Tags: テント

充電の問題なのだ(10日目の1)

In : 10日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/28

目が覚めるとテントの外は明るくなっていた。東に向けた入り口を開けると、水平線はすでに赤く染まっていた。日の出が近いことが分かった。ボクは取りあえず小便をした。そしてテントの中に戻って、いつものように出発の準備を始めた。太陽が、朱に染まった辺りの風景の中に染み入るように、ジワリとその姿を現した。日の出はボクに勇気を与えてくれた。夕日は哀しみを教えてくれた。
野根海岸にて

しばらく日の出を眺めていて、それから本格的に撤収を始めた。室戸まで40㎞、歩き始めた。東洋大師明徳寺に参詣した。そこで60歳を過ぎているだろう二人連れのお遍路さんと出会った。明徳寺の通夜堂に泊まったのだろうかと思っていて、そのことを尋ねたら手前の民宿に泊まっていて、6時には出たということだった。この方たちとは宿毛で再会して、そして宇和島、西予市で再会する。

歩き始めた。ふたり連れのお遍路さんたちもボクの後にいた。国道55号線、道路はピッタリと海岸に寄り添って室戸へと続いていた。野根を過ぎると室戸市までは食堂も商店も、そして自動販売機もなかった。そのことを知るのは、最後の自販機を見た10㎞先のことだったのだけれど。

法海上人堂に参詣した。そこで休憩した。食料がなかった。野根の商店街は開店していなかったのと、その先に何かあると思っていたので、なんの準備もしていなかった。二人連れのお遍路さんたちもやって来た。「暑くなりましたね」と挨拶をして、ボクはその上人堂の下の海岸に降りた。もう少し暖かければ泳げるのではないかというぐらいの天候だった。海はキラキラと輝いていた。

法海上人堂の横を流れている小川は、その下の海に流れ込んでいた。ボクはその水で白衣、Tシャツやパンツを洗った。ついでに顔を洗い、歯を磨いた。洗濯物と一緒に、テントやシュラフを干した。ボクも干した。テントやシュラフだけではなくて、ボク自体が湿っているような感じがしていた。乾いた場所に眠りたいという欲求もあった。

メールチェックをした。携帯電話の電池がなかった。昨日買った乾電池を充電器に入れて充電した。電池式充電池での充電では充満されなかった。携帯電話やデジタルカメラの充電、それらの装備を持ち歩いていると常にそのことが気がかりだったし、どこで充電するかという問題も考えなければならなかった。

ホテルや民宿以外だと、通夜堂や善根宿で充電するしかないのだろうけれど、それはどうも憚れれるように思った。無料で泊まらせていただいているという気持ちもあったし、その数も少なかった。そんな気持ちはあっても、通夜堂で充電したこともあった。

携帯電話の充電を考えると、どうしても5日に1回はホテルや民宿に宿泊しなければならないのかもしれない。携帯電話やカメラというデジタル製品にボクたちは拘束されている。寝て食べて排泄して、そして充電という行為。楽になったのか、苦になったのか、幸せになったのか、不幸になったのか、なんて考えながら、ボクは片付け始めた。10時30分になっていた。

法海上人堂下の海岸にて
法海上人堂下の海岸にて



そして室戸の見える夕暮れ時にボクは沈んでゆく(9日目の4)

In : 9日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/27

宍喰温泉を14時30分に出発した。
温泉に入ったからだろうか、痛みは減っているようだったけれど、緩んだ筋肉が重く感じた。もう室戸岬までは40㎞という位置にいた。明日には着けるかもしれないと思った。そしてボクはいつの間にか高知県に入っていた。水床トンネルの中間地点が県境だった。

県境を越えるという感激みたいなものもなかった。発心の道場から修行の道場に入ったという宗教的な胸の高鳴りもなかった。国境を越える時のような緊張感、そして煩雑な手続きも必要なかった。ボクは同じように歩いていた。

東洋町の海岸は綺麗だった。16時に白浜海岸で休憩をした。設備の整った海岸だった。観光客だけではなくて地元の人たちもその海岸に集まっては、帳の降りる前の景色を前に今日の出来事を話しているようだった。もう何年も前から同じことが繰り返されているのだろうと思った。ボクは少し離れたところでバターピーナッツを食べた。そして立ち上がった。寝る場所としては人の気配が多すぎたし、儀式のような繰り返される風景の中に立ち入ることが憚られた。

相聞トンネルを抜けて坂道を下ると、ボクは海岸に出た。室戸岬が綺麗に見えた。闇が全てを覆い尽くしてしまうその前に、涅槃像と見まがうほどの全容を海に横たえていた。ボクはそこで立ちつくす。手を合わせた。そうすることが正しい行いのように思えた。そして高知に来たということを実感した。

