Tags: 弘法大師

室戸(11日目の2)

In : 11日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/29

かれが室戸の先端にせまり、ついに最御崎の岩盤に立ったときには、もはや天空にいる思いがしたであろう。(…)この巌頭に立てば風は岩肌をえぐるようにして吹き、それからのがれるためには後方の亜熱帯性の樹林の中に入りこみ、樹々にすがり、岩陰に身を隠さねばならない。やがて空海は風雨から身をまもるための洞窟を発見するにいたった。(…)空海がこの洞窟をみつけたとき、「何者かが、自分を手厚くもてないしている」という実感があったのではないか。

(「空海の風景」司馬遼太郎著 中央公論新社より引用)

その室戸にはもうすぐだった。穏やかな天気だった。その洞窟、御厨人窟で修行した当時の弘法大師空海の青年像が見えた。高さ10メートル以上はあるだろう白いその像は「鉄さび色の大岩盤」を背景に浮き上がっていた。

ボクは、久しぶりの室戸を懐かしく感じていた。記憶は正確にボクの脳の中に収まっていたし、その場所は容易に特定することが出来た。そして重ね合わせた。御厨人窟の中で納経をした。早朝の聖地にボクひとりだった。洞窟の中にはボクの声が響いた。

感動、何に対してなのか、ということは、その瞬間には分からなかったのだけれど、涙が流れた。睡眠不足や疲労は感情を涙にかえることで、慰められるのかもしれない。四国を歩いている間、常に感情はギリギリのところまで張り詰めていたし、それは肉体とて同じことで、平衡感覚を保つために、緊張を強いられているようにも思った。そしてその糸は切れないまでも、かなり高い音程で脊髄から脳に刺激を与えているように感じていた。

ボクは御厨人窟を出て、そして海岸線にある遊歩道を進んだ。その頃、弘法大師空海の頃と今とは、ほとんど変化がないのだろうと思った。四国にはそういう場所が多いと思う。変化がない場所が普通に存在する。そのことがボクたちを感動させるのだろう。

最御崎寺への山道を登った。登り初めてすぐに「ホテルなはり」の割引券が置いてあった。「お遍路さん、500円割引き。素泊まり3500円」1枚いただいた。最後が、というか、四国に来て最初に泊まったのが10月22日の徳島だったので、ずいぶん長い間布団に寝てないように感じていた。それよりも充電したかった。洗濯もしたかった。寝袋やテントを干したかった。体勢を整えたかった。疲れていた。

その割引券を大事にザックにしまった。「ホテルなはり」が身体を軽くした。「羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経」と般若心経のこの部分を唱えながら登った。「行こう、行こう、さあ行こう。みんなで行こう。幸せの世界へ、さあ行きましょう!」(「般若心経といろは歌」山田法胤著 PHP出版)という意味だ。お経は音楽に近い。詩というリズムを持っている。「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか」と書くと、分かると思うのだけれど。

24番札所最御崎寺に着いた。8時だった。

室戸の朝とボク



南無大師遍照金剛(10日目の5)

In : 10日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/28

苦しい時、辛い時、哀しい時があると「南無大師遍照金剛」と唱えるといい、と教えていただきました。金剛杖や白衣の背中にもその「南無大師遍照金剛」という御宝号が書かれています。意味は

南無大師遍照金剛

「南無」はインド語のナモ、ナマス、ナマッハを音写つまり発音の音に近い文字で作った当て字です。意味は帰命、帰依する、永遠に、心から信じお従い申しますという信仰の誓いを表します。

「大師」は偉大なる師、という意味で日本では大師号として朝廷から徳の高いお坊さまに贈られました。お大師さまは空海と言う僧名ですが弘法大師という大師号を九二一年朝廷から給わりました。日本では二十数名の高僧に贈られていますが、「大師は弘法にとられ太閤は秀吉に取られ」と言われるよう大師と言えば弘法大師、お大師さまのこと表すのです。

「遍照金剛」はお大師さまの灌頂名です。大日如来と言う仏さまの別名なのです。奈良の大仏さまは正式にはルシャナ仏ですが、その別名は大日如来さまなのです。お大師さまが中国に渡り真言密教の教えを授かったとき、最後の仕上げとして灌頂と言う儀式を受けられました。

そして

南無大師遍照金剛とお唱えになるのは弘法大師お大師さまを拝み、その後ろには大日如来さまが控えられ、また全ての神仏へとつながっているのです。御宝号の深い意味を噛み締めながら「南無」と信じるこころを開いて、「大師」お大師さまに守られて、「遍照」他人に対しても優しさ思いやりを持って「金剛」自分自身に厳しく、そういう修行の日暮らし信仰を持ち、お大師さまと同行二人の人生の道を、幸せに向かって一歩一歩精進して参りましょう。

ということなのでしょう。

三津のバス停でボクは寝袋にもぐり込んでいた。まだ19時前だった。空腹は満たされることがなかった。携帯電話の電池は全くなかった。メールの受信も出来なかった。ヘッドライトで日記をつけた。それだけの夜だった。

