遍路とネット、あるいは情報

In : 四国遍路について, Posted by 田原笠山 on 2009/08/02

ネットによる、書籍、新聞いわゆる紙媒体離れや、広告が新聞やテレビからネットに移行しているなんてことを言われていますが、確かにこの数年激しく流動したように思います。それでも消滅するかというと、それはまた別問題で、紙や電波を必要としている人たちもいるのだし、このような時期だからまた紙やテレビやラジオなんて方法での伝達、コミュニケーションが求められているようにも思います。

ネットがここまで普及したのは、そのコストパフォーマンスにあると思います。中には最もお金のかからない娯楽だという人もいますす、ハードを買ってしまえば、そしてネット環境さえあればほとんどのものが無料で提供されていますから。ボクがこうして使っているブラウザやブログソフト(WorldPlessですが)なんてのも無料ですし、画像処理、OpenOfficeを使っていますから、ワードやエクセル、パワポも無料のソフトで作成したり閲覧したり。

ネット業界は特にお金にクリーンなイメージがありますよね。例えばニュースサイトで課金しているということもないし、情報サイトで金取るぞ、なんてのも少ないですしね。著作権があいまいだということもあるとしても、それはどんな世界でも完全になくなることはないでしょうし、利用者にはそれほど損害はなくて、有利に働く場合が多いので、お得なことのほうが多いのでしょう。

ボクたちは20年前よりは便利な世界の住人になりました。

そして情報もちょっとググれば、あっという間に獲得できます。それどころか、さらに便利になってしまって「まとめサイト」(2chのまとめサイトなど)や「海外の翻訳サイト」(ライフハッカーなど)なんてサイトも登場して、その情報を吟味して抽出してくれるようになりました。

情報が氾濫するということと平行してそのようなまとめサイトが登場するというのは、ごく自然な流れだったように思います。

またRSSなんて発信方法は、その情報の獲得の速度を増してくれました。例えばキーワードを入れれば、欲しい情報の最新のものが獲られる。ボクも、それを使って四国遍路に関係する情報を日々刻々見ています。
遍路関連新着情報 | 四国遍路・野宿編

ほかに、サイトを特定して更新情報を得られるようにもできます。
四国遍路のリンク – 更新ブログ
これは掬水へんろ館さんのですけれど、この更新ブログをご覧のかたも多いと思います。

毎日毎日四国遍路についての新しいブログが作られて、新しい情報が更新される。それが法的に問題があったり、道義上問題があったり、あるいは利用しているところの規約に違反している場合を除いては(違反しているのが分からない場合も多いでしょうが)、その情報の価値や信憑性なんてものは、受信者に委ねるしかないだろうと思います。

物語論と同じで、書いた人の手を離れたと同時に、読み手側に全ての判断は委ねられるのだろうと思っています。作者の意図と読者の意図が合致することなんてのは稀だ、ということです。

あるいは写真や絵画にしても、いちいち作者が文字をもって、これはこうなんですよ、なんて説明はしていなくて、その作品を判断するのは閲覧者でしかないのだから。

このブログを文学や芸術とすり替えるつもりではなくて、やっぱり「受け手の判断」でしかないのだろうと思っているのです。それではあまりにも無責任だとも思います。そうなると比較するものが必要になるでしょう。それが判断の幅を拡げるということですから。

そう思ったから、ボクは自分の情報(経験したもの)に他人の情報(経験しただろうもの)を重ねることによって、より安全な選択を出来るようにと考えて、今回の「ボクが泊まった野宿場所・・・」を書いたのです。

ま、それでも、そのことも、ネットの原則とすれば、余計なお世話なのだろうと思います。というか取捨選択という原則ならば、その判断を鈍らせることにもなりかねませんからね。

うまくボクの中でも消化されていないのですが、とりあえず「一覧表」は削除します。記事としてかいたものは「まとめ」として残す方向にして、あ、ここ良いなあ、なんてのを発見したら、追加してゆこうと思います。それはメモ程度のものですから。もしそれでも批判されるのなら、場所を移転します。それだけの話ですから。趣旨が違うなんてことを言われるのなら、それで解決できますからね。

ま、開き直れば「オレのサーバースペースに何載せても良いだろ、何か法律的にも同義的にも問題あるの?」と思っているんですけれどね。

ついでに「そんな事いうんなら、ネット上の全ての情報について吟味して文句言えや、ゴラ~」とも・・・。ま、いいけど。

ということです。

四国霊場八十八か所歩き遍路さんの無料宿泊一覧表

四国霊場八十八か所歩き遍路さんの無料宿泊一覧表

遍路宿情報ネットワーク宿一覧

遍路宿情報ネットワーク宿一覧

6 comments for this entry:
    6 Responses to "遍路とネット、あるいは情報"
  1. #1 バク

    昨年秋から区切り打ちで四国を回ってきたのですが、色々な遍路情報の中から私はこのサイトをお気に入りに登録し、ずっと読んできました。
    何だか他人事に思えなくて、感情移入しながら読み続けています。

