Category : 11日目

見淸淨句是菩薩位(11日目の6)

In : 11日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/29

「見淸淨句 是菩薩位」とは「理趣経」にある偈なのだけれど、意味は「欲心を持って異性を見ることも、清浄なる菩薩の境地である」ということらしい。

理趣経 – Wikipedia

真言密教では、「自性清浄」という思想が根本にある。これは天台宗の本覚思想と対比、また同一視されるが、そもそも人間は生まれつき汚れた存在ではないというものである。『理趣経』は、この自性清浄に基づき人間の営みが本来は清浄なものであると述べているののが特徴である。

特に最初の部分である大楽(たいらく)の法門においては、「十七清浄句」といわれる17の句偈が説かれている。

この「十七清浄句」の7番目が「見淸淨句是菩薩位」。1番目は「妙適淸淨句是菩薩位」。「男女交合の妙なる恍惚は、清浄なる菩薩の境地である」ということなのだけれど、「男女交合」も「菩薩の境地」であって、性欲や性行為を含めて「人間の行動や考え、営み自体は本来は不浄なものではないと述べていることがその肝要である」ということが、「理趣経」の趣旨なのだろう。

羽根岬の夕陽を見ていたら、すっかり夜になってしまって、国道沿いを歩く白衣の遍路は車のヘッドライトに照らされて、きっと中には驚く運転手もいるのだろうと思った。小さな子供は泣き出すこともあるだろうと思った。

ドライブインなぎさの横の浜で、盛大に焚き火をしている遍路がいた。テントを張ってのキャンプだった。すぐ横には川が流れていて海に注いでいたのだけれど、その水で沐浴でもするのだろうかと、思った。まさか風呂を沸かしたりはしないだろうけれど…。

ホテルなはりは思ったより遠かった。ショップヨシダで夕食や非常食を買った。そこからすぐ、ホテルなはりはあった。久しぶりの家だったし、久しぶりの布団、風呂、暖かい部屋、欲望は全て揃えられていた。受付のお姉さんに少しだけ、欲情もした。

そのお姉さんに言った。「あの室戸の割引券はいけませんね。ここまで連れてくる」ということを言った。

その部屋は旧館の3階で、窓を開けると新館の壁が目の前にあった。取りあえず洗濯をした。風呂に入りながらの手洗いで、ほとんどのものを洗った。寝袋、カバー、テント、グランドシート、全ての物を干した。窓を開けたまま暖房を効かせた。そのほうが乾きが早いと思ったからだ。

衣類はエアコンの吹き出し口の所に吊した。そうしておいて、下の階の大浴場へ向かった。洗濯機も乾燥機もあったのだけれど、「もういいや」と思い、風呂につかった。落ち着いたら、体中が痛くなった。

部屋に戻って、夕食を食べた。おにぎりセット、カップ焼きそば、卵焼き、あんパン、かなりの量だったけれど、平らげた。それでも何か物足りない気分だった。もうその空腹感は満たされないようでもあった。神経がどこか壊れていて、欲求は満たされることがないようにも考えていた。食べても、寝ても、その欲望の器は、底が抜けていて、そこから漏れているようにも感じていた。

充電した。携帯もカメラも。それからベッドに入った。すぐに眠くなった。何度も目がさめた。何度も目がさめてその場所を確かめた。そしてその間に夢を見ていた。夢精したのはその夜だった。

国道55号線

*三津~奈半利
*ホテルなはり泊

(出費)
・Yショップ室戸店
まるごとソーセージ 121円
手巻きおにぎりツナマヨ 116円
手巻きおにぎり梅 105円
手巻きおにぎり 四万十のり 105円
ポリッピー 100円
ピーナッツチョコ 104円
乾電池単三×4 263円
(小計 1019円)

・ショップヨシダ
おにぎりセット 200円
卵焼き 150円
カップ焼きそば 178円
パン 100円
あんパン 100円
ピーナッツ 2個 210円
(小計 938円)

・自販機
缶コーヒー×2 240円
スポーツドリンク 150円

・ホテルなはり 3500円
朝食バイキング350円

合計 6197円