Tags: 服装

ウェアリング(服装)

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2008/11/01

何を着ていくか、と迷う人も多いのでしょうね。季節によって違うのだろうけれど、基本は軽くて乾きやすい素材になると思います。特に野宿旅においては洗濯が手洗いになり、しっかり脱水できないので、いつまでも乾かないという状況になります。特に冬場には乾きにくいし、半乾きのまま着るということも、夏場には問題ないとしても、冬場には病気の原因ともなりかねないので、特に必要だと考えます。

軽量で収納性の高いものは、長時間の行動において身体に負担にならないし、ザックの中に入れたとしても場所をとらないし、重量も抑えられるのでそのまま身体への負荷が減るということになると思いますから。

アウトドア・登山用のものを選ぶと間違いがないと思います。ユニクロのドライ製品やヒートテック商品、フリースもコストパフォーマンスに優れているのだけれど、比較するとその収納性や裁縫が違っていて、例えばショルダーハーネスが当たる部分には縫い目を避けるとか、ポケットの位置がザックを背負ったままの使用に便利に出来ているとか、それなりの工夫が施されていて、ストレスが少なく使いやすいと思います。

それでも高所登山や冬山登山をするのではないので、ユニクロ製品でも十分に対応できると思うのですが。(ユニクロを例にしましたが、トップバリュー製品でもいいのですが)

そのウェアをどう着るか、いわゆるウェアリングは、レイヤード(重ね着)が基本となります。(1)インナー(アンダー、ベース)(2)ミドラ-(3)アウター、の3枚のレイヤードを考えます。

今回の遍路旅は10月中旬から12月上旬までの日程で、気温は25度~0度(想定はマイナス5度)だったので、冬の装備をして行きました。気温25度というのは半袖Tシャツでも汗をかく温度で、11月中旬までは(おおよそ旅の半分は)半袖Tシャツを着て上に白衣という野が基本でした。朝晩冷え込むときは、 Tシャツの上に薄手のフリース、あるいはTシャツのかわりに、長袖シャツでした。

下の写真がボクが使用した服装です。
ウェアリング(服装)

このパターンを着たり脱いだりしながら、気温に対応していきました。アウターには雨具と兼用のものを持って行きました。雨具とアウターシェルを別々に持って行くと、それだけ荷物がふえますからね。
(1)モンベル・ジオライン M.W.ハイネックシャツ
(2)TFN・Micromattique Select Jacket
(3)TFN・Dot Shot Jacket

パンツは
(1)ユニクロ・ドライボクサーブリーフ
(2)モンベル・ジオライン M.W.タイツ
(3)モンベル・トレッキングパンツ(正式名称は忘れましたけれど)

それに靴下はウォーキング用のものです。

これにダウンジャケット(TNF・Aconcagua Jacket)を加えることによって、寒冷時に備えました。久万高原では14時の時点で0度、その後降雪、積雪のあった朝をバス停で迎えたのですが、このウェアリングで寒いということもありませんでした。
ウェアリング(服装)

多めに携行すれば安心するのでしょうが、その分荷物になりますよね。特に冬場はセーターやフリースといった嵩張るものを持ちすぎると、ザックが一サイズ大きめのものになり、その分動きにくくなりますからね。

ハイスペックな物をコンパクトに持つ、ということが、秋から冬にかけての歩き遍路の装備に求められると考えています。しかし前にも書いたのですが、軽量化や高機能化はそのまま価格に比例しますから、「予算内で」となると、ユニクロのヒートテック商品やフリース、プレミアムダウン商品で揃えるのも良いかもしれませんね。

普通、行動時は暑く感じますが、問題は止まっている時、あるいは寝る時の体温の確保ですから、ウェア以上にシュラフを軽量でハイスペックな物にする必要もあるのですけれど、シュラフの話はまたあらためてしたいと思います。