Tags: 上板町

巡礼、ボクとの出逢い(43日目の5)

In : 43日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/30

夜がまたきた。いつも通りだった。ボクの中の何かが変わっていたということもなかった。奇跡はそう簡単には起こらない。覚醒するなんてこともなかった。まったく同じことが繰り返されていた。そして目の前の風景も同じだった。

県道12号線と14号線の交差点を左折して宮川内谷橋のところでヘッドライトを取り出した。車のヘッドライトで道は確認できてはいたのだけれど。

橋を渡りきって県道139号線に入った。上板局、上板町役場、43日前に通ったときと同じ風景だった。夜だったのだけれど、ハッキリと覚えていた。そして12号線に合流、スーパーでぐちに着いた。18時ちょうど。当たり前なのだけれど、同じものがそこにあった。どこに弁当売り場があるかは、分かっていた。ボクは常連客のようにそこへ一直線に向かった。そして夕食用の食料を買った。

スーパーでぐちを出て上板スポーツ公園グラウンドに向かった。あの日、10月19日、四国での初めての夜と同じだった。時間もちょうどそんな時間だった。懐かしかった。18時20分、公園着、そのまま今度は3塁側ベンチに向かった。1塁側にあのミスタースモークが来たら、なんて考えたので3塁側を選んだのだ。

上板スポーツ公園1塁側ベンチ(2日目10月20日に撮影したものです)

上板スポーツ公園1塁側ベンチ(2日目10月20日に撮影したものです)

着いて腰を下ろす。あたりはすっかり夜。
ボクはスーパーで買ったいなり寿司やカボチャ煮、高野豆腐の煮物、少し贅沢な夕食をとっていた。1塁側で何かが動いた。そしてライトが灯った。誰かがいるのだ。きっと先に来た遍路がいるのだろうと思ったし、それらしいシルエットだった。

ボクもその遍路もどちらともそのままでいた。何度か挨拶に行こうかと考えたけれど、なにも話さないほうが良いように思えた。

あの日のボクがいるように感じた。
ボクはじっと暗闇の向こうでかすかに動く影にボクを見ていた。いろいろな気持ちを抱えて不安な一日目の夜を過ごしている。疲れ果ててはいるものの、眠れぬ夜。不安ばかりが膨らんでしまって、朝の来るのを待ち望む深夜。夜の底に沈みこんだ闇、そして恐怖。

もうずいぶん昔の出来事のようでもあった。反対側のベンチにボクがいるのだけれど。まるで懐かしい写真を見るようでもあった。終わりの始まり。

食事が終わるとグランド入り口のところにある水道で顔と髪を洗って体を拭いた。そのあとベンチに戻り寝袋にもぐりこんだ。寒い夜だった。ボクたちは沈黙の夜の中にいた。そしてボクは眠りに落ちた。

朝焼けが東の空に見える霊山寺、大麻町

朝焼けが東の空に見える霊山寺、大麻町

さぬき市前山~ 板野郡上板町
上板スポーツ公園泊

(出費)
・大窪寺野田屋
くず湯3個 1000円

・サンクス土成店
輝く微糖コーヒー 137円
ウィダープロテインバー 137円
スナックパン8P 179円
おにぎりツナマヨネーズ 105円
おにぎりカツオオカカ 115円
(小計 673円)

・スーパーでぐち
いなり寿司 300円
かぼちゃ煮 178円
高野豆腐 105円
菓子パン 137円
(小計 730円)

・自動販売機
缶ココア 120円
缶紅茶 120円
缶コーヒー 120円
プリングルスポテトチップス 150円
(小計 510円)

(合計 2913円)