Category : 18日目

大坂遍路道(18日目の1)

In : 18日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/05

例えば朝の気温が5度だとしても、秋と春とでは、春のほうが暖かく感じるのではないかと思う。季節が暖かい日に向かっているか、寒い日に向かっているかで、身体も気持ちもそれに対応しようとするのだろうし…。

カーブミラーも冷えてます

カーブミラーも冷えてます


大坂休憩所の朝は、犬の散歩(人の散歩に犬が付き合わされているのかもしれないけれど)の声で目がさめた。いつものこと、なのだけれど、なんだか決まりの悪さを感じる。と言ってのその日は4時30分だった。まだ朝の匂いもしなかった。

ボクはぼんやりしながら、小屋の側にあるトイレに行った。そして洗顔、歯磨き。それでもまだ5時を少し過ぎただけだった。寒い。パッキングを済ませる。そのまま夜が明けるまで座っていた。

6時10分、少し明るくなったところで出発した。川沿いの道路。冷え切った空気が、その川面から道路に忍び寄っていた。冷えたせいか膝が痛かった。引きずるように歩いた。

四国横断自動車道阿南中村線の橋脚の工事をしていた。その柱がまるでなにかの墓標のように見えた。その場所にはまるで馴染んでいなくて、例えば冬の日の立ち枯れたヒマワリのようでもあった。そこに造ったというよりも、そこに置いたという感じがした。

大坂遍路道はその橋脚を過ぎて奥大坂、大坂谷川が谷となり細い流れになるところで、一気に高度を上げる。地図に「降雨の歳は滝の流水で通行不能の場合がある」と書かれている滝のあたりから七子峠まで高度差200メートルを這い上がるように登ってゆく。途中竹林、キーキー」と竹の擦れ合う音に驚かされる。人の気配がしなかった。道に踏み跡はあったとしても…。

8時、七子峠着。きびしい登りだったのだけれど、フリースを着たままだった。風も強い日だった。ヤマザキスナックスティック9本入り(一昨日買ったもの)とミルクティーで朝食。カップコーヒーも飲む。少し休憩して遍路道を通って影野をめざす。急登で膝が痛みが増していた。それでも、人に見られていると思うと、キチンと歩くようにした。なぜだかそうした。それでも、変な動きになっていたのだろうと思う。

下り坂、時間とともに気温も上がっていったし、ボクも汗ばんできた。途中フリースを脱ぐ。身体が温まると、膝の痛みも薄れていった。峠で飲んだ鎮痛剤が効いてきたのかもしれないと思った。

暖かくなりそうな予感が少しだけ気持ちを軽くしていた。9時10分、影野、六十余社へんろ小屋着。休憩、というよりも、「もう歩きたくない」と日記に書いている精神状態だったのだろう。歩きたくなかった。そこに泊まろうかとも考えていたのだけれど…。

奥大坂の橋脚

奥大坂の橋脚



そして岩本寺(18日目の2)

In : 18日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/05

動きたくない気持ちをなんとかなだめて、歩き始めた。
9時40分、六十余社へんろ小屋発。影野駅近くの弁当屋に美味しそうな稲荷寿司が並んでいた。ところが人がいない。「すみません」と何度か呼んだけれど応答がない。しばらく店の前に座って待っていた。10時だった。

と、Kさんがやって来た。ずいぶんと久しぶりのような気がした。何日ぶりだろうか。ボクは手を振った。店の前にやって来た。「お久しぶりですね」と言った。
「そうだね。何してる?」
「いなり寿司を買おうと思っているんですが、誰もいなくて」
「そうなのか。すみませ~ん、誰もいませんか」とKさんが大きな声で呼び始めた。そして「この2階にいるんじゃないのか」と、階段の下に行って呼んだ。「もしも~し」。

すると2階のドアが開いて、おばさんが「ああ、すみません」と階段を降りてきた。ボクもKさんも稲荷寿司を頼んだ。ここのおばさんはボクたちのことを「お四国さん」と呼んだ。そして代金を受け取ろうとしなかった。なんだか申し訳なく感じたのだけれど、ボクもKさんも、「じゃあ、頂きます」と、同時に言った。

そのいなり寿司

そのいなり寿司


「なんだか悪いことしたね」とKさんが言った。
「そうですね、随分待ったようなことを言いましたし」
「そうだね」
なんてことを話ながら並んで歩いていた。ボクは膝が痛かったので、Kさんと同じ速度で歩くのが辛くなった。少ししてスリーエフがあったので「Kさん、ここで買い出ししますから、先に行っていて下さい」と言った。

「あ、私も買い物する」とKさんと一緒にスリーエフに入った。Kさんは飲み物と何かを買って、すぐにレジに向かった。支払うと、ボクの側に来て「じゃあ、先に行ってるね」と言った。「はい、また」とボクは答えた。

10時30分。買い物が終わると、店の横にあったベンチに座った。そこで今買ったチリメンコンブご飯とおでん厚揚げの昼食をとった。遍路小屋を出発して1時間も経っていなかった。動きたくなかった。膝が痛かった。

