松山の夜、公園の夜(32日目の3)

In : 32日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/19

四十八番札所西林寺を16時10分に出発して次の四十九番札所浄土寺に着いたのは、納経所の閉まる10分前だった。前日と同じように、また最初に納経所にてお願いする。それから本堂へと向かった。その頃にひとり山門をくぐって入ってくる遍路が見えた。

浄土寺の大師像

浄土寺の大師像

大師堂での納経が終わり山門に向かうと、その遍路がベンチに座っていた。「こんにちは」と声をかけた。バイクで回ってるということで、電話して宿の予約を入れたところだと話してくれた。そして「この近くにお泊まりになるんですか」と訊いてきたので「まだ、決めてないのですよ」と答えた。「じゃあ、お気をつけて」と挨拶をしてから山門を出た。17時20分。夕暮れ、というよりも夜だった。

左に曲がるとすぐにファミリーマート鷹子町西町店があった。そこでこの日初めての買い物をした。三坂峠でパンを食べてから何も食べていなかった。買い物をすると遍路道を進んだ。街は仕事帰り、学校帰りの人で賑わっていた。道路は歩きにくかった。

17時50分、少し歩くと公園があった。日尾公園だ。かなり広そうな公園だということは分かったけれど、暗かったので良くは分からなかった。取りあえずトイレのある上のほうに行った。そして目立たないところにテントを張った。日が暮れると一気に空気は重くそして冷えてきた。前夜のことを思い出した。「カイロ」とつぶやいた。

カイロを買い忘れていたので、またファミリーマートに行くことにした。幸い公園の先にファミリーマートがあった。南久米店。そこで使い捨てカイロとカップヌードルを買った。そしてお湯を入れて公園へ戻った。18時40分。テントの中でカップ麺とおにぎりを食べた。それからトイレの前の水道を借りて洗濯をした。ついでに頭も洗った。

テントに戻り、入り口から見える松山の夜景を見ていた。そうして目を閉じた。いつの間にか眠りに落ちていた。やはり何度か起きた。カイロを足元、寝袋に貼った。寒さは和らいだけれど、それで熟睡するということもなかった。いつものことだったのだけれど。

テントの中から見える街並み

テントの中から見える街並み

*久万高原町西之川バス停~松山市日尾公園
*日尾公園泊

(出費)
・ファミリーマート鷹子町西町店
直巻焼鮭 110円
鶏五目 128円
ツナマヨネーズ 105円
カロリーメート 105円
ピーナッツブロックチョコ 105円
(小計 553円)

・ファミリーマート南久米店
シーフードヌードル 168円
ポッカロン貼るミニ10p 298円
(小計 456円)

・自動販売機
缶コーヒー×2 240円
ホットレモン 120円

(合計 1369円)

2 comments for this entry:
    2 Responses to "松山の夜、公園の夜(32日目の3)"
  1. #1 にゅう

    ひさしぶりなコメントです
    ので、まとめて

    大洲から久万にかけてが遍路のルートで一番寒いエリアになると思います
    かなりつらかったのではないでしょうか

    今ちょうど愛媛あたりがハイシーズンになってるかんじです
    先週、竜串の見残しに行ってきました
    竜串に行ったらしい知り合いに、「よかったよー」「すごかったよー」と
    いわれてきっと悔しい思いを弘法大師もなさったことでしょう

    この辺の日記がちょうどうちの近所です

  2. #2 田原笠山

    にゅうさん、こんばんは。

    えっと、前のブログにコメント頂いてましたね。メアドの記入がいらないようにしたのですが。適当にaaa@bbbなんて書いていただいてもよかったかなあ、なんて思っています。

    そうですね、久万は驚きました。いきなりヒョウで、雪でしたから。

    今が一番混む時期なのかなあ。自転車とかだと、ちょっと観光に、何てことも出来るのでしょうが、歩いていると1キロがキツイですもんね。

    そうですか。日尾公園のところの温泉施設も閉めていて、温泉があると聞いていたのですが分からずに、公園に泊まりました。ま、道後まで行けばあるのですが。それに安い宿もあるということでしたけれど…。

Leave a Reply