Category : 43日目

女体山、母なる山で(43日目の1)

In : 43日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/30

道の駅ながお、売店裏の軒下、最後の日のねぐらで5時少し過ぎに目がさめた。朝の気配はしていなかった。山間は海辺よりも朝が遅いようにも感じていた。日の出や日照時間というよりも、なにかゆっくりとした始まりをいつも感じていた。

トイレに行き、洗顔をした。そして自動販売機でココアを買った。昨夜遅くに着いた遍路であろう人のテントもまだ夜の中にあった。ココアを飲むと、パッキングを始めた。43回目のパッキングだった。ザックのハーネスもくたびれていた。道具だけではなくて、ボクもくたびれていた。こけた頬は精悍というよりも、くたびれた顔だった。白衣は純白ではなくて、背中や肩のあたりは汗で汚れていたし、ザックの色も移っていた。金剛杖は12センチ減っていた。何もかもが43日という時間の中で変化をしていた。

6時00分出発した。まだあたりは暗かった。ヘッドライトを持っての出発だった。少し興奮していた。県道3号線を左折して遍路道に入った。少し行った三叉路を、どうしてなのか分からないのだけれど、左折してしまった。その方向が正しいように感じたからだ。途中、民家がある辺り行き止まりになり、間違いに気が付いた。まだあたりは暗かった。三叉路まで戻った。

道標が見えなかったことが迷う原因になった。今度は道標を確認して右へ折れた。少しずつ空が明るくなっていた。来栖神社のところを通るルート。川沿いを高度を上げていった。遍路転がし、おそら斜度で言うとここが一番キツイのではないかと感じた。それでも結願ということがそれを麻痺させる。

笑顔スマイル

笑顔スマイル


「笑顔スマイル」という遍路札が木に掛けられていた。笑えなかった。

太郎兵衛館の分岐から少し車道を歩き、それから女体山に向けてさらに厳しい登りになった。標高は500メートルを越えていた。風も強くなっていた。気温が上がらない。それどころか休憩していると寒くなった。脱いだり着たりを繰り返していた。やっぱりこの登りが一番キツイと考えていた。平成へんろ石72番から同じく67番、そして山頂まで一気に300メートルを登ってゆく。頂上直下では攀じるという場所もあり、遍路というよりも登山になった。

2時間30分で女体山山頂に着く。女体宮があり、そして休憩所がある。その休憩所でチョコチップパンの朝食を摂った。眼下には讃岐平野が広がっていた。通ってきた場所が一望できた。昨日、一昨日の出来事だった。それでも遠い昔のことのように感じていた。

たぶん、ここでほとんどの遍路は泣くのだろうと思った。それほど厳しい登り、そして、それほど遥かな道程だった。吹きさらす風が想い出を蘇らせてくれた。餓え乾き、そして眠れぬ夜を過ごし、疲労もピークに達していた。疲れが感情を激しく揺らした。そこがピークだった。あと少し下って行けば八十八番札所、結願寺だった。そしてボクも泣いていた。

女体山、母なる山で生まれ変わる。擬死再生。ボクは胎蔵峰を目指して歩き始めた。もうそこだった。

讃岐平野

讃岐平野



大窪寺、結願(43日目の2)

In : 43日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/30

女体山を下ると自動車道に出る。階段を降りるのだけれど、そこを西へ矢筈山の方へ行き道に迷う人がいるということだった。その「お知らせ」の貼紙が山頂に貼られていた。迷った当の本人が貼紙を作りそこに掲示していた。ご本人が来られて貼ったのかどうかは分からなかったのだけれど、きっとそうしたのだろうと思った。

道迷いのお知らせ

道迷いのお知らせ

四国らしいというか、とてもありがたい「お接待」だった。普通はそこまでしないと思う。自分が道迷いしたからと言って、わざわざもう一度迷った地点にやって来て、次の人たちのために注意書きを残す。「茨木市 ○○」と書いていたので、四国の人ではないのだ。

