Tags: へんろ

お遍路さん情報誌「へんろ」

In : 結願後, Posted by 田原笠山 on 2009/07/04

「へんろ」は伊予鉄不動産が発行している月刊のへんろ情報誌です。
お遍路さん情報誌「へんろ」

伊予鉄不動産 「へんろ」編集部/お遍路さん情報紙「へんろ」

全国で唯一、月刊のお遍路さん情報紙です。(四国霊場会公認)
全札所を結び、お四国遍路に関する様々な情報を発信しております。

年間購読は送料込みで1440円です。こうして四国を離れ暮らしていると、四国のことが懐かしく思い出されます。

1月号の表紙は「高知・そえみみずへんろ道 ヘンロ小屋31号落成」という記事でした。ボクが歩いていたときは、ちょうど高速道路の工事のために通行止めで、結局大坂遍路道を登りました。こちらのほうが少しだけ距離が短く、へんろみち保存協会の方たちが復元・整備されているようで、歩きやすいのかもしれないですね。

「酔芙蓉」と名付けられたそのヘンロ小屋が作られた経緯が中外日報社さんのウェブサイトに載っていましたので、そちらを引用します。「へんろ」にも書かれています。

“酔芙蓉さん”を偲ぶヘンロ小屋(社説):中外日報社

これまでの小屋は、歌教授の設計図をもとに、有志の持ち寄った寄付金や、企業のメセナ活動により建設されてきたが、「そえみみず」は故・石橋敬子さんの兄弟姉妹による”一寄進”で建てられた。

大阪府東大阪市に住んでいた石橋さんが熱中症のため、そえみみず遍路道で倒れたのは、平成十五年七月の暑い日だった。

ボクは、今も考えるときがあるんです。どうして歩いたのかなあ、なんて。そして何かを得たかというと、それも分からないし…。苦しかったり辛かったりしたこと、空腹だったり寒さに震えたりしたこと、は、身体が憶えているのですけれど。

そんな苦しかったり辛かったりした時、道路の向こうにヘンロ小屋が見えるとうれしくなったものです。砂漠のオアシスのようなものかもしれません。夜、野宿する場所がなくて、ヘンロ小屋に辿り着いたときの安堵感。その空間にいることで慰撫される疲れた心と身体の感覚も、憶えています。

ヘンロ小屋の記憶のほうがその街や札所よりも濃いという人もいるかもしれませんね。ボクも、夜を過ごしたヘンロ小屋のことはよく憶えています。やはり街並みよりもヘンロ小屋のことのほうが印象深かったところもあります。

そういう意味でも札所を繋ぐ道を、これまた繋ぐのがヘンロ小屋なのだろうと思いました。そしてその小屋を無料で使えるということに、感謝しなければならないのだろうと思いました。

前回「結願後の四国とのつながり」では、四国の特産品をスーパーで見かけるとついつい買ってしまい、そして懐かしく思う、ということを書いたのですが、毎月届く「へんろ」を見ることも、ボクにとっては、つながりで、あの日々のことを思い出すスイッチとなっています。

そしてアルバムを拡げては色あせていない思い出を手繰り寄せているのですけれど。

雨と暑さで大変な時期だと思います。遍路中の皆さんにおかれましては、どうぞ無理をなされずに、ゆっくりゆっくり、ヘンロ小屋で休憩しながらおまわり下さい。

十楽寺にて、仏と献花