歩き遍路は幸せですか?(11日目の4)

In : 11日目, 修行の道場, Posted by 田原笠山 on 2008/10/29

歩き遍路の人たち、通し打ちで40日から50日かけて歩き続ける人たちは、幸せなのだろうか、と思う。その長い時間、歩いて四国を巡礼する時間があるということ、そしてその体力があるということ、そのことだけを考えると、幸福なのかもしれないけれど…。

50日間もの長期休暇を取れる人というのは限られるだろう。出会った人たちの多くは定年後の人か失業中の人だった。ボクも失業中だったので時間はあった。

定年後の人たちは、例えば「遍路をしたい」と発心しても、60歳を過ぎて1200キロもの長距離を歩き続けるという体力がある人は限られてしまうだろうと思う。

失業中の人たちは、金銭的に少し余裕がないと50日プラス前後の日数、2ヶ月という時間を旅に費やせないだろうと思う。それが旅館やホテルに宿泊する遍路だとしたら、数十万という(約50万円ほど必要らしいのですが)金額を使える余裕がある人は、また限られるだろうし。

どちらも無職の人たち。プロ遍路の方たちも無職だから、歩き遍路は無職の人がほとんど、ということになる。そしていろいろな理由から歩き始める。例えば何かを求めて、例えば傷を癒すために、例えば供養のために…。そこには幸せとは少し違った、満たされない心があるのかもしれない。

26番札所金剛頂寺に着いたのは12時を少し回った頃だった。「つかれた」と日記に書いているほど疲れていたのだろう。納経をしてお寺のベンチで休憩をした。少し長い時間を過ごした。おにぎりをひとつ食べた。

13時00分出発。「13時になったら動くぞ」と気合いを入れての出発だった。下半身の筋肉全て疲れているように感じていた。朝、動き始めて8時間が過ぎていた。山道を下って国道55号線に出た。吉良川の休憩所にて休憩した。14時を少しまわった頃だった。

室戸の登り口でいただいたホテルなはりの500円割引券は大事にザックの中にあった。それを取り出して、見た。もうホテルに泊まるということだけが頭の中にあった。というか早く横になりたいと思っていた。公衆電話を探してホテルに予約の電話をした。「吉良川からですと、約3時間みていただければ」と言われた。14時30分だった。「17時30分、18時前かあ、暗くなってるなあ」と思った。

ホテルなはりに向かって歩き始めた。500円割引券、ボクはそれに動かされていた。

金剛頂寺から
金剛頂寺への遍路道から室戸

No comments for this entry yet...

Leave a Reply