迷いそうにない場所でも人は迷う。例えばその日の朝のボクがそうだった。簡単に反対方向に進んでしまう。睡眠不足や疲労が方向感覚を鈍らせる。道迷いだけではなくて、事故もそうやって起きる。結願ということで前しか見えなくなる場合もあるだろう。気持ちが焦ってしまうこともあるだろう。そう思った。

自動車道に出てそしてまた山道に入った。もう下りだ。少し行って番外霊場、八十八番奥之院胎蔵峰への道が分かれている。右折してその道へ入った。200メートルほどの距離にあった。9時00分到着。誰もいない、そして風の音と木々を揺らす音しか聞こえなかった。

最後のくだり、直下に大窪寺

最後のくだり、直下に大窪寺


この高度感。落ちる、あるいは産まれるという感じ。そういう順番を歩くことになる。女体山、胎蔵峰、大窪寺なのだから。死に、そして生まれ変わる。

9時20分出発。打ち戻って、今度は一気に300メートルを大窪寺まで下ることになる。階段が敷設されていた。直下に八十八番大窪寺が見えた。感動し興奮した。なにかを完遂したという感覚ではなくて、やっと辿り着いたという安堵感のようなものだった。

そこは確かに結願寺ではあったのだけれど、終点ではなかった。そういうこともあってか、寺の境内に降り立った時には何か出発する時のような気持ち、少し緊張して喉が渇いて、そして鼓動が早くなるような感じだった。

9時40分着。
広い境内だった。本堂に行き、そして離れた大師堂に行った。金剛杖が奉納され「宝杖堂」(ほうじょうどう)には数千本、いやもっとかもしれない金剛杖が並んでいた。ボクは奉納しなかった。まだ高野山があった。そこまでは同行二人だろうと考えていた。

「万感胸に迫るものがある」と言われるようなものはなかった。女体山山頂や、胎蔵峰からの下りのほうがその感覚があった。たどり着いたら、次のことを考え始めた。高野山、その前に一番札所霊山寺へのお礼参りがあった。

終わりではなかった。
「人生即遍路、そして、人生なお即遍路」と日記に書いた。多くの遍路も、そういった気持ちを持つのだろうと思った。そしてまた始めるのだろうと思った。それが遍路なのだろうと考えていた。

大窪寺宝杖堂にて

大窪寺宝杖堂にて



そして十番切幡寺、徳島へ(43日目の4)

In : 43日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/30

10時30分に出発した。
八十八番札所大窪寺を打ち終えた、というか四国遍路を結願したボクは、一番札所霊山寺にお礼参りに行き、それから高野山に参詣して巡礼を終えようと思っていた。そういう意味では、まだ終わってはいなかった。

国道377号線五名トンネルの手前を右折して大影小学校へ出るルートを歩いた。右折して少し行くと徳島県に入った。戻ってきた、という感じがそこでした。橋の欄干には「徳島へ40キロ」と書いていた。その数字が実感させてくれた。

徳島県市場町大影にて

徳島県市場町大影にて

12時15分、相栗バス停前休憩所にて休憩。昼食をとった。いつものようにソーセージとカロリーメイト、非常食を食べ尽くす1日となっていた。コンビニのない日はいつもそうだった。いったい何本ソーセージを食べたのだろうと考えていた。

12時35分出発。ゆっくりとした下り坂を南下していった。秋晴れの天気は心地よかった。心地よかったのだけれど、一時間もあるけばお腹が空いてきた。犬の墓北のバス停の先だったか手前だったかに、お菓子の自動販売機があったので、プリングルスのポテトチップスを買って食べた。

そして犬墓大師堂を過ぎて、もう徳島自動道が遠くに見えるあたりに「手打ち阿波うどん」の看板があった。やっと温かいものが食べられると思ったら、ちょうど休業日だった。店内をのぞいたら店の人が出てこられて「すみません」と申し訳なさそうに言った。そしてお接待にオロナミンCをくれた。なんともこちらのほうが申し訳なかった。そのオロナミンCを飲んだ。

