海の風景(8日目の1)

In : 8日目, 発心の地, Posted by 田原笠山 on 2008/10/26

夜中に雨が降っていた。目ざめた時には止んでいたのだけれど、降るだろう気配も予感もしていた。6時過ぎに起き出して、いつものようにシュラフをスタッフバックに押し込む、ということから1日が始まった。おじさんも起きていたし、同じようにパッキングをしていた。

朝食として食べるものがなかった。勝浦のサンクスからコンビニがなかったし、平等寺からそこまで食堂を含めて店らしい店がなかったので、食べることも買うことも出来なかった。Kさんからいただいたみかんが効いていた。「あのみかんを食べたから空腹感も抑えられているんだろうなあ」と思った。非常用にピーナッツババターが1袋、車道を歩いて行くという安心感もあった。地図上にそれらしき店は載っていなかったとしても。

その日はボクのほうが先に出発した。「先に行ってますね」とおじさんに言った。「ああ、オレもすぐに出るよ」「はい」と、短く挨拶をして歩き始めた。

ヘンロ小屋を出て、山側のルートを通るか由岐を目指すか考えながら歩いていた。雨が降る予感がしていた。そのことと食料がないということがボクを海へ向かわせた。由岐町の役場やJRの駅、何軒かの民宿、そして海を懐かしく感じていた。

山と海、山の中にいるなにか閉塞感みたいなものよりは、海岸線で海の側にいるほうが開放感があるし、安心も出来るように思った。木々のざわめきよりも波音のほうが心地よかった。山の夜よりは海の夜のほうが眠れた。海辺の街に生まれたからかもしれない。

しばらくして雨が降り始めた。自動販売機のあるところでザックカバーを付けて、レインジャケットを着た。缶コーヒーを飲んだ。バターピーナッツを食べた。それが朝食だった。そして歩いた。雨が激しくなったので、峠の新しい休憩所まで行ったところで休憩をした。雨は止みそうになかったのだけれど。そして雨の中を出発した。

海は見えていた。そのことが少し気持ちを明るくした。鉛色の雲はそのまま水平線で海の中へと潜り込んでいたのだけれど、遠く拡がりのある風景は、自分の位置や方向を確かなものにしていた。海という目印が常に左手に存在していた。そして右手には「南無大師遍照金剛」金剛杖があった。真ん中で生きている、あるいは、生かされているような感じ、がしていた。

田井ノ浜海水浴場にて
帽子(カバー)を付けているのでその部分は日焼けしていない。というかまだ7日目なのに随分と変化はあるものだ、と思っている。ボクは、ほとんど、変化しなかったとしても。体重は減っていたのだろうけれど…。(田井ノ浜にて)

No comments for this entry yet...

Leave a Reply