Tags: 南光坊

南光坊の想い出

In : 四国遍路について, 結願後, Posted by 田原笠山 on 2009/08/04

「へんろ」8月号の「あの寺この寺札所めぐり」は第55番南光坊です。
南光坊と言えばあの山門の四天王像を想い出す人も多いかもしれないですね。また四国霊場で唯一「坊」と呼ばれている札所ということで記憶している人もいるだろうと思います。

大三島に鎮座する大山祇神社の四国本土にあった8つの僧坊のひとつが南光坊ということです。その全ての坊が長宗我部の戦火で消失したのですが、南光坊だけが「禄高が一番低かったことが幸いして」そのご再建されたそうです。その後、藤堂高虎の祈願所として薬師堂が再建され、「近世は今治藩主の篤い崇敬と庇護を受ける神宮寺としてあった。文久年間(1861年~1864年)には金毘羅堂が造られ」たということです。(南光坊参照)

その南光坊は34日目に参詣しました。
浅海駅からの出発でした。それから国道196号線、海岸線を通り、菊間市内番外霊場遍照院を過ぎるあたりから雨が降り始めた午前中でした。その後すぐ雨は止んだのですが、風の強い、低気圧が近づいているのか、雲が低い1日でした。

34日目を読み返すと、雨に祟られた1日の様子と、それに振り回されたボクのことが昨日のことのように想い出されます。

その日は、午前中に「今治市内へ泊まる」と決めていました。携帯の充電もしたかったのです。そして計画としてはチェックインと同時、あるいはそれ以前に、早めに宿に入ってゆっくりしたい、と思っていました。そういう思いがボクを支配していました。もう他の選択肢はなくなって、とにかく早く今治市、ということに呪縛されているようでした。

54番札所延命寺に12時ちょうどに到着しました。ホテルは14時からチェックインOKということで予約しました。ちょうど良い時間、そのことが更にボクの行動を縛ることになりました。12時30分、延命寺を出る時に雨が降り始めました。それも少し強く降っていました。ボクはレインジャケットを着こんで歩き始めました。「14時にホテル」そのことがボクにとっては重大事になっていました。

途中の高速道の架橋の下で雨宿りをしました。雨宿りをしたというよりも、歩けないほどの雨だったのです。少し弱まってから歩き始めましたが、雨は降り止みませんでした。金剛杖を道路に叩きつけました。そして呪いの言葉。

杖が割れたのがこの日です。

そして南光坊に着く少し前に雨は降り止みました。30分、たったそれだけの時間を待てなかった自分を、今度は呪い始めました。

計画は時として危険なものにもなるのでしょうね。あるいは欲望は。

そうして着いた南光坊では、たいへん思い出深いことがあったのです。納経所で納経帳に名前を書いて頂きました。そして30分以上、お話をしていただきました。

そんな想い出深い34日目と南光坊の想い出です。こうして数ヶ月過ぎ去った今でも、かなり正確に思い出すことが出来るというのも不思議です。歩いたから、ということもあるでしょうけれど、肉体と精神の想い出が、記憶が、時間が、凝縮されていたのだろうと思います。あの高速道架橋下から大谷墓園、そして今治北高あたりの道と雨を今でも時々想い出すことがあります。「もう止めた、今治駅から帰る」なんて雨の中を叫んでいたボクを想い出して、少し恥ずかしくなることがあります。

そして南光坊の納経所で涙が流れたことも、少し恥ずかしく想い出したりしています。

五十五番札所南光坊

五十五番札所南光坊



納経帳の値段(34日目の3)

In : 34日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/21

13時30分に五十五番札所南光坊に着いた。雨はすっかり上がっていたのだけれど、雨雲が散らばっていた。延命寺からの1時間が長く感じられた。雨のせいではなくて、気持ちのせいだったのだけれど。

本堂、大師堂と納経が終わり納経所に行った。そうするとお寺の人が「あ、やっぱり名前を書いてないね」とボクの納経帳を見て言った。それから「失くしたりしたときに書いていたほうが良いですよ」と、そして「これから先は特に注意したほうがいいですよ」と教えてくれた。そういう話は聞いた事があった。要するに五十五もの札所の墨書・朱印を押した納経帳を狙う人がいるというとこだ。ネットオークションでも売買されていたりもする。また代理遍路、一箇所いくらで四国遍路を職業としてやっている人もいる。

値段が付くのだ。それもかなり高額で。
札所一か所につき300円で墨書・朱印押印していただくので、八十八か所だと26400円かかる。プラス納経帳自体が1500円以上なので、28000円が最低でもかかっているので出品するほうはそれ以上の金額になる。(もちろんどういった経路で入手したかにもよるだろうけれど)

