へんろ道

In : 結願後, Posted by 田原笠山 on 2008/11/08

結願後一週間が過ぎた。まだ少し片付けが終わっていないのだけれど、巡礼の疲れは癒えた、と思う。冬が少し厳しさを増したように感じる。あの頃も寒かったのだけれど、こんなに寒かっただろうかと思ったりしている。部屋の中でコタツに入っていて「寒い」と感じるのだから。野に寝ていた頃、わずか一週間前のことなのに…。

今日は久しぶりに歩いてみた。20キロほど歩いた。

朝、何も持たずに歩き始めた。少し歩くと身体が振れる感じがした。どうもバランスが取れない。横に振れる、という感じだけではなくて、縦にもピョンピョンと、うまく歩けない感じがした。

ボクは部屋に戻って、巡礼の時のものより一回り小さいザックを取り出した。そしてちょうど封を切っていない米5キロがあったので、それを20リットルのザックに入れた。カメラも入れた。約6キロ、背負う、歩く、ウェストハーネスを締める。良い感じになった。ボクは歩き始めた。

ステッキも持とうかと思った。金剛杖の代わりに。でも、それはやめた。後で後悔したのだけれど、やっぱりステッキも持てば良かったと思った。身体が杖を持ったときのバランスになってしまっているように感じた。右に少し傾いているような。

一週間歩いていなかったからか、10キロぐらいには足が痛くなった。それでも6キロの重量しか担いでいないと思うと、気持ちは楽だった。あの頃は10キロ少しを、そして毎日歩いていたのだから。

癖は歩くということだけではなくて、例えば交差点や電柱を見ると「へんろ道マーク」を探していた。四国のへんろ道には丁石の他にへんろ道シールなどの道標が至るところにある。それを目印に歩いて行けば、もしかしたら地図はいらないのではないか、と思ったことがある。それほど道標がある。

その道標を確認しながら歩く癖がついているのだろう、帰ってきても、そして歩いているとそれを探す。特に交差点では。

探している自分がおかしくて、笑ってしまう。

20キロ、それほど長くない距離なのだけれど、なんだか疲れてしまった。この距離以上を毎日歩いていたのかと考えると、なんだかそれはとてつもないことのように思えてきた。そして明日は歩きたくないと思っていたり…。
へんろ道

No comments for this entry yet...

Leave a Reply