Category : 42日目

屋島ピラミッド、山頂の水族館の不思議(42日目の1)

In : 42日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/29

4時10分、いつもより早く目がさめた。結願を次の日に控えていて、少し興奮もしていたのだろうと思う。あれほど痛んだ膝の痛みもいつのまにかなくなっていた。それでもサポーターは着けていたのだけれど、それはお守りのようになっていた。

コーヒーを飲んで、それから風呂に入った。結願する身支度、身体を清めるという気持ちもあった。それからパッキングして6時00分出発した。一度春日橋まで戻ってから、まだ明けやらぬへんろ道を歩いた。新春日橋で国道11号線を右折した。屋島はそこにあって、あの宇宙的な山容が朝焼けに浮かんでいた。まるで人工物のように思えた。ピラミッド。そしてそこにあっても何ら不思議もないように感じていた。

高松琴平電鉄志度線かたもと駅のところを左折し屋島の登山道に向かった。池に沿ってある公園、そこを通り遍照院あたりから急な坂になる。地元の人たちの散歩コースなのだろう、日曜日の朝早くから歩いている人たちがいた。

その急な坂を登り、八十四番札所屋島寺には7時10分に着いた。不思議なことにこの山の上に水族館がある。観光地として集中させるということでは、便利なのかと考えた。

納経が終わり納経所を出たら、雨が降り始めた。それもかなり激しく。夕立ならぬ朝立ちだ。狸の嫁入り。納経所の隣にある休憩所で雨が止むのを少し待っていた。ボクより先に来ていた遍路は合羽を着て行ったようだった。10数分待って、少し小ぶりになったところで出発した。7時50分。屋島寺からホテル甚五郎の前を通り屋島ドライブウェイを渡り県道150号線に出るルート、へんろ地図にある「甲ルート」だ。

屋島ホテル甚五郎前から

屋島ホテル甚五郎前から

雨上がりということもあり、そして急な下りで、かなり怖い道だった。雨は強く降ったり止んだりを繰り返しながら、川を渡る頃にはすっかり雨雲は遠ざかっていた。

須崎寺を通り、有名なうどん屋「山田屋」の前に出た。ここのうどんを食べようと思っていたのだけれど、9時前、開店まで時間があった。あきらめて坂道を八栗寺へ向かった。

9時00分、八栗ケーブルやくりとざんぐち駅到着。トイレを借りて、そして近くにある「そば処六六庵」に寄った。そばなのだけれど、うどんを注文した。そしておでんも食べた。出るときに「安宅屋羊羹」というのを2本いただいた。

ケーブルの横から八栗寺への参道はあった。急登。だからケーブルがあるのだろうけれど。9時25分出発。

その急登を歩いて、9時45分、八十五番札所八栗寺到着。紅葉が綺麗だった。少し遅い、というか、このあたりが暖かいからだろうと思った。そしてその紅葉目当ての観光客や参詣の人、遍路で寺は賑わっていた。厳しいところにある寺のほうが人が多いように感じた。それだけ「霊験」というものを感じるのかもしれないと思った。

10時15分八栗寺出発。県道145号線を讃岐牟礼へ下って行った。「あと3」と、世界のナベアツの真似をした。とにかく「3」だった。

県道150号線にて

県道150号線にて



女体山越え前の乳房越え(42日目の2)

In : 42日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/29

いよいよ結願に向かっていた。あと「3」だった。ゆっくり歩いたとしても明日には八十八番札所大窪寺にたどり着けるはずだった。

10時15分に八栗寺を出発して琴平電鉄志度線やくりしんみち駅で線路を渡り再度国道11号線に合流、左折した。道の駅源平の里むれに寄って少し休憩した。遍路のための小屋が作られていた。そこに入ると先客2名、タクシーの運転手2人が座り込んで話していた。ある意味彼らも遍路だろうと思った。そして先達でもあるのだろう。

道の駅の先から遍路道は県道に沿って志度寺に続いている。途中「焼カキ」の看板が並ぶ。そして平賀源内邸、地蔵寺と続く。そして八十六番札所志度寺に11時30分に着いた。

さぬき市、旧志度町の中心部にある札所ということもあってか、ここも多くの人で賑わっていた。中には近所の人もいて、納経が終わった後に声をかけていただいたりもした。そしてみかんもいただいた。金の納め札を頂いたのもこの寺だった。ボクの気持ちも軽くなっていた。それでだろうか、回りも軽快に動いているように感じた。

12時10分出発。国道11号線に出て、遍路道をすこしはずれて志度郵便局に行った。それから県道3号線を長尾寺に向かった。すぐに「麺喰」という食堂があった。12時35分、その食堂に寄った。昼食に親子丼セットを注文した。親子丼とうどん、それで500円だった。かなりの量で、お腹一杯になった。一杯というか140%ぐらいに…。