中には10万円という出品価格もある。確かに納経帳はそんな値段ではないと思う。車で回ったとしても1週間、それだけの日数が必要なのだから。まして歩きで回って40日50日かかったとしたら10万円でも安いと思う。

オークションに出品されている納経帳。10万円の最低落札価格。

オークションに出品されている納経帳。10万円の最低落札価格。

そういうニーズがあるのだから、なんともボクには言えない。身体が動かなくて、それでもその聖なるものを欲しいという人がいるとしたら、それはそれでお接待なのだろうから。その人のことを念じながら歩いたとしたら、それはそれで価値あるものだろうから、代理遍路も悪いことではないと思う。

それが犯罪に繋がらなければの話なのだけれど。
納経帳を狙う人がいるという噂は何度か聞いた事があった。名前を書くということは分からなかった。南光坊のお寺の人はそのことを言っているのだ。そして「私でよければ書きましょうか」と言った。「ええ、お願いします」と言って「ただ、ボクの名前ではなくて母の名前を書いてください」と付け加えた。

「お母さんの代りにお参りなされているのですか」
「ええ、それもありますけれど、納経帳は母への贈り物にしようと考えていましたから」と言った。お寺の人は「為」という文字を入れて母の名前を書いてくれた。そして「お母さんもお喜びになりますよ」と言ってくれた。「ありがとうございます」とボクは言った。

それからボクはポートサイド今治への道を訊ねた。詳しく教えていただいた。
救われた気持ちがした。それからボクは礼を言って、南光坊を後にした。雨のにおいがした。枯葉のにおいも重なった。海のにおいも近かった。14時だった。

南光坊山門四天王像

南光坊山門四天王像



金剛杖割れる(34日目の2)

In : 34日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/21

Joyfull今治大西店を11時15分に出発したボクは、そのまま196号線を延光寺に向かった。途中ローソン今治延喜店にて単三アルカリ電池を買う。携帯電話への充電用にだ。そして充電をしながらMに電話をした。「今治市内のビジネスホテルを調べてメールして」と話した。すぐに「電池がないから」と言って切った。歩きながらメールを待った。

すぐに「ポートサイド今治、4400円朝食付き、14時チェックイン可」というメールが届いた。他に今治駅前の旅館の候補もあった。返信した「ポートサイドで予約して」と。

今治市内に入って、延命寺、南光坊、泰山寺そして栄福寺まで行けるようにも思っていた。まだ12時前だった。それでもなぜか「ホテルに泊まりたい」と思っていた。ここ数日間の寒さや寝不足がボディーブローのように効いていた。そして洗濯や風呂ということが頭から離れられなくなった。あの久万から風呂に入ってなかった。寒さは身体を拭くことや頭を洗うことを遠ざけていた。それに雨が降りそうだった。雨がねぐらを奪う。

Mから再度「予約した」という連絡が入った。そして住所と電話番号が書いていた。そのことが身体を軽くした。

12時00分、五十四番札所延命寺到着。納経を終えたところで雨が降り始めた。小降りだったのでレインジャケットを着て出発した。12時30分。少し焦っていた。「南光坊からホテルに行こう」という予定を立てていた。4キロ少し。ちょうど14時のチェックインの時間だ。早く着くことにはなんら問題ないと考えていた。

少し歩くと雨は本降りになった。ボクは急いだ。西瀬戸自動車道(しまなみ海道)の高架下までたどり着いた。豪雨。横殴りの雨が降りかかってくる。道路が一気に川になる。それほどの雨が降り続いた。10分間、集中豪雨だった。

今治市瀬戸内しまなみ海道高架下、雨降り止まず

今治市瀬戸内しまなみ海道高架下、雨降り止まず

少し弱まったところで出発した。待てない。13時には止んだ雨を待てなかった。なぜだか無性に腹が立ってきた。そして金剛杖を地面に打ちつけなが足早に坂を登った。「なんだ、この雨は」と叫んだ。そして打ち付けた。「大師、助けろ」と叫んだ。

金剛杖が割れた。その先が10センチほど割れたのだ。それほど強く打ち付けていた。「なんの罰だ」と叫んだ。そうすることで雨が止むはずはなかったのだけれど…。

雨の大谷霊園を抜けて姫坂神社、今治北高に出た。その時には青空が出ていた。わずか30分を待てない自分を呪った。

ところどころに雨雲が点在していた。その空からは太陽が地上を照らしていた。走るように歩いたので、そしてレインジャケットを着ていたので汗ばんでいた。県道38号線、商店街のところでジャケットを脱ぐ。南光坊はもうそこだった。

南光坊山門四天王像(持国天)

南光坊山門四天王像(持国天)


南光坊の山門は一般的な仁王像がある山門ではなくて、四天王が守護する山門で、外側内側に四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)を配置している。