Category : 30日目

そして雨の中青年は通り過ぎたのだ(30日目の1)

In : 30日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/17

ひと月が過ぎた。ちょうど30日目。季節は秋から冬へを移ろうとしていた。晩秋というよりも、初冬という感じの朝夕だった。

5時30分起床。少しボーっとして、6時に寝袋から出る。準備、そうしていると、自転車の男も起きた。「おはようございます」と挨拶をして、準備を続ける。「早目に出発して方がいいですよ。少し遅れているようだし」なんていわれたので、「そうですね」と答えた。

6時30分出発。霧深し。
サンクス宇和れんげ店、昨夜利用したところでトイレを借りて、洗顔をする。へんろ小屋には水場がなかった。それから買い物。どこか座ってと思っていたら、霧も深くて、座るところもなかったので、そのまま歩きながら惣菜パン2個を食べる。

宇和町瀬戸あたりにて

宇和町瀬戸あたりにて

鳥坂隧道手前の坂道の途中で、二人連れの遍路さんと、もうひとり朝ボクを追い越していったおじさんが朝食の弁当を食べていた。3人ともボクが泊まったへんろ小屋の先、宇和パークホテルに宿泊していたそうだ。二人連れのおじさんたちは6時前に出発したとのこと。

少し話して、先に出発した。雨が少し降り始めた。鳥坂峠の遍路道を通らないで鳥坂隧道を抜けた。長いトンネル、反射タスキを掛けて歩いたのだけれど、歩道がなくて怖かった。

トンネルを抜けてしばらくすると、自転車の元遍路に追い抜かれた。そして少し行った道の駅でまた男に会った。男はラーメンを作っていた。そして再度別れを告げた。この先もう一度見かけるのだけれど、その時は反対車線を通り過ぎて行った。ボクはそのまま歩いて札掛大師堂の下にあるラーメン屋の駐車場で休憩した。雨は降り続いていた。9時30分。

ココアを飲んで、膝のテーピングをし直して9時45分出発。雨が少し強くなっていた。レインウェアのパンツを着るかどうか迷っていた。北只南交差点の手前で右折、橋を渡って国道441号線を行くのが遍路道だった。雨。ひとりの青年に追いつかれる。「この道で良いんですよね?」と訊ねてきた。「うん、良いはずだよ、地図は?」「持ってないんですよ、携帯があるんで」と青年は答えた。そして青年はレインジャケットを着ていなくて、ダウンジャケットを羽織っていた。濡れていた。

「大丈夫なの」とボクは言った。
「はい、大洲から電車で行きますから」と答えた。

なるほど、そういうスタイルなのか。それで歩き、それに野宿のようだけれど、軽装なのだ。そして青年は「お先に失礼します」と歩いて行った。伊予大洲駅まであと3キロという位置だった。

そして青年は大洲へと歩いて行った

そして青年は大洲へと歩いて行った



十夜ヶ橋(30日目の2)

In : 30日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/17

11時少し過ぎに大洲市街地に入った。雨は止んでいた。青空も少し見えていた。ダイソーに寄った。膝サポートが欲しかったのだ。痛いほうだけではなくて、右側にも着けていないとバランスが悪いように感じて一枚買った。身体を拭くシートタオルも買った。11時30分、かば忠飯店。中華料理屋さんだ。「ランチ600円」につられて入った。久しぶりの暖かい食べ物。美味しかった。歯は少し痛むけれど、膝は日に日に良くなっていくのが分かった。

野宿大師

十夜ヶ橋野宿大師

11時55分出発。大洲市内を抜けて12時30分、十夜ヶ橋着。別格八番正法山永徳寺がある場所だ。十夜ヶ橋については、永徳寺のサイトから引用します。

弘法大師 御野宿所 十夜ヶ橋
昔、弘法大師が行脚のおり、この辺りにさしかかった時、日が暮れてしまい、泊まるところもなく空腹のまま小川に架けた土橋の下で野宿をされました。その折に、一夜限りとはいえ夜明けまでの時間が十夜の長さに感じられ「行きなやむ 浮世の人を渡さずば 一夜も十夜の橋と思ほゆ」と詠ったことから十夜ヶ橋と名がついたといわれています。