室戸は三度めだった。22歳の時に初めて来た。四国を一周したことがある。その時も野宿だった。御厨人窟(みくろど)、弘法大師空海が修行した場所での感動みたいなものは、それから常にあった。そういう場所が、人にはかならずあると思う。そこに立つだけで涙が流れるような場所。神社仏閣もそうだろう。日常で宗教を感じることはなくても、場所が、空間が、ボクたちの心を揺さぶるように思う。それは、久しぶりに帰る故郷のようなもの、のような…。

早く起きて朝陽を見ようと思った。歩きながら夜が明けてゆく、そして御厨人窟に辿り着くということが、正しいこと、のように感じていた。通り過ぎる車の音に驚いては目が覚める、また眠る、ということの繰り返しだった。起きているのか寝ているのか分からない夜、それも繰り返される、毎日のことだった。

三津 バス停
その泊まったバス停

*野根海岸~三津
*三津漁港、室戸よりのバス停泊

(出費)
・岬の食堂
きつねうどん 450円
巻き寿司セット 300円
(小計 750円)

・佐喜浜スーパーフェニックス
まるごとソーセージ 121円
十勝バターブレッド 126円
やぶれ饅頭 68円
カフェラテエスプレッソ 147円
白飯 120円
自家製サラダ 200円
(小計 782円)

・自販機
缶コーヒー 120円
スポーツドリンク 150円

合計 1802円



同行二人(6日目の1)

In : 6日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/24

「同行二人」とは、お大師さまと常にふたり連れということ。

お遍路をはじめると、様々のところで目にするのが、この「同行二人」。「同行二人」とはお遍路がお大師さまと二人ずれという意味です。遍路では一人で歩いていても常に弘法大師がそばにいて、その守りを受けているとされています。そして、遍路で使われる杖には弘法大師が宿ると言われています。
お遍路のススメ / お遍路さんの基礎知識

だから休憩する時はまず金剛杖を先に休ませる、常に上座に置く、宿では先に汚れを落とす、と大事に扱わなければならない。

ずいぶんと、お大師さまに助けられた。その金剛杖に山の登りでは身体を押し上げて、下りでは身体を受け止めていただいた。道にあっては前へ進めて、身体を起こしてくださったし、野に寝る時にはお守りにもなった。そしてボクの怒りの矛先にも、哀しみを慰安してくれる相手にもなった。

普通は10センチほど短くなるというのだけれど、ボクの場合は随分とすがったので、もう少し短くなってしまった。打ちつけたこともあった。叩き折りそうにもなった。「助けろ」と怒鳴ったこともあった…。いつも「二人」だった。

5時30分起床。ゆっくり準備をして6時30分には恩山寺バス停を後にした。そして参道を山門に向かった。晴れていたし、朝日が綺麗だった。

恩山寺を打ち終えて立江寺に向かった。立江寺までは4キロメートル、一時間ほどの道のりだった。熟睡していない身体は常に緊張状態にあった。6日目あたりになると、旅立つ前の肉体の貯えも消費してしまったように感じていたし、そこから体重も減っていったように思う。

常に金剛杖をついて歩いた。遍路の中には大事に扱うということから、そしてあまり頼らない縋らない、ということから、突かないで持って歩く人もいたのだけれど、ボクはほとんど突いて歩いた。そのほうがリズムカルに歩けた。コツコツ、という杖の音が心地よかっりもした。

立江寺を打ち終えて県道28号、22号を西、勝浦町方面へと向かった。次は二十番札所鶴林寺、二十一番札所太龍寺、ふだらく峠越えの「へんろ転がし」が待っていた。鶴林寺まで行くか、その手前の勝浦町までにするか迷っていた。勝浦町を過ぎて鶴林寺、太龍寺、国道195号線まで十数キロの間には、商店やコンビニがなかった。ほとんどが山道だった。水を確保出来る場所があるかどうかも不安になった。

標高30メートル勝浦から一気に500メートルを登って鶴林寺、それからまた標高50メートルの大井集落まで急坂を下り、そこから520メートルの太龍寺への急登、また国道まで高度差500メートルを下る。もうこうなると登山だ。巡礼というよりも。

太龍寺にはロープウェイがあった。「西日本最長の特大スケール・川越え、山越えの大パノラミックロープウェイ」…。そんな場所に楽に行けるはずがない、そう思った。最長にて特大なのだから…。

途中、こうぼうず曽我部冷泉で頭を洗った。この小さな無料の冷泉場は硫黄の匂いをたっぷりさせていて、なんとも効きそうに思った。ついでに洗顔もした。

11時、ローソン勝浦町沼江店で食料の調達。2食分を買う。その後、県道16号線を少し歩いて、11時30分に食堂「たなか屋」に入る。イカフライ定食(600円)を注文した。久しぶりの温かいご飯に味噌汁だった。ほうじ茶が美味しかった。

13時少し前にJAとくしま直売所の駐車場にあるヘンロ小屋勝浦第12号に到着。休憩、というか、行くか留まるか思案する。山は見えていた。遠く、そして高く感じた。30分ほど過ぎた。ボクはもう動かないことを決めた。明日早朝から山を2つ越えよう、と決めた。それに、そのヘンロ小屋が居心地が良かったし、夜もゆっくり眠れそうに思った。バス停とは違って、そこに眠ることが許されているのだから…。

恩山寺にて

恩山寺にて