ご飯を食べ終わると、「行かなきゃ」と声に出して立ち上がった。

11時20分、ゆういんぐしまんと(観光物産センター)着。また休憩。ここでは無料のシャワーを使わせていただく。膝を温める。頭を洗い、身体を洗う。久しぶりのシャワーだった。10月29日に奈半利のホテルに泊まって以来、一週間ぶりだった。頭髪は水で洗っていたとしても、そして身体を拭いていたとしても、なんだか気にはなっていた。白衣も洗いたかった。

12時出発。少しだけだけれど、痛みが和らいだように感じた。気持ちも少し落ち着いてきたようだった。それでも不安だった。この先、足摺までの長い道が待っていた。

12時30分、道の駅あぐり窪川で、トイレ休憩。
13時00分、三十七番札所岩本寺着。ちょうどKさんが出発するところだった。「道、わかりにくかったよね」と聞いてきたので「そうですね、なんだかグルグル回っているようで」と答えた。「今日はどこまで」

「まだ決めてないのですが、佐賀あたりまで行けたらと思っているんです」
「そうか、私は佐賀温泉に予約したから」
「じゃあ、また逢うかもしれませんね」
「そうだね、じゃ、先に行ってるね」
「はい、また」

ボクは本堂に向かった。なぜだか哀しくなった。膝の痛みが増していた。

青空に金剛杖

青空に金剛杖



佐賀温泉、温泉三昧の一日(18日目の3)

In : 18日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/05

毎日30キロとか40キロとか歩いていたのだけれど、その間何を考えていたかというと、よくは思い出せないことについて、考えていたというか、思っていたというか、それぐらいの感じだったのだろう。痛みが思考を止めたのかもしれない。なにかに酔ったような、例えばウォーキングハイみたいなもの、だったのかもしれない。

岩本寺で会った自転車遍路

岩本寺で会った自転車遍路


13時40分、岩本寺発。国道56号線からはゆっくりした登り坂。少しの勾配を身体が感じ取るようになっていた。相変わらず膝は痛かった。

15時、金上野(きんじょうの)で、朝買ったいなり寿司と赤飯おにぎりを食べる。食べると少しは気持ちが紛れた。痛みが和らぐように感じた。「高知は辛い」と日記に書いた。これから三十八番札所金剛福寺まで70数キロ、「3日? 25キロ、25キロ、25キロ」と続けて書いている。

思い出しているのだけれど、たぶん、ここが一番の難所だった。先も見えなかった。

16時30分、佐賀温泉の駐車場にあるへんろ小屋「しんきん庵」に到着。幡多信用金庫の寄贈した小屋ということだった。また改めて書くけれど「へんろ小屋プロジェクト」のひとつとして建設されたものなのだろう。その小屋はふたりが寝られるスペースがあって、真ん中には弘法大師の像が建っている。その夜はボクひとりだったのだけれど。

少しして、菅笠と金剛杖だけを残して佐賀温泉に行った。そして温泉に入った。Kさんもちょうど風呂に入っていた。「あ、いましたね」と話しかけた。
「ああ、今さっき着いたよ」
「ボクは、風呂だけですけれど」と少し話してから、Kさんは上がっていった。

30分ほどいて、それから食堂に行った。泊まり客の食事はまだのようだった。ボクは唐揚げ定食を注文した。温泉代が500円、唐揚げ定食が900円だった。ボクが食べている間にも、遍路の泊まり客がチェックインしていた。

食べ終わると、預けていた荷物を引き取って、それから遍路小屋に戻った。Kさんも含めて4~5人、佐賀温泉に泊まっているようだった。そのすぐ横の小屋で野宿する、という、なんだか格差みたいなものを考えていた。そのことがボクを少しだけだけれど、哀しくさせた。

寝袋を出した。マットの空気を入れた。と、旅館のお姉さんがやって来て「これ、お遍路さんのですよね」と、ボクが食堂に忘れたタオルを持ってきてくれた。なんだか申し訳なかった。ボクは今出した寝袋の中に収まった。まだ18時だった。今日はゆういんぐ四万十、佐賀温泉と2回も風呂に入った。2日に分けたいもんだ、と思った。

膝は相変わらず痛くて、鎮痛剤を飲んだ。それが効いたのか、30分もしないうちにボクは眠りに落ちていた。

佐賀温泉の遍路小屋

佐賀温泉の遍路小屋


後に見える活魚トラックが夜中にエンジンを停めないままだったので、排気ガス臭かった…。もう少し離れた場所に停車してくれれば……。

*大坂休憩所~佐賀温泉
*佐賀温泉、遍路小屋しんきん庵泊

(出費)
・スリーエフ窪川替坂店
チリメンコンブご飯 300円
おでん厚揚げ 80円
スナックスティック(9) 179円
おにぎり赤飯 125円
おにぎりリーゼントくん 110円
(小計 794円)

・佐賀温泉
入浴 500円
唐揚げ定食 900円
(小計 1400円)

・自販機
カップコーヒー 100円
ミルクティー 120円
スポーツドリンク 150円

合計 2564円