この橋の下は野宿の聖地だ。野宿が公認されている場所でもある。そして泊まるためのゴザまで貸し出している。

そういうことなのだ。弘法大師空海と言えども泊まるところもなく空腹に苦しんだのだ。野宿が楽しいはずがない。熟睡するはずがない。慢性的な睡眠不足と空腹感、極度の緊張感と疲労感が精神を欲求から遠ざける。肉を食べないのではなくて、食べることが出来ないのだ。争いの心を捨てるのではなくて、争えないのだ。そこを知ることが歩き野に眠り歩くことなのかもしれない、と思っていた。

少しの間、そこに横たわった。野宿をすることの有効性とか正当性とか、何かを得たり脱したりできるという信憑性なんてものは分からない。だけれども、地面に身体を横たえて、土のにおいを嗅ぎ、野の花の下から景色を見る、そして自然の中に身体を預けるということ、それは生きるということの普通の型のようにも思う。

それもまた「旅」なのだと思う。遠く旅をして、ホテルのベッドで眠るだけでは分からない世界を旅することも、あるいは必要なのかもしれないと思う。

十夜ヶ橋では涙が自然と流れる、と思う。それまでの野宿の想い出が一気によみがえる。そして1200年前の時間を飛び越えてしまう。宗教の普遍性とは、そういった一体感みたいなもの、なのだろう。人はいつも苦しむ。そしてその苦しみから解放されることはない。

13時、野宿飴を買って出発した。

十夜ヶ橋野宿大師

十夜ヶ橋野宿大師



バス停泊(30日目の3)

In : 30日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/17

13時に十夜ヶ橋を出発したボクは13時30分に「とんからかん」に着いた。そこでコーヒーを飲んで休憩。13時40分出発。JR内子線いかざき駅手前を遍路道に入る。風景が一変する。ぐいっと強引に過去へ連れ去れるような感じ。遍路道は不思議な空間だ。

内子の町はひっそりとしていた

内子の町はひっそりとしていた

池のある大きな公園に出る。そこから内子町内へと入ってゆく。内子座を少し見て、先に進んだ。15時20分、道の駅内子からり到着。高校生が販売実習をしていた。たこ焼きを買う。そしてベンチで食べる。朝、顔はコンビニで洗ったのだけれど、歯は磨いてなかったし、どうも頭が痒くてしかたなかった。道の駅の多目的トイレで洗髪をする。それから出発。15時40分、夜がそこまで来ていた。雨は上がっていた。国道379号線を上る。長岡山トンネルまでにあったいくつかのバス停は四方壁で眠るのには良さそうだったのだけれど、まだ少し時間が早かった。

長岡山トンネルを抜けたところに「お遍路無料宿」というのがある。小屋を宿泊施設として改造して提供しているのだ。17時、到着。先客あり。老人、もう70歳近いだろう老遍路がいた。少し話した。「今日は泊まるの」と訊いてきたので「あ、いえ、もう少し歩こうかと」と言った。なにか邪魔をするように思えたのだ。そして挨拶をして出た。

もう暗くなりかけていた。何箇所かバス停があったのだけれど、途中見た綺麗なバス停のことが思い出された。もうひとつ先に行けば、綺麗なバス停がある…。そう思いながら5キロほど歩いた。そしてすっかり日も暮れて山間特有の深い闇が空気に溶け込んで、まるで夜の海で泳いでいるような恐怖を感じてもいた。枯れ草を焼くにおいが懐かしかったのだけれど、遠い昔、まだ祖父や祖母が生きている頃を思い出させた。

急いだ。目的地はないのだけれど、急いだ。川口橋を過ぎた山田屋商店の先のバス停があった。冷え込むだろうから屋根のついている場所で眠りたかった。そしてそこに泊まった。寒くて何度か目が覚めた。

バス停泊

バス停泊

*西予市宇和町~内子町川口橋
*川口橋バス停泊

(出費)
・サンクス宇和れんげ店
ロング荒挽きソーセージ 116円
コーンマヨネーズ 126円
ミニタワラ弁当 295円
AGFコーヒー 140円
(小計 677円)

・ダイソー大洲店
膝サポーター 100円
ウェットタオル 100円
(小計 210円)

・十夜ヶ橋
野宿飴  350円

・かば忠飯店
日替わりランチ   600円

・道の駅内子からり
たこ焼き 350円

・自動販売機
ココア 120円
コーヒー 100円
コーヒー×2 240円
(小計 460円)

(合計 2647円)