Tags: 栄福寺

仙人は遊び凡人は膝が笑う仙遊寺(35日目の1)

In : 35日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/22

雨は止んでいるようだった。海が近かったのだけれど、その気配は5階のホテルまでは届いていなかった。5時30分起床。洗顔をして荷物のパッキングを始めた。朝食は6時からだった。長い眠りが身体を蘇生させていた。

6時10分に荷物を持ってロビーに下りてゆく。それからパンとコーヒー、ゆで卵の朝食を食べた。そしてチェックアウト。6時45分に出発した。肌寒い朝。雨上がりのキチンとした朝だった。7時30分、サークルK今治片山店に寄り買い物をした。食料調達というよりも両替をしたかったのだ。

7時45分、五十六番札所泰山寺到着。週末土曜日のせいか参拝客、遍路が数組いた。そして托鉢している人もいた。土日はそういう托鉢遍路が多いように感じた。この日もこの札所だけではなく国分寺でも見かけた。週末は効率がいいのだろうか、なんて考えていた。

8時05分出発。遍路道を歩く。蒼社川につきあたる。渇水期には川の中を歩いたという旧遍路道があるけれど、通れそうになく右折し橋を渡る。橋を渡り少し行ってまた右折、途中から左折して次の札所五十七番栄福寺に着いた。8時40分。栄福寺も歩き、自転車、車、数組の遍路がいた。

栄福寺の無事カエル

栄福寺の無事カエル

ここの足腰のお守りは有名らしくてひとつ買った。それから9時20分出発。ここから海抜約300メートルの作礼山の山頂、五十八番札所仙遊寺に登る。犬塚池から徐々に高度を上げてゆく。県道を渡り遍路道を行くと再度県道に交わるのだけれど、そこからの急登が長かった。山門をくぐって本堂までの階段もさらに急になっていて、途中会った地元の人から「山門に荷物を置いて行ったほうが良い」と教えていただいた。仙人が遊ぶ寺、名前の由来は下に引用した通りだ。

四国霊場 *** 第58番 仙遊寺 ***
その後阿坊仙人と称する憎が四十年間参籠し、養老二年(七一八)四月八日、天雲のごとく忽然と姿を消した。寺名はこの阿坊仙人の名にちなんで仙遊寺とよばれるようになった

結局、荷物を山門に置くことも出来ずにそのまま担ぎ上げた。階段の途中に荷物が置いていた。境内で会った女性のものだった。その人も山門は車道も近いし、ということでそこまでは担いだそうだった。

9時50分仙遊寺着。宿坊、足湯もあるということだった。登りはきつかったのだけれど、ホテルに泊まったことが良かったのか、朝食をたっぷり食べたのが良かったのか、まだ元気だった。その女性遍路と少し話す。彼女は2度目だそうで、最初は全て歩いたそうだけれど、今回は電車やバスもあり、ということだった。

仙遊寺山道の阿坊仙人像(?)

仙遊寺山道の阿坊仙人像(?)

10時15分出発。今度は長い下りだった。作礼山を越した。吉祥禅寺で少し休憩。それから市道を通り、国道196号線交差点に出た。ぐるっと回ったのだけれど、今朝いた今治市内からは電車で1駅、距離で4キロほどだけだった。長い旅を終えた感じがしたのだけれど。