徳島自動車道の高架をくぐり、しばらくして左折、県道を歩くと懐かしい感じがした。そして43日前に通った道に出た。しばらくすると切幡寺の山門前に着いた。懐かしかった。ふじや食堂の前まで行った。おばさんと目が合った。ポン菓子(スウィートライスと言ったいたけれど)をお接待に頂いたのだけれど、たぶん、何十人何百人のうちの1人だから、ボクのことは憶えてなさそうだったので、頭だけ下げてお土産物さんの前のベンチで少し休憩した。15時30分だった。

ねぐらのことを考え始めた。結願しても同じなのだ。食べたり寝たりすることから開放されるわけではないし、歩く以上に難しいのが眠ることなのだ。考えながら、出発した。「初日に泊まった上板総合公園に行こう」と思った。そうすることが一番良いように思えた。それに分かっていた。探す労力が要らなかった。

2日目に歩いた道を上板に向かった。記憶はかなり正確だった。懐かしかった。法輪寺からは札所経由ではなくて県道12号線を歩いた。国道318号線との交差点にあるサンクス土成店に寄った。16時12分だった。夜が近づいている気配がしていた。少し急いだ。急いだところでたかがしれている。ゆっくりゆっくりと影が伸びていった。県道235号線との交差点あたりで、西の空は朱色に染められていた。

阿波市吉野町五条あたりにて

阿波市吉野町五条あたりにて



十善戒(43日目の3)

In : 43日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/30

大師堂での納経が終わり宝杖堂や原爆の火に手を合わせてから納経所に向かった。

4人組の遍路が墨書朱印の順番を待っていた。その後ろに並んだ。大窪寺では四国遍路を打ち終えたという証明書「結願証明」を発行している。確か2000円だったと記憶している。賞状入れの筒も付いていた。ボクはそれを頼まなかった。それをどこに飾っとくのかということも考えし、証明書の意味がよく分からなかった。納経帳や御影札もあるのだから、なんて考えた。

遍路講の奉納札

遍路講の奉納札

というよりも、その待ち時間の長さにうんざりしていた。墨書朱印、判衣への御宝印、結願証明書、お土産、と四国八十八か所で最も忙しい納経所であるように感じた。4人がそれぞれ行う。長く感じたのだけれど、実際には20分いやもう少し短かったかもしれない。そのことに少し苛立っていた。「どんだけ買い物するんだよ」なんて思った。

それが結願した遍路の心の中だった。万感胸に迫るものがあり、感動に打ち震えるのではなくて、待っていることに苛立って拳が震えていたのだから、なまくら坊主ならぬなまくら遍路なのだ。そして「いったいその賞状をどこに飾るんだよ」と思った。

そうした時間と思いがボクを結願証明書否定派にしたのだろう。たったそれだけのことなのだ。人の精神状態は常に止まることがない。悟りなどほんの一握り、特殊な能力を持った人しか出来るわけがないのだ。だから人は巡り続ける。10回、20回、あるいは100回の錦の納め札の存在自体、人の無力さの証明なのだから。

空海の、あるいは四国の、そして宗教の存在はそこに寄り添っている。たかが四国を一周しただけで悟れるぐらいなら、坊主なんていらないのだから。

と、思っていた。
そしてそれで良いと思った。終わったわけではないのだから。

納経が終わり、境内の写真を撮らせていただいた。どんなに遠くても納経をすませてからまた本堂や大師堂に行って撮影するということは最後まで守った。そして合掌礼拝、開経褐、普禮真言、懺悔文、三帰、三竟、十善戒、發菩提心真言、三昧耶戒真言、般若心経、御本尊真言、光明真言、御宝号、回向文をどの札所でも読経できたのもボクにとっては自慢だった。ご詠歌を唱える人もいるのだけれど…。

