Tags: 室戸

室戸(11日目の2)

In : 11日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/29

かれが室戸の先端にせまり、ついに最御崎の岩盤に立ったときには、もはや天空にいる思いがしたであろう。(…)この巌頭に立てば風は岩肌をえぐるようにして吹き、それからのがれるためには後方の亜熱帯性の樹林の中に入りこみ、樹々にすがり、岩陰に身を隠さねばならない。やがて空海は風雨から身をまもるための洞窟を発見するにいたった。(…)空海がこの洞窟をみつけたとき、「何者かが、自分を手厚くもてないしている」という実感があったのではないか。

(「空海の風景」司馬遼太郎著 中央公論新社より引用)

その室戸にはもうすぐだった。穏やかな天気だった。その洞窟、御厨人窟で修行した当時の弘法大師空海の青年像が見えた。高さ10メートル以上はあるだろう白いその像は「鉄さび色の大岩盤」を背景に浮き上がっていた。

ボクは、久しぶりの室戸を懐かしく感じていた。記憶は正確にボクの脳の中に収まっていたし、その場所は容易に特定することが出来た。そして重ね合わせた。御厨人窟の中で納経をした。早朝の聖地にボクひとりだった。洞窟の中にはボクの声が響いた。

感動、何に対してなのか、ということは、その瞬間には分からなかったのだけれど、涙が流れた。睡眠不足や疲労は感情を涙にかえることで、慰められるのかもしれない。四国を歩いている間、常に感情はギリギリのところまで張り詰めていたし、それは肉体とて同じことで、平衡感覚を保つために、緊張を強いられているようにも思った。そしてその糸は切れないまでも、かなり高い音程で脊髄から脳に刺激を与えているように感じていた。

ボクは御厨人窟を出て、そして海岸線にある遊歩道を進んだ。その頃、弘法大師空海の頃と今とは、ほとんど変化がないのだろうと思った。四国にはそういう場所が多いと思う。変化がない場所が普通に存在する。そのことがボクたちを感動させるのだろう。

最御崎寺への山道を登った。登り初めてすぐに「ホテルなはり」の割引券が置いてあった。「お遍路さん、500円割引き。素泊まり3500円」1枚いただいた。最後が、というか、四国に来て最初に泊まったのが10月22日の徳島だったので、ずいぶん長い間布団に寝てないように感じていた。それよりも充電したかった。洗濯もしたかった。寝袋やテントを干したかった。体勢を整えたかった。疲れていた。

その割引券を大事にザックにしまった。「ホテルなはり」が身体を軽くした。「羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経」と般若心経のこの部分を唱えながら登った。「行こう、行こう、さあ行こう。みんなで行こう。幸せの世界へ、さあ行きましょう!」(「般若心経といろは歌」山田法胤著 PHP出版)という意味だ。お経は音楽に近い。詩というリズムを持っている。「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか」と書くと、分かると思うのだけれど。

24番札所最御崎寺に着いた。8時だった。

室戸の朝とボク



そして転げ落ちて朝が始まった(11日目の1)

In : 11日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/29

ベンチから転げ落ちて目がさめた。そのバス停のベンチの幅は身体の幅とほとんど同じだった。身体半分動いたら60センチ下の地面にそのまま落ちるというベッドだった。寝袋の中に入っている肢体は何の防御もできなかった。手は反応したのだけれど寝袋の中から身体を支えることは出来なかった。

5時前に落ちた。そのまま寝袋から抜け出して、ヘッドライトを点けた。その明かりで抜け殻を丸めてスタッフバックに詰め込んだ。まだ外は暗かった。ペットボトルの水を飲んだ。荷物を全てザックに入れて、それから出発した。5時30分だった。

暖かいコーヒーが飲みたかったのだけれど、11月も近い室戸、三津の海岸線の自販機はまだ冬支度をしていなかった。仕方なく冷たい缶コーヒーを買う。

6時30分、室戸海洋センターに着く。昨日買っていた十勝バターブレッドと缶コーヒーの朝食。太陽は水平線の少し下にいるらしく、その上にある空の暗さを徐々に押しやっていた。朝食後に洗顔をした。そして朝陽を待った。ちょうど鱗雲が空を覆っていて、その魚鱗を朱色に染め始めていた。空は生きていた。そして激しく動いていた。

劇的な室戸との再会だと思った。明星が口の中に入ったという弘法大師空海の、その瞬間もきっとこのような朝だったのだろうと、ボクは思った。

転げ落ちたことに感謝した。転げ落とされたのかもしれないと、ボクは思った。

室戸の朝
室戸の朝



南無大師遍照金剛(10日目の5)

In : 10日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/28

苦しい時、辛い時、哀しい時があると「南無大師遍照金剛」と唱えるといい、と教えていただきました。金剛杖や白衣の背中にもその「南無大師遍照金剛」という御宝号が書かれています。意味は