その実感とともに、涙が溢れてきた。ここに来るまでにもユリさんのことは毎日思いだしていた。ボクはそこに来ることが予め決められていたことのように感じた。運命とはそういうものだ。人は死ぬ。そして空へかえる。土のかえる。海にかえる。循環の中にボクたちはいる。宇宙とはそういうものだ、と、ボクは考えていた。

朝陽の登る方向にテントを張った。ボクは自動販売機で買ったパン2個とおにぎり、ブラックサンダーを食べた。それでもお腹は空いていた。闇がボクの存在を隠してくれた。闇の中にいるほうが安心できた。暗闇の中、波音だけが増幅していった。

野根の海岸にて

野根の海岸にて

*内妻海岸~野根海岸
*野根海岸泊

(出費)
・ローソン海陽町杉谷店
レタスハムサンド 245円
デカウマソーセージ 113円
おにぎり辛子高菜 110円
おにぎりカツオ 105円
おにぎり紀州梅 105円
おにぎり日高昆布 110円
ブラックサンダー 32円
キシリミルク飴 100円
単三電池2P 289円
(小計 1209円)

・自動販売機
コーヒー 120円
スポーツドリンク2本 300円
水 100円
菓子パン2個 200円

合計 1929円



文明の速さとか弱さとかを考えた長い1日は内妻海岸で終わった(8日目の4)

In : 8日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/26

少し後悔していた。
日和佐のどさんこラーメンを15時過ぎに出たボクは、次の24番札所最御崎寺に向かった。向かったと言っても、約80キロメートル先、歩いて2泊3日の道のりだった。「車で1時間30分」、それが人類が抗いきれない文明の力だった。その力の差、そこが欲望となる、そして希求する。
へんろセンターの看板

国道55号線を歩いていた。国道を少し外れてJR牟岐線やまがわち駅に寄った。駅泊も頭の隅にあったしトイレにも行きたかった。駅舎はなくて、そのままホームにトイレがあった。そしてボクはホームのベンチに座った。「ここじゃ泊まれないか」と独りごちた。夜はそこまでやって来ていた。

歩いていた。駅から国道に戻って、先を急いだ。急いでいたのだけれど、どこへ行くかは決まっていなかった。1時間ほど歩いてコインスナックがあった。そこも寝場所には適してなかった。もう18時を過ぎていた。少し休憩した。

その先を左折してJRへがわ駅に向かった。分かりにくい位置にその駅はあった。少し迷った。街頭の少ない地域だった。暗闇がボクを疲れさせた。気分が滅入った。駅にはなんとか辿り着いたのだけれど、そこも待合室のない駅だったし、あたりに眠れるような場所もなかった。

ボクは来た道を戻って国道に出た。そして歩いた。歩くことしか出来なかった。国道沿いの空き地に眠ろうかと考えたのだけれど、お昼過ぎまで降り続いていた雨が場所を限定していた。

牟岐駅に着いたのは19時30分だった。待合室のある眠れそうな駅だった。ボクはそこで荷物を下ろしてサンクス日和佐店で買った鳥飯むすび3個入りとおにぎり鮭しょうゆ、ピーナッツチョコを食べた。釘打ヘンロ小屋を出発して12時間が過ぎていた。雨の後の少し湿った空気が夜に冷やされて更に重くなりまとわりついていた。それはボクにとって、とても嫌な感じだった。そこでは落ち着けなくなっていた。

人と場所の関係は、人と人のそれよりも難しい。そう思う。

20時40分、牟岐駅出発。ボクはヘッドライトを左手に持ち、金剛杖を右手に持って歩いていた。金剛杖が、邪魔だった。菅笠も、夜には不要のものになった。

海岸が見えた、というか、海岸線を歩いていた。内妻大橋の下の海岸に降りた。そして座った。もう歩く気力はなかった。テントを張ることも迷ったのだけれど、なんとかそれはやってのけた。やってのけたのだけれど、テントに穴を開けてしまった。軽量と引き替えに使われていた15デニールという薄い生地のキャノピーは、破れやすいという弱さがあった。その弱さも文明だった。考えられないような薄さ、僅か800グラムという自立式シェルターだった。

ボクはテントを設営すると、ザックからシュラフを引っ張り出した。マットに空気を入れて膨らまし、シュラフの下に敷いた。もぐり込み、そして、そのまま寝た。やっと1日が終わった。

内妻海岸にて
内妻海岸にて

*ヘンロ小屋釘打~内妻海岸
*内妻大橋下の海岸泊

(出費)
・サンクス日和佐店
ランチパック ツナマヨネーズ 163円
イナバ バターピーナッツ 105円
ピーナッツチョコ 105円
ニッスイ ジャンボソーセージ 113円
おにぎり 鮭しょうゆ 126円
鳥めしむすび3個入り 190円
カロリーメイト 210円
ウェットティッシュ 135円
(小計 1147円)

・どさんこラーメン日和佐店
カルビ丼セット 650円

・自動販売機
缶コーヒー2本 240円
スポーツドリンク 150円

合計 2187円