Category : 21日目

停滞、修行僧登場?(21日目の1)

In : 21日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/08

雨の朝だった。

キャンプ場からの夜景

キャンプ場からの夜景


6時起床
6時30分、テント撤収。一応テントを片付けた。土曜日だし、なにかイベントがあって、なんてことも考えた。
7時、朝食。昨日買った芋天。

それから、ただ、海を眺めていた。

10時30分、再びテントを張る。
雨で気温が下がっていた。横になりたかった。

11時30分、ピーナッツの昼食。

11時50分、昨日のみかんとチョコレートをいただいた女性が来る。「あら、今日は雨だもんね」

「はい、ここに泊まることが出来てよかったです」
「そうねえ、雨の日は動くのも嫌よね」

なんてことを話した。女性は連れの男性とご飯を食べて、そして何か一生懸命家のことやら仕事のことを話していた。少し気まずい感じがした。テントの外にいたので、中に入るわけにもいかず、ベンチに何もすることなく座っていた。それから目を閉じて、寝たふりをした。それが一番良い方法に思えた。

12時10分、ホームレスのような人登場。
カップ酒と総菜を持ってボクの隣、少し離れたところに座る。「ここはたまに遍路の人がいますよ。この前は青森の人がいました」「このテントは雨漏りしませんか」ということを聞かれるが、「ええ」「そうですか」と上の空で答える。おじさんもそれ以上話を続けなかった。

12時30分、女の人たちが帰ったので、テントにもぐり込む。おじさんはその場所で酒を飲んでいた。

12時50分、そのおじさんもいなくなる。いつも来るのだろう、それがゴミ箱だとは分からなかった一斗缶の中にゴミを捨ててどこかへ行ってしまった。「ホームレスなんだろうか」とボクはその修行僧のような風体のおじさんのことを考えていた。修行僧のような、というのもおかしな話だけれど。

13時、カロリーメイト2袋を食べる。少し頭痛、薬を飲む。

そして眠った。

雨のキャンプ場とシェルター

雨のキャンプ場とシェルター



最後の晩餐(21日目の2)

In : 21日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/08

13時からは誰も来ることはなかった。魚釣りの人が、向こうに見える防波堤にいるのは見えた。寒かったので、テントの中で寝袋にくるまっていた。時々、入り口から外を見たりした。雨は強く降ったり、弱くなったりを繰り返していた。チッ、チッ、と雨音が聞こえていた。

16時45分、夕食。ジャンボソーセージだけの食事だった。
最後の食料を食べたら、少し不安になった。その時間から道の駅に行くことは、往復1時間歩くことは、それよりはじっとしていたほうが良かった。明日は移動しなければ、そう思った。

膝は回復しているのか、それとも鎮痛剤が効いているのか、痛みは和らいでいるように感じた。

17時過ぎると薄暗くなった。明日は天気も身体も良くなってくれ、と祈った。それから、テントの中で目を閉じた。起きているのか寝ているのか分からない時間が流れた。それでも、そういう時間の中にいるのは嫌いではなかった。

21時か22時頃に起き出して、髪を洗った、そして身体を拭いた。それからまた、起きているのか寝ているのか分からない時間の中にいた。

*浮津海水浴場停滞
*浮津海水浴場キャンプ場泊

(出費)

0円

雨、夕方、四万十方面

雨、夕方、四万十方面