まるごとソーセージ(12日目の3)

In : 12日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/30

ほんと、まるごとソーセージ、よく食べたなあ…。カロリー摂取(341カロリー)だけではなくて、菓子パン(あんパンとかコッペパンジャムマーガリンなんかの)よりは、健康によさげな感じがして食べた。ジャンボソーセージもよく食べた。

山崎製パン
山崎製パン | イチオシ商品

表を見ると、ナトリウムが多いだけ、なことに、少なからず後悔していたりするのだけれど、お菓子というよりも食事ということを考えると、やっぱりまるごとソーセージかなあ…。

国道55号線は海岸線沿いにボクを安芸市まで運んでいった。大山岬も室戸と同じようにボクの記憶の中に正確に収まっていた。上の道を通らずに下の道を取った。そして地蔵堂にて参拝、少し休憩した。

道の駅大山の先の道路が工事中で、防波堤道路への進入路を通り過ぎてしまった。「通り過ぎた」ということを気づいたのは線路を渡って、そして線路が左手に見えたからだった。途中で防波堤道路へ線路を渡って行った。夜がまた近づいていた。

いおき駅のあたりで、防波堤道路から国道に合流する。その先にローソン安芸伊尾木店があった。買い物をする。ねぐらを探す時間になっていた。夕食はそこで食べることになるので、助六とおにぎり、そしてやっぱりまるごとソーセージだった。

安芸市内を通って、染井町、養老乃瀧のところから海岸線に向かった。地図には市営球場、阪神タイガースのキャンプ場として有名なのだけれど、その辺りに公園があって、トイレや休憩小屋が記載されていた。その少し手前の海岸、干魚工場のある浜に辿り着いた。もうそこで眠ろうと思った。

助六とおにぎりカツオ、デカウマソーセージの夕食を食べた。行動時間は短かったのだけれど、疲れていた。そのまま素泊まり(テントを張らずにマットと寝袋だけで)していたのだけれど、風が強い日で寒くなったので20時過ぎにテントを張った。強風がテントを揺らす。

夜中、何度も頬にテントの布が触れる。何か動物がテントの上にいる、半分夢の中で思っていた。振り払っても振り払っても逃げない。「こら~」と叫んだ。その声で目がさめた。風がテントを揺らしていた。軽いテントはしなるだけしなって、揺れるだけ揺れていた。ナイロン袋に入れられた金魚すくいの金魚みたいなものだと、思った。

何度も目が覚めた。何しているんだろう、とも思った。

安芸の海岸
安芸市の海岸にて、大山岬、そして遠く室戸岬。

*奈半利~安芸市球場前手前
*安芸市球場前手前の海岸泊

(出費)
・Yショップ奈半利 おかもと酒店
ポカリスエット 147円
おにぎり昆布 105円
一口サンド 230円
飴 100円
(小計 582円)

・ローソン安芸伊尾木店
おにぎりカツオ 105円
助六 398円
デマウマソーセージ 113円
まるごとソーセージ 121円
(小計 737円)

・自販機
缶コーヒー×2 240円
スポーツドリンク 150円

合計 1709円

No comments for this entry yet...

Leave a Reply