    この初夏に結願し高野山までお参りしてきましたが、何だかまた四国へ向かいたくて、遍路宿や田原氏の様々な情報は非常に役立っていますよ。
    あなたがしてきたように私も状況判断は自己の責任において行うものだと思いますが、それが出来ない輩がいるのも事実でしょうね。
    そんな人はどこにでもいるものです。
    気にするなとは言い切れませんが、私のように田原さんのサイトを読むのを楽しみにして、応援している人間もおりますので、めげずに頑張ってくださいませ。
    いつも応援しております。
    更新を楽しみにしていますので。

  2. #2 田原笠山

    バクさん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    ボクはその「一覧表」を勝浦、6日目に始めて目にしたのですけれど、結局は、その場所にはプロの方や、多くの遍路たちが集まり満員だったりするので、実は「避けたほうが良いリスト」ということも言えるように思います。

    善根宿は特に、必ずと言って良いほど先客がいたので、泊まらなかったことのほうが多いですしね。だから、それがあるからどうだとは思わないのですよ。ボクがそうでしたから。

    細かく調べてその通りの行程になるわけもないし。

    ありがとうございます。また、いろいろと思ったことを書くと思いますので、よろしくお願いします。

  3. #3 cyoko

    >その情報の価値や信憑性なんてものは、受信者に委ねるしかないだろうと思います。
    最終的には利用者責任、そうなんだけど、今回の記事内容や一覧表削除を見ると少し誤解があるような気もしますね。私が伝えたかった事は「ボクが泊まった野宿場所・・・」と題するなら自分の経験した場所のみを記載しておけば無粋な書き込みなどされなかったろう、他のサイトから「良さげ」と思える場所も記載したのは田原さんの善意からでしょう。それに目くじらを立てて抗議している人の側に立つ気は全く無い、但し「きっとここも利用できそうだと思う」という情報も合わせて記載し役に立ててくださいと考えるならばもっと役に立つ情報収集&提供を目指してみたらどうかと言いたかったんですが。あの記事は今後のより素晴らしい情報収集&提供につながる第一歩にして欲しいと思ったしやってくれると期待したんだけど。
    同行二人地図編は初版が90年6月、それから2007年までに8版です。道路事情や目印となる建物、勿論宿泊場所の情報も変化してきたものと思います。それでも印刷刊行物は実データーの反映に時間がかかる、ネット上で皆の協力を得て情報を収集&提供が出来たら非常にスピードのある情報収集&提供になると思ったんですが。そうなれば沢山の人達が参考にすると思うし参考にした人達は結果の報告もしてくれると思う、そうなると常に新しい正確な情報が集まるような回転力につがると思って応援したかったんだけど。勿論どんな時にも歓迎したくない輩ってのはいますから嫌がらせの書き込みや嘘の情報を排除するという作業は大変だと思うけど。そしてもし田原さんがやってくれるなら野宿ポイントに限らずホテルや旅館などの有料施設情報も収集提供してくれるなら自分も利用したいと思ったんですが。

    ついでに1つ
    >オレのサーバースペースに何載せても良いだろ
    そんな事はないと思うしそんな風に開き直る人じゃないよね。このBLOGにも読者はいるんだし、その読者は何故読者なのかを考えればおのずと結論はわかるよね。ま、つまらん低俗な書き込みに歩を止める事なく、より良い形に向かって又歩き出して欲しいと思ってます。

  4. #4 田原笠山

    cyoko さん、おはようございます。

    「利用者責任」というか…そこまで言うのではなくて。ネットが一昔前だと、情報を発信するという感じでしたけれど、今はまた違った方向になってしまっていますからね。

    例えばtwitterのような「つぶやき」に対して責任なんてことを言っていたらキリがないでしょうし。ボク個人としては、責任はあるとは思っていますが、やはり最終的には受ける側の責任(感じ方)かなあと思っています。誤解というよりもネットのあり方ということの考えの相違でしょうし。でネット論を書いたのですけれど。

    えっと、ま、ボク自信としてはそんなに気張って書いているわけでもなくて、やっぱり情報というよりも情緒ということに重きを置いているというか。

    そうですね、なんかそういう情報サイトがあってもいいですよね。となると、やはりポータルでやっているところが、なんて考えたりもします。

    ありがとうございます。
    また2順目の思い出し遍路紀行を書いてみようかと思っていますけど。

    1回しかやってないのだけれど、思い出がボヤけたところで、また新しい言葉が浮かんでくるようにも思いますし。そうなると、キリがないかなあ、なんて。

  5. #5 cyoko

    >2順目の思い出し遍路紀行
    1度の遍路を再度思い出して別の次元で記事を作成してみるという事かな。思い出がボヤけ始めたら再度四国へ挑戦と言う気になるかもね。全く別の気持ちで歩けるかもしれないし全く別の思い出が作れるかもしれませんよ。

    ところで田原さんは大阪よりさらに西の方にお住まいのようですがどのあたりですか?