに付いていつサイズかも。
(11)歯ブラシ
お約束どおり、柄は短くして軽量化と収納性向上。

ドライシャンプーも小分けして持っていけば良かったと思いました。半分使ったかな。水が使える場所があったとしても、ジャブジャブ使うのも気が引けますし、それはどうもマナー違反のように感じますので、節水のためにもドライシャンプーで1リットルぐらいの水ですませるという方法が多かったです。

これだと水道がなくてもペットボトル500ml1本の水を用意していれば洗髪できましたし、元々は水なしでもオッケーなので。洗濯洗剤はわざわざ持たないでボディーソープかシャンプーで洗ったほうが匂いも良いし。なんならパンツで身体を洗えば良いのだし?

野宿のマナーとして、上にも書いたように節水、汚水を極力出さない、それが肝要かと思います。公園で裸になって身体を洗うという人もいるようですが、せめて下は着ていないと。火と水のマナーを守らないと、と思いましたけれど…。