Tags: 寒川

さぬき市寒川

In : 四国遍路について, 結願後, Posted by 田原笠山 on 2009/08/16

遍路にとっては歩きにくい雨も多い夏だったかもしれませんね。雨が降ると行くに行けなくなるだろうし、寝る場所も限定されるので、思うように歩けない人も多かったのだろうと思っています。そんなストレスもまた精神修行なのかもしれませんが。

高校野球の頃で、やはり四国の高校が出ていると気になるものです。昨日の寒川高校、残念でしたね。四国は、徳島の池田高校や高知の明徳義塾、松山商業、尽誠学園、鳴門工業なんて強豪有名校が多いようにも思います。

遍路として歩いて、地元の人とそんな高校野球の話をしたこともありました。そして高校のある場所を通ると「ああ、あの」なんてことで、少し親近感が沸いたりもしました。

寒川高校は第八十七番札所長尾寺の近くにあります。長尾寺から2キロ、もう少し近いのでしょうか、それぐらいの距離です。2キロは歩き遍路にとっては「少し」の距離ではなく、遍路道から離れた名所旧跡、温泉食堂などなど、「ああこのへんなんだ」なんて感じでしか接することは出来ませんでしたし、側を通ったとしても寄らなかったりしたこともありました。道後温泉なんてのもそうで、写真も写さなかったのは、今思うととても残念なことのように感じています。

「また今度」なんてことを考えていました。

42日目、八十八番大窪寺を目の前にして、急いでしまう人も多いのだろうと思います。ボクも前日泊まったの高松市内から八十四番屋島寺、八栗寺、志度寺と、風景を楽しむというよりも、前へ前へと札所だけを見て歩いていました。

それでも志度郵便局でお金を下ろし、県道3号線を長尾寺に歩いたこと。途中麺喰志度店で親子丼セットを食べたことや、「オレンジタウン?」なんて思ったこと、長尾寺の納経所で並んだこと、甘納豆おはぎを食べたこと、なんかは記憶の一部というか、皮膚の一部というか、断層の中に残った化石のような感じで、細胞の中に残っているように思います。ゆっくりと形を変えているのですけれど…。

こうしてもう遍路とは程遠い生活をしていたとしても、いろいろなことがスイッチとなって蘇る、それほど強烈なものだったのだろうと思っています。遍路をしている最中よりも、きっとその後に強く遍路の日々を感じられるかもしれないですね。ま、人生即遍路、なのですけれど。

長尾寺の甘納豆入おはぎ

長尾寺の甘納豆入おはぎ