南無大師遍照金剛

「南無」はインド語のナモ、ナマス、ナマッハを音写つまり発音の音に近い文字で作った当て字です。意味は帰命、帰依する、永遠に、心から信じお従い申しますという信仰の誓いを表します。

「大師」は偉大なる師、という意味で日本では大師号として朝廷から徳の高いお坊さまに贈られました。お大師さまは空海と言う僧名ですが弘法大師という大師号を九二一年朝廷から給わりました。日本では二十数名の高僧に贈られていますが、「大師は弘法にとられ太閤は秀吉に取られ」と言われるよう大師と言えば弘法大師、お大師さまのこと表すのです。

「遍照金剛」はお大師さまの灌頂名です。大日如来と言う仏さまの別名なのです。奈良の大仏さまは正式にはルシャナ仏ですが、その別名は大日如来さまなのです。お大師さまが中国に渡り真言密教の教えを授かったとき、最後の仕上げとして灌頂と言う儀式を受けられました。

そして

南無大師遍照金剛とお唱えになるのは弘法大師お大師さまを拝み、その後ろには大日如来さまが控えられ、また全ての神仏へとつながっているのです。御宝号の深い意味を噛み締めながら「南無」と信じるこころを開いて、「大師」お大師さまに守られて、「遍照」他人に対しても優しさ思いやりを持って「金剛」自分自身に厳しく、そういう修行の日暮らし信仰を持ち、お大師さまと同行二人の人生の道を、幸せに向かって一歩一歩精進して参りましょう。

ということなのでしょう。

三津のバス停でボクは寝袋にもぐり込んでいた。まだ19時前だった。空腹は満たされることがなかった。携帯電話の電池は全くなかった。メールの受信も出来なかった。ヘッドライトで日記をつけた。それだけの夜だった。

室戸は三度めだった。22歳の時に初めて来た。四国を一周したことがある。その時も野宿だった。御厨人窟(みくろど)、弘法大師空海が修行した場所での感動みたいなものは、それから常にあった。そういう場所が、人にはかならずあると思う。そこに立つだけで涙が流れるような場所。神社仏閣もそうだろう。日常で宗教を感じることはなくても、場所が、空間が、ボクたちの心を揺さぶるように思う。それは、久しぶりに帰る故郷のようなもの、のような…。

早く起きて朝陽を見ようと思った。歩きながら夜が明けてゆく、そして御厨人窟に辿り着くということが、正しいこと、のように感じていた。通り過ぎる車の音に驚いては目が覚める、また眠る、ということの繰り返しだった。起きているのか寝ているのか分からない夜、それも繰り返される、毎日のことだった。

三津 バス停
その泊まったバス停

*野根海岸~三津
*三津漁港、室戸よりのバス停泊

(出費)
・岬の食堂
きつねうどん 450円
巻き寿司セット 300円
(小計 750円)

・佐喜浜スーパーフェニックス
まるごとソーセージ 121円
十勝バターブレッド 126円
やぶれ饅頭 68円
カフェラテエスプレッソ 147円
白飯 120円
自家製サラダ 200円
(小計 782円)

・自販機
缶コーヒー 120円
スポーツドリンク 150円

合計 1802円



遍路はは食わねど高楊枝…なんて(10日目の4)

In : 10日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/28

佐喜浜八幡宮を13時30分に出発した。
暖かい日だった。佐喜浜の街は驚くほど静かだった。24番札所・最御崎寺まで、まだ20キロあったし「地の涯であろうというそらおそろしさ」を感じさせる風景は続いていた。柔らかな空気と陽射しさえも、その感覚を増幅させていた。

スーパーフェニックスに寄った。食料の調達をしなければならなかった。『無料宿泊所一覧表』には「室戸市佐喜浜のスーパーで絶対食料を調達してください」と記されていた。それは脅迫文のように感じられた。

買い物を済ませると室戸へ歩いた。防波堤道を歩いた。道路標識と同じほどの高さにいた。

「ロッジおざき」の先で休憩した。まるごとソーセージを食べた。サーファーがひとり、海を見ていた。その斜め後方に座って、ボクもひとり、海を見ていた。海岸にいるのはサーファーと遍路、四国の海岸の風景だった。話すことは、なかった。ただ、繰り返される波の動きを見ていると、彼らもまた巡礼者のように思えた。その波に乗っては打ち上げられ、そしてまた沖へ向かっては打ち上げられる。永遠の動作、それは一種の行、例えば「虚空蔵求聞持法」のようにも感じられた。

そしてまた歩き始めた。

夫婦岩の休憩所でトイレ。鹿岡鼻を過ぎると室戸岬が随分と近くに感じられた。もうほとんど周りの風景を記憶していないほど、室戸の岬だけを見ていた。室戸東中学校を過ぎた頃には夜の気配がしっかりと感じられた。

