浮津の海を見ていた(20日目の1)

In : 20日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/11/07

天気予報では「曇りのち雨」だたのだけれど、カーテンの隙間からは海のきらめきが転がりこんでいた。快晴。

6時30分起床。雨だと思っていたので、チェックアウトを10時前と伝えていたし、朝食も8時でお願いしていた。オバマ氏が新しい大統領になることが決まったということを朝のニュースで知った。日本シリーズ巨人・西武線は3勝2敗だそうだ。どれもが全く関係ないことのように思えた。まるで海外にいるように、そこで聞くラジオジャパンのように思えた。

ホテル海坊主から

ホテル海坊主から


7時にもう一度入浴。膝の調子は少し良くなっているように感じた。それでも起き上がる時には勇気を必要とした。そして祈った「痛みが消えてますように」。

調子は良くなっているように感じたのだけれど、それは身体から疲れが少しだけなくなっただけのようだったし、起き上がって左足に体重を乗せると思わず声が出てしまうほど、あるいは痛みは増しているのでもあった。

とりあえず7時30分にパッキング。8時に食堂へ行く。目玉焼き、シラス、かまぼこ、味噌汁、ノリ、という普通の朝食だったけれど、それがなぜだか哀しくもあった。もう少ししたら、また歩き初めなければならない、ということが哀しくさせていた。

8時30分にチェックアウト。「雨が上がって良かったですね」と送り出してくれた。雨のほうが良かった、と思った。そうすればもう一泊することが許されるように思った。

8時50分、上川口郵便局着。ATMが稼働するのを待つ。「もう一泊」出来なかったのは、財布の中身が1000円と少しだったからという理由もあった。カードが使えるとも思わなかった。

9時ちょうどに引き落とす。

わずか30分の時間、これがきつかった。歩き出すと身体の疲労がなくなった分、膝の痛みだけが集中して襲ってきた。指の腹で押していたものが、爪の先になって、次は針の先で押している、ような感じ。歩きたくなかった。その郵便局の前に座り込みたかった。

9時30分、大方遍路小屋着。荷物を下ろした。前の道路は工事中だった。その向こうの海岸は軽やかに輝いていた。それはボクにとっては、かなり残酷な風景でもあった。

国道56号線から伊の岬 晴れ

国道56号線から伊の岬 晴れ

No comments for this entry yet...

Leave a Reply