13時出発。ダラリとした坂道を山に向かって行った。天気は良くなっていた。気温も上がっていた。その坂道で薄っすらと汗ももかいていた。山に入ってゆくという時にある陰鬱さも少しあった。風景もけっしてカラリと乾燥したものではなかった。それでも遠く見える山のひとつが乳房に見えた。不思議にエロスを感じさせる山だった。

乳房山

乳房山

きっと遥か遠い昔の遍路たちもあの山を見て同じことを考えたのだろうと思うと、その乳房に永遠を感じた。そしてその時点でボクたちはひとつになったのだろうと思った。同行二人。時間の経過はそれほど重要ではなくて、何を感じるかが問題なのだろうと思った。

14時20分、八十七番札所長尾寺到着。ここまで来たという気持ちで一杯だった。バスツアーの人たちで境内は溢れていた。その1団に入って説明を聞いた。納経所では行列が出来ていた。ツアーの添乗員が数十冊の納経帳を入れたバッグを抱えていた。

道の駅ながおのところにあるおへんろ交流サロンの開館時間が気になっていた。17時までに着けるだろうかと考え始めた。長尾寺から6キロメートルと少し。そこで「結願証明書」をいただく予定にしていた。そして道の駅か、その交流サロン近くのへんろ小屋に野宿する予定にしていた。

14時55分、長尾寺出発。そこからもダラリとした坂を登って行った。とうとう残り1か所となった。少し雲が出てきた。山間の夕暮れは一気に夜になる。ボクは少し急いでいた。あとひとつというところになっても急いでいた。

長尾寺本堂

長尾寺本堂



胎蔵(42日目の3)

In : 42日目, 涅槃の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/29

14時55分に長尾寺を出発し、県道3号線鴨部川沿いの坂道を歩いていた。ここから大窪寺へのいくつかルートがあるが、大きく別けて2つ、女体山越えと国道377号線で登るルートだ。この女体山越えが、それまでのどのへんろ転がしにも負けず劣らず、難所だった。

女体山遍路道にて

女体山遍路道にて

ボクは前山おへんろ交流サロンか道の駅ながおに野宿をして、次の日に結願寺である大窪寺を打つ予定にしていた。16時20分、その交流サロンに着いた。閉館していた。誰もいなかった。16時までという貼紙がしていた。20数分…。17時ではなくて、16時だと分かっていたら間に合っていただろうと思った。それでも6キロ弱を1時間で歩くことは、かなり疲れるとしても。

交流サロンに隣接してある東屋の中にはすでにテントが2張あった。中で休んでいるようだった。同じように明日朝出発するのだろうと思った。ボクはその先の川原に下りた。そしてテントを張れる場所を探した。その辺りに張れば良いと思ったのだけれど、今にも雨が降り出しそうな空模様に変わっていた。朝から変な天気だった。

ボクは道の駅に行った。17時には閉店になると思ったので、その後にどこか軒下を借りて横になろうと考えていた。表側だと目立つので、裏に回った。そして店舗裏の軒下に腰を下ろした。もうそこに素泊りしようと思った。山の中で冷え込むと思ったけれど、そして雨も降るだろうけれど、それでもよかった。最後の夜だった。

暗くなってから、ボクはマットを出して敷いた。それから寝袋を出した。レースのカーテンのように街灯が霧雨を浮かび上がらせていた。それから少し雨足が強くなった。

食事をした。ソーセージとカロリーメイト、志度寺で頂いた柿を2個食べた。気温がスッと落ちるのが分かった。使い捨てカイロを足元に入れた。そして腰に一枚貼った。目を閉じたら眠っていた。

2時間ほどして目がさめた時にトイレに行き歯を磨き顔を洗った。前日ホテルに泊まったので、まだ綺麗だった。なによりも全てのものが湿気てなかった。それからねぐらに戻って寝袋に収まった。

少しして声がした。「あ、ここにテントを張りますから」と聞こえた。建物の横にテントを張っている気配がした。遅い時間に着く人もいるものだと思った。女体山越え、そして結願へのベースキャンプとなっていて、4組の遍路が明日を待っていた。雨は降ったり止んだりを繰り返してた。それでも、止む気配がしていた。テントからはラジオ番組が聞こえていた。ボクは眠った。

売店裏軒下 素泊り一泊無料也

売店裏軒下 素泊り一泊無料也

高松市春日町~さぬき市前山
道の駅ながお売店裏軒下泊

(出費)
・そば処六六庵
かけうどん 350円
おでん(厚揚げ、こんにゃく) 220円
(小計 570円)

・麺喰志度店
親子丼セット 500円

・自動販売機
缶コーヒー×3 360円
ミルクティー 120円

(合計 1550円)