Tags: 四国八十八ヶ所

たどり着いたへんろ小屋の夜(2日目の3)

In : 2日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/20

歩き始めた。17時までに藤井寺に行って…。夕陽が時間を圧迫していた。容赦なかった。ボクは歩いていた。少し早足だった。へんろ道、藤井寺への最後のアプローチは上り坂、そして山道、その時点でタイムアップとなっていた。17時を過ぎた。

「南無大師遍照金剛……、なんだこれは……」とボクは誰に向かうでもなくのろいの言葉を口にしていた。

お寺の駐車場にテントを張らせていただこうかと思ったのだけれど、食料がなかった。夕食もだけれど、明日からの「へんろ転がし」焼山への峠越えにはプラス 2食は必要だった。藤井寺までのへんろ道にはコンビニもスーパーもなかった。少し離れればあったとしても、ボクに余裕がなかった。とにかく藤井寺を打って、それから考えれば良いや、と思っていた。また後悔した、そして焦った。

ボクは歩き始めた。今度は車道を通って国道192号線を目指した。今来た方向に戻り始めたのだ。逆打ち。四国八十八ヶ所を一番札所から順番に巡るのではなくて、逆に巡るのを逆打ちと言うのだけれど、ボクは十一番から十番に、逆打ちするような形になったのだ。

国道に出る頃には全くの夜になっていた。

ローソンに着くと、ボクは3食分を買った。夕食には牛丼を買った。そして駐車場の隅で食べた。涙が出た。「どうしてここで牛丼なんて食べてるのかなあ」「どうして歩いているのかなあ」。

牛丼を食べ終わる。ボクはまだ歩かなければならなかった。その駐車場はその夜のベッドには不向きだったし、迷惑はかけたくなかった。たとえ許されたとしても。

ねぐら。
ボクは更に逆打ちを続けた。あのへんろ小屋が、あのへんろ小屋しかイメージ出来なかった。国道の閉店しているパチンコ屋の軒下を借りようかとも考えたのだけれど、ボクはあの壁のある、そして全ての人から野宿することが認められているへんろ小屋だけが癒しの場所のように思えていた。

迷った。一度通った道なのだけれど、そのへんろ小屋、橋の側の、共産党事務所のあるへんろ小屋…。30分、あるいはもう少しだったのかもしれない。ボクには2時間ほどの時間に感じられたのだけれど、そのへんろ小屋になかなかたどり着けなかった。

歩いて歩いて、そして迷いながらも、なんとか辿り着いた。幸い誰も居なかった。定員1名、そのリバーサイドホテルからの夜景は綺麗だった。もしも、そこに、そのへんろ小屋に先客がいたとしたら、ボクの気持ちもタイムオーバーしたかもしれない、と思った。まだツキはある、とも思った。そういうツキみたいなものは、旅には必要なのかもしれない…。

備え付けの水道でTシャツを洗った。身体を拭いた。顔も洗った。もう動けない、と言うほどに疲れていた。4キロほどを打ち戻った、ということがその疲労度を高めていたように思う。そして明日はまた来た道を戻る。「なにしてんだろうね」と、つぶやいた。

右足かかとに豆が出来ていた。潰して治療をした。身体の痛み、頭痛はまだあった。頭痛薬を飲んだ。寝袋に収まった。もうそうするしかなかった。また少し泣いた。「なにしてんだろうね」口癖になっていた。

川島橋の夜

川島橋の夜


涙で滲んでいるのではなくて、ピンボケしているけれど…。

*六番札所安楽寺~十番札所切幡寺
*吉野川市川島橋へんろ小屋泊

*(出費)
・自動販売機
スポーツドリンク2本 300円
ココア 120円
・ふじや(切幡寺門前、昼食)
月見うどん 500円
・ローソン
カフェラッテ 144円
お茶 126円
スニッカーズ 120円
柿の種 105円
コーンマヨネーズパン 105円
おにぎりかつお 105円
おにぎり日高コンブ 110円
おにぎり梅 2個 210円
牛丼 398円 (小計1423円)

合計 2343円