Tags: 日食

日食

In : 結願後, Posted by 田原笠山 on 2009/07/22

日食を見ることが出来ました。食が始まってから30分ほどの時間だけで、あとは雲が覆ってしまって、そして小雨まで降る天気でしたが、それはそれで運がよかったのだろうと思っています。

四国はどうだったのでしょうか。遍路中だったりすると、もっと感動したのかもしれないと思っています。風が吹いても、雨や雪が降っても、感動した日々だったように憶えています。日食を見ると人生観が変わると言いますけれど、遍路も人生観が変わったという人が多いように思います。

日々、刻々、自分が呼吸をして鼓動を聞いて歩いていることが超自然現象のようにも感じたことがありました。その中で、やはり生かされている自分を感じると、なにか少し変わるのかもしれませんね。

期待をしてしまうと少し違ったりするかもしれませんが、きっと毎日が不思議な時間だったり、感動する時間だったりはすると思います。朝日が昇るのを見て涙が流れたり、お腹が空いて怒り狂ったり、膝の痛みに絶望したり、眠れぬ夜に不安になったり、感情が大きなふり幅で揺れる毎日だったように思います。

日食を見ながら、そんなことも思い出しました。感動することはとても大切なことだろうし、生きるということはその繰り返しなのかもしれないと、思ったりしています。

日食

日食

Tags : ,