Tags: 円明寺

瀬戸は日暮れて鎌大師(33日目の3)

In : 33日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/20

12時20分に五十二番札所太山寺に着いた。石手寺からの長い10キロだった。秋晴れの1日、空気が乾燥しているからだろうか、風景も透き通っていたし、静かにそこに置かれていた。遍路に会わない日だった。石手寺からこの太山寺まで5つのコースがあるからだろうか。それとも多くは道後温泉に入ってからゆっくりと出発するのだろうか。

すこしゆっくりして13時10分出発。山門から本堂までが長い坂道だったので、そこで少し疲れた。またこの日も空腹。ちょうどの時にコンビにも食堂もない。もう一度打ち戻って円明寺へと進んだ。

13時35分五十三番札所円明寺到着。ここでも少し長くいた。14時10分発。JR予讃線を渡りうなぎやに出るルートを歩く。地図にローソン、サークルKが記されていたからだ。そこまで1キロほど、何か食べようと思っていた。

円明寺朱塗りの大師像

円明寺朱塗りの大師像

石手寺のことを引きずっていた。ホッチキスに電話する。歩きながら長電話になった。そういう遍路の姿もおかしいのかもしれないと考えていた。「携帯遍路」なんて自嘲気味に笑った。いくつかのコンビニを通り過ごした。空腹だったのだけれど、それに電話をしていたということもあるのだけれど、また予讃線を渡った。しばらくすると海が見えてきた。県道347号線だった。海が見えると気持ちは落ち着いた。そうすると空腹も和らいだように感じた。そして海岸線の道を歩き続けた。

旧北条市粟井に来ると商店や郵便局、賑やかな街並みになった。16時00分、もう限界、というか、ここで何か食べておかないとねぐら探しが待っていたし、北条の市街地を過ぎると国道196号線は山に入って行く、それが遍路道だった。そうなると、何もないということも考えられたので食糧の調達もしたかった。

ローソン北条中須賀店に寄った。牛丼とレーズンバターロール6個入りを買う。駐車場の隅で牛丼を食べた。その日の昼食だった。食べ終わると出発した。夜がそこまで来ていた。北条駅を過ぎてスーパーマルナカを曲がるあたりになると暗くなり始めた。反対車線を一台の自転車が走りすぎた。あの男だった。西予市のへんろ小屋宇和で同宿した元遍路だった。道の駅に行くのだろうと思った。ボクが見えなかったのか、それとも嫌われたのか、急いでいたのか、なんて考えた。

17時00分。少し慌てた。岬に行くと道の駅風早の里風和里がある。その手前にコスタ北条という温泉マークが記されている。196号線海沿いの道路だった。そちらは遠回りになる。

鎌大師が2キロほど先にあった。そこを目指して歩いた。へんろ小屋のマークが地図に載っていた。ザックからヘッドライトを出した。そして歩いた。

瀬戸内に浮かぶ島々と向こうに見えるのは広島

瀬戸内に浮かぶ島々と向こうに見えるのは広島