Tags: シェルター

めじかの里土佐清水(24日目の5)

In : 24日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/11

「めじか」は、めじか鮭のことではなくて、そうだかつおのことをめじかと高知では呼ぶそうだ。「かじか」と勘違いしていたのだけれど…。
まるそうだ、そうだがつお、めじか /高知県で獲れる水産物
北海道-雄武町ホームページ | 観光 | 特産品 | 鮭 -めじかの話-

道の駅めじかの里土佐清水に着いたのは17時を少し回っていた。おじさんが売店のベンチに座っているのが見えた。そこへ向かった。
「この軒下でテント張っていいって」
「そうですか、よかった」とボクは言った。それからおじさんはガスストーブとケトルを出してお茶を入れてくれた。すこしそんな道具のことやテントの話なんかをした。

しばらくすると辺りは暗くなった。18時に閉まるという売店にゆき寿司と餅を買った。閉店前セールをしていた。そしてベンチに戻って夕食をとった。売店が閉まって、店の人が帰ると、それからテントを張った。同郷二人、並べて張った。

疲れていた。歩行距離は29キロほどだったけれど、朝早かったのと、久しぶりに長距離歩いたせいか、40キロほど歩いた感じがしていた。おじさんもテントに入って、寝る準備をしているようだった。

ボクは洗顔、洗髪をするためにトイレに行った。そしてそれが終わる母親に電話した。この旅に出て初めてだったし、彼女からもかかってはこなかった。翌日は祖父の三十三回忌だった。そのことや巡礼のことを少しだけ話した。

テントに戻って、それから寝袋に収まった。夜、何度か目が覚める。夕立のような雨が2度ほど降った。長い1日だった。

モンベル ULドームシェルター、アライ トレックライズ

モンベル ULドームシェルター、アライ トレックライズ

*津呂善根宿~道の駅めじか土佐清水
*道の駅泊

(出費)
・金剛福寺
手拭い 200円

・足摺荘
朝定食 850円

・土佐清水の薬局
シップ薬 880円

・ほっかほっか亭土佐清水店
のり弁当 360円
焼きそば 180円
おにぎり2個 200円
(小計 740円)

・道の駅めじか
寿司 280円
あん餅 231円
(小計511円)

・自動販売機
缶コーヒー×2 240円
カップコーヒー 100円

合計 3521円



装備と携行品

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2008/10/29

何回かに分けて今回の旅の装備を紹介、そして説明しようと思います。10月下旬から12月上旬という日程でしたので、冬装備でした。分かるものについては重量も記入します)

装備と携行品

(1)文庫

(2)地図
(へんろみち保存協力会編「四国遍路ひとり歩き同業二人[地図編]」)

(3)ザック
カリマーリッジ40リットル (1650グラム)

(4)シェルター
モンベル・U.L.ドームシェルター

(5)シェルターポール
(4の本体と合わせて780グラム)

(6)シュラフ
モンベル・U.L.アルパイン ダウンハガー#3(600グラム)

(7)マット
モンベル・U.L.コンフォートシステムパッド90(305グラム)

(8)ダウンジャケット
TNF・Aconcagua Jacket(290グラム)

(9)ジャケット
TFN・Dot Shot Jacket(340グラム)

(10)フリース
TFN・Micromattique Select Jacket(280グラム)

(11)替パンツ
patagonia・トラバースパンツ(261グラム)

(12)レインパンツ
モンベル・ストームクルーザー(210グラム)

(13)グラウンドシート
モンベル・ステラリッジ 1 グラウンドシート(225グラム)

(14)細引き(5メートル)

(15)ザックカバー
カリマー・レインカバー

(16)シュラフカバー
ポルカテックス スリーピングバッグカバー(250グラム)

(17)カメラ ウェストポーチ
ニコンD50+AF NIKKOR50mm F1.4

(18)薬品類

(19)充電器、電池などの小物類

(20)着替
(トランクス2、靴下2、Tシャツ2、長袖シャツ1、バラクラバ、手袋、タイツ、洗面道具)

これで8キロほどです。ただカメラはウェストポーチの中に入れてましたので、ザックの重量としては7キロほどで、それプラス山谷袋とその中身の重量2キロ強、そして食料や水が加わりますので、だいたい10キロ~11キロを背負っていたと思います。

細かい物については改めてエントリーします。
(1)~(20)までの装備とは別にTシャツ、トランクス、トレッキングパンツ、靴下、靴という常時着用しているものが加わります。

Tシャツについては、1枚は綿製、スペアは速乾製生地、トランクスはユニクロのドライ製品(綿混のものよりも、化学繊維だけのもののほうが良いと思います)でしたが、結局3枚持っていたのですが、須崎で一枚、雲辺寺への登り坂で一枚、合計2枚紛失してしまい、それからは1枚だけで過ごしました。

失った理由は、洗濯後手に持って乾燥させていたのですが、買い物をした時と、急な上り坂だった時に、ザックのポケットに引っかけていて落としたのです。それからは洗うのが夜の場合は朝まで干して生乾きではいていましたし、昼の場合はノーパンで歩いて、次の朝にはくということをしていました。

特に上記の装備で問題はなかったのですが、久万高原で雪が降ったときにはさすがに足下が冷えたので、それからは使い捨てカイロを常時持参していました。

やはり軽くて速乾性のあるものを選んだほうが楽だと思います。ウェアはまた書きますが、撥水性のあるトレッキングパンツでしたので、レインパンツをはく機会はあまりありませんでした。少しぐらいの雨ならそのままでした。

それと白衣を着るので、Tシャツに白衣、あるいはTシャツ、フリース、白衣、というパターンがほとんどでした。

靴下は3パターン持って行ったのですが、厚手のものを2着で良いと思います。同じタイプのほうが良いかもしれませんね。靴と靴下というのが重要なのかもしれません。ボクの場合はモンベル・GORE-TEX メドーウォーカーというのを使用しました。GORE-TEXのものは雨の日でも中が濡れないし、川を渡るところが何カ所かあるので、その時にそのまま歩いて行けるという利点もあります。

またそのあたりの細かいことも書いていきたいと思います。