そして室戸の見える夕暮れ時にボクは沈んでゆく(9日目の4)

In : 9日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/27

宍喰温泉を14時30分に出発した。
温泉に入ったからだろうか、痛みは減っているようだったけれど、緩んだ筋肉が重く感じた。もう室戸岬までは40㎞という位置にいた。明日には着けるかもしれないと思った。そしてボクはいつの間にか高知県に入っていた。水床トンネルの中間地点が県境だった。

県境を越えるという感激みたいなものもなかった。発心の道場から修行の道場に入ったという宗教的な胸の高鳴りもなかった。国境を越える時のような緊張感、そして煩雑な手続きも必要なかった。ボクは同じように歩いていた。

東洋町の海岸は綺麗だった。16時に白浜海岸で休憩をした。設備の整った海岸だった。観光客だけではなくて地元の人たちもその海岸に集まっては、帳の降りる前の景色を前に今日の出来事を話しているようだった。もう何年も前から同じことが繰り返されているのだろうと思った。ボクは少し離れたところでバターピーナッツを食べた。そして立ち上がった。寝る場所としては人の気配が多すぎたし、儀式のような繰り返される風景の中に立ち入ることが憚られた。

相聞トンネルを抜けて坂道を下ると、ボクは海岸に出た。室戸岬が綺麗に見えた。闇が全てを覆い尽くしてしまうその前に、涅槃像と見まがうほどの全容を海に横たえていた。ボクはそこで立ちつくす。手を合わせた。そうすることが正しい行いのように思えた。そして高知に来たということを実感した。

その実感とともに、涙が溢れてきた。ここに来るまでにもユリさんのことは毎日思いだしていた。ボクはそこに来ることが予め決められていたことのように感じた。運命とはそういうものだ。人は死ぬ。そして空へかえる。土のかえる。海にかえる。循環の中にボクたちはいる。宇宙とはそういうものだ、と、ボクは考えていた。

朝陽の登る方向にテントを張った。ボクは自動販売機で買ったパン2個とおにぎり、ブラックサンダーを食べた。それでもお腹は空いていた。闇がボクの存在を隠してくれた。闇の中にいるほうが安心できた。暗闇の中、波音だけが増幅していった。

野根の海岸にて

野根の海岸にて

*内妻海岸~野根海岸
*野根海岸泊

(出費)
・ローソン海陽町杉谷店
レタスハムサンド 245円
デカウマソーセージ 113円
おにぎり辛子高菜 110円
おにぎりカツオ 105円
おにぎり紀州梅 105円
おにぎり日高昆布 110円
ブラックサンダー 32円
キシリミルク飴 100円
単三電池2P 289円
(小計 1209円)

・自動販売機
コーヒー 120円
スポーツドリンク2本 300円
水 100円
菓子パン2個 200円

合計 1929円

No comments for this entry yet...

Leave a Reply