そのことのほうが、ボクには感動的だった。というか、それぐらいしか出来なかったということなのだけれど。歩いて、唱えて、守って、野に寝る。

山門を出てお土産を少し買った。大窪寺名物葛湯を買った。そしてまた歩き始めた。国道377号線を歩いていた。その頃になって、「それだけのこと」の辛さを思い出していた。万感胸に迫るもの、それはやっぱり辛苦の日々だった。思い出して、「ちくしょ~」と叫んだ。そしたら涙が流れた。鼻水も流れて苦しくなった。それでも歩いた。「終わっても遍路、人生なお遍路」とつぶやいた。

結願御礼の奉納石柱

結願御礼の奉納石柱



巡礼、ボクとの出逢い(43日目の5)

In : 43日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/30

夜がまたきた。いつも通りだった。ボクの中の何かが変わっていたということもなかった。奇跡はそう簡単には起こらない。覚醒するなんてこともなかった。まったく同じことが繰り返されていた。そして目の前の風景も同じだった。

県道12号線と14号線の交差点を左折して宮川内谷橋のところでヘッドライトを取り出した。車のヘッドライトで道は確認できてはいたのだけれど。

橋を渡りきって県道139号線に入った。上板局、上板町役場、43日前に通ったときと同じ風景だった。夜だったのだけれど、ハッキリと覚えていた。そして12号線に合流、スーパーでぐちに着いた。18時ちょうど。当たり前なのだけれど、同じものがそこにあった。どこに弁当売り場があるかは、分かっていた。ボクは常連客のようにそこへ一直線に向かった。そして夕食用の食料を買った。

スーパーでぐちを出て上板スポーツ公園グラウンドに向かった。あの日、10月19日、四国での初めての夜と同じだった。時間もちょうどそんな時間だった。懐かしかった。18時20分、公園着、そのまま今度は3塁側ベンチに向かった。1塁側にあのミスタースモークが来たら、なんて考えたので3塁側を選んだのだ。

上板スポーツ公園1塁側ベンチ(2日目10月20日に撮影したものです)

上板スポーツ公園1塁側ベンチ(2日目10月20日に撮影したものです)

着いて腰を下ろす。あたりはすっかり夜。
ボクはスーパーで買ったいなり寿司やカボチャ煮、高野豆腐の煮物、少し贅沢な夕食をとっていた。1塁側で何かが動いた。そしてライトが灯った。誰かがいるのだ。きっと先に来た遍路がいるのだろうと思ったし、それらしいシルエットだった。

ボクもその遍路もどちらともそのままでいた。何度か挨拶に行こうかと考えたけれど、なにも話さないほうが良いように思えた。

あの日のボクがいるように感じた。
ボクはじっと暗闇の向こうでかすかに動く影にボクを見ていた。いろいろな気持ちを抱えて不安な一日目の夜を過ごしている。疲れ果ててはいるものの、眠れぬ夜。不安ばかりが膨らんでしまって、朝の来るのを待ち望む深夜。夜の底に沈みこんだ闇、そして恐怖。

もうずいぶん昔の出来事のようでもあった。反対側のベンチにボクがいるのだけれど。まるで懐かしい写真を見るようでもあった。終わりの始まり。

食事が終わるとグランド入り口のところにある水道で顔と髪を洗って体を拭いた。そのあとベンチに戻り寝袋にもぐりこんだ。寒い夜だった。ボクたちは沈黙の夜の中にいた。そしてボクは眠りに落ちた。

朝焼けが東の空に見える霊山寺、大麻町

朝焼けが東の空に見える霊山寺、大麻町

さぬき市前山~ 板野郡上板町
上板スポーツ公園泊

(出費)
・大窪寺野田屋
くず湯3個 1000円

・サンクス土成店
輝く微糖コーヒー 137円
ウィダープロテインバー 137円
スナックパン8P 179円
おにぎりツナマヨネーズ 105円
おにぎりカツオオカカ 115円
(小計 673円)

・スーパーでぐち
いなり寿司 300円
かぼちゃ煮 178円
高野豆腐 105円
菓子パン 137円
(小計 730円)

・自動販売機
缶ココア 120円
缶紅茶 120円
缶コーヒー 120円
プリングルスポテトチップス 150円
(小計 510円)

(合計 2913円)