ねぐらを探さなければならなかった。物色する目つきになっているのだろうと、思ったし、キョロキョロ辺りを見渡す風は挙動不審だったに違いない。

三津漁港の近く三津浜バス停には先客がいて、夕食なのだろう、コンロで何かを煮ていた。挨拶だけして通り過ぎる。ここは「無料宿泊所一覧表」に載っている場所だった。「当てが外れたなあ」とつぶやいた。

さらに夜が濃くなっていった。ボクの不安も増していった。歩いていた。佐喜浜漁港の次のバス停に辿り着いた。そこは無人だった。もぐり込んだ。腰を下ろした。狭いベンチだった。それでもバス停は小屋だった。屋根もあれば壁もあった。それがなによりだった。

ボクは白飯とサラダ、そしてやぶれ饅頭の夕食をとった。「鶏天も買っとけば良かったよ~」と日記に書いている。「(佐喜浜のスーパーで)絶対食料を調達してください」という、あの表に書かれた文字を思いだしていた。『「絶対食料をたっぷり調達」にするべきだね、特に唐揚げ』とも書いた。そして叫んだ。「食わせろ」と。

室戸 夫婦岩
室戸 夫婦岩



土佐は鬼国に候(10日目の3)

In : 10日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/28

「虚空蔵求聞持法」という秘法がある。19歳の弘法大師空海は、故郷である四国に渡り室戸の洞窟、御厨人窟を行場として修法した。「虚空蔵求聞持法」とは虚空蔵菩薩の真言

言語の一種であるにちがいない。しかし、人間の言語ではなく、原理化された存在(法身如来)たちのしゃべる言語である。

その「なうぼう あきやしや きやらばや おん ありきや まりぼや そわか」という翻訳されない仏の言葉を、100万遍ある一定の期間(50日から100 日の間と言われているようですが)唱える、ということで(ただ唱えるだけではなくて、その他に諸々の決まりがありようです)万巻の経典をたちまち暗誦できるようになるという秘法、空海はそれを室戸で経験した。

第12番札所・焼山寺のご本尊は虚空蔵菩薩。遍路の旅ではそこでその真言を唱えることになる。少しだけ、例えば100万分の1ほど、何かに近づける瞬間なのかもしれない、そしてその思考が感動を呼ぶのかもしれないと思った。あのへんろ転がしと言われる山越えの後では特に、涙が溢れる人も多いのだろうと思った。

人は生きている目的を探し求める。そしてすがろうとする。

室戸までの道のりは、日和佐あたり、あるいは牟岐あたりから変化してゆく。そして野根を過ぎたあたり、前回のエントリーに書いた「自販機のない10㎞の道のり」で、劇的に変わる、ように感じた。それはただ何もないということではなくて、「地の果て」という表現がピッタリと当てはまるように感じた。

札所がすでにここで絶えている。そのことは空海が人里で疲れを癒した最後は日和佐の浜だったのではないか、ということであり……

というのがその時の空海の室戸までの道のりだったのだろうし

牟岐からむこうで、頻繁に小入江が連続している。海浜の崖や山をよじ登っては、小さな入江にすべり落ちてゆく。浜の名と浜の名を挙げると、大坂降りると内妻の浜である。(中略)この連鎖してゆく小さな入江ごとに何人かの人間が住んでいたかもしれないが、しかしこんにちでも浜におりるとなお無人にちかい。この入江群の沖はすでに外洋であり、その風濤のたけだけしさが、人の住まうことを拒絶しているのであろう。空海はときに無人の浜に出て海藻や貝をひろったにちがいない

その当時の風景は、今もボクたちの眼前に横たわり、そして文明をもってその力で押さえつけたとしても「へんろ転がし」ということには違わない。行が待ち受ける。

宍喰・野根からむこうは、いまでこそ海岸を道路が通っているが、当然ながら空海のころには道路がなく、二十五キロにわたる海岸は断崖の連続であり、激浪が黒い地の骨を洗ってとどろきつづけていた。また海岸道路をすすんでさえ、前方に折りかさなる断崖群が靉気のなかに濃淡をかさねつつ、このさきはすでに地の涯であろうというそらおそろしさを感じさせる。

という感覚を誰もが持つのだろうと思う。歩き遍路にあっては、その激浪からの飛沫や音が全きの恐怖となって足を速めるのだろうと思う。夕方、あるいは夜となっては、妖気をも漂わせているように感じた。

それが室戸への道なのだろう。
高知は修行者空海にとっても、そして遍路にとっても、修行の地なのだろうと思う。鬼は時として己の心に棲んでいては、責め続ける。

永遠とも思われる道で、多くの遍路は内省を繰り返す。それはまたほとんどの場合責苦という苦行の形をとる。それでも止まることよりも、先へ進もうとする。まるで人生のようなもの、のように思っていた。

ボクは歩いていた。もう室戸はそこに見えていた。

室戸 夫婦岩
同石ふたつ…。
夫婦岩が見える。

(参考文献、および引用)
司馬遼太郎著「空海の風景」中央公論新社