33日で一周した遍路の話(29日目の4)

In : 29日目, 菩提の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/16

17時少し前に西予市役所そばの郵便局に着いた。間に合った。途中卯之町の町並みをゆっくり見ることもなく、走るように通り過ぎた。走り遍路…。それから国道56号線を北上、17時30分東洋軒駐車場にあるへんろ小屋宇和に着く。もうすでに暗くなっていた。夜が日毎に早くなる気がしていた。そして寒さも増している。

香炉灰に線香、これだけ見ても美しいと思う。

香炉灰に線香、これだけ見ても美しいと思う。明石寺にて。

荷物を置いてその先のサンクスに買い物。18時、ミニタワラランチとシーフードヌードルの夕食。日曜日のレストラン東洋軒は賑やかだった。へんろ小屋のすぐ横に、前に駐車して、家族が恋人たちが食事に向かい、そして戻ってくる。幸せがそこに溢れていた。そしてボクは静かにそんな声を聞いていた。それも修行だと思った。幸せとは、日曜日の夕方に具体化する。ひとり、サザエさんを見ていたあの頃を思い出す。サザエさん症候群と言われる、期間工たちの日曜日の夕方を思い出していた。

19時になって寝袋に収まる。と、自転車で旅をしている男がやってきた。「こんばんは、誰か来たら違うところに泊まりますから」とその男は言った。へんろ小屋に遍路ではない人が泊まることは、良いことではないのだろう。男はそのことを言っていた。

「僕も遍路だったのですよ」と男は話し始めた。「33日でまわりました」と、そしてその後に痛めた足や疲れた身体を癒して、自転車を買って、もう一周回っているとのことだった。「遍路のときは名所をみることもなく観光をすることもなく、ひたすら歩きましたから」と男は言った。

昼夜歩いたそうだ。そして納経もすることなく、とにかく寺のある場所を巡ったそうだ。それも遍路なのだろう。だから男は菅笠も金剛杖も、まして納経帳も納め札も持っていなかったそうだ。

「スタンプラリー」と表現した、そしてよく表現される巡礼への懐疑から、そういった遍路のスタイルをとる人も多い。あるいはプロ遍路の多くもそういったスタイルだ。巡礼というよりも停滞、あるいは逆に、飛ばして、とにかく四国にいることを目的とする。

男は自分のスタイルでの旅、33日間がどれほど大変だったかを説いた。そして自分がこの一年旅を続けているということを説明した。40を前にしたその男と、0時前まで話をした。というか、22時過ぎたら男の話を聞くだけで、ボクは眠くてしかたなかった。すこしうんざりしていた。男の話にも興味を持てなかった。

どういうスタイルでもいいのだけれど、その善悪を説いた時点で終わりなのだ。

0時少し過ぎに寝た。雨が降っていた。少し寒い夜だった。そして長い1日だった。

国道沿いのへんろ小屋では、夜眠れない

国道沿いのへんろ小屋では、夜眠れない

*宇和島市~西予市宇和町
*へんろ小屋宇和泊

(出費)
・サークルK和霊店
ミニタワラランチ 295円
スナックパンチョコ8P 128円
(小計 423円)

・サンクス宇和れんげ店
ミニタワラランチ 295円
シーフードヌードル 168円
(小計 463円)

・自動販売機
缶コーヒー×3 360円

(合計 1246円)

2 comments for this entry:
    2 Responses to "33日で一周した遍路の話(29日目の4)"
  1. #1 进口捕鱼器

    “冰雪女王”杨扬开讲 勇于攻破福气的“迷信”-搜狐娱乐 “冰雪女王”杨扬开讲   搜狐娱乐讯 2016年里约奥运会刚闭幕,体育运动的热忱仍然高涨。就在去年,身怀六甲的杨扬助力中国获得2022年冬奥会主办权,今年则作为国际奥委会委员,带着两个孩子来到了里约奥运比赛现场,并两次为中国运动员颁奖。本周六晚22:38,由中心电视台综合频道制造的中国首档青年电视公然课《开讲啦》特殊邀请到冰雪运动传奇人物杨扬来到现场,跟青年人讲述自己为中国获得冬奥会首金的艰苦过程,同时也分享了她心目中的奥运精力。   重拾信念   敢于打破运气的“迷信”   杨扬说,奥运精神最主要的就是公正。在今年的里约奥运会上产生了

  2. #2 进口捕鱼器

    威华股份资金缓和却主动中止定增 实控人借机减持引质疑 资金流向 热门栏目 资 千股千评 金流向 千股千评 个股诊断 最新评级 模仿交易 客户端 新浪财经App:直播上线 博主一对 个股诊断

Leave a Reply