そして足摺へ(24日目の1)

In : 24日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/11

津呂の善根宿は道路沿いにあって、それもカーブの終わり(始まり)にあるので、車の音がすぐそばに聞こえて、ヘッドライトの灯りが部屋の中をなめるように照らしていた。それでも交通量が少ないのでうるさいとは感じなかった。寒い夜だった。一度夜中にトイレに行った。タヌキが道路を横切った。

それから2時半に目が覚めた。
宿の本棚にあった漫画「リアル」をヘッドライトの灯りで読み始めた。棚には他に何種類かの漫画や小説、語学テキストなんてのもあった。読んでいればそのうちに眠くなるだろうと思っていたのだけれど逆に目がさえてきて、そこにあった何巻かを読んでしまった。膝はあいかわらず痛んでいた。

5時になった。Kさんが前の道路を掃除している音が聞こえた。しばらくして宿の中に入ってきた。そして電灯を点けた。「おはよう」と言った。

「おはようございます」
「5時半ごろまでに出れば金剛福寺の開門に間に合うから」と言った。

開門に間に合う、という意味が分からなかったのだけれど、それに急いでもいなかったのだけれど「そうですか、それじゃ支度して出発します」とボクは少し急いで寝袋を小さく丸めて収納袋に押し込んだ。それをザックの中に入れてから、顔を洗った。膝のテーピングはしなかった。どこか途中でしようと思った。

5時30分を少し回っていた。ボクは宿の弘法大師像に線香をあげた。それからKさんに「お世話になりました。ありがとうございました」と言った。「気をつけてな」とKさんが言ってくれた。

それからゆっくりと歩き出した。痛みを感じていた。アスファルトの道が黒く延びていた。ヘッドライトの灯りを点けた。

足摺の夜明、遠く室戸

足摺の夜明、遠く室戸

No comments for this entry yet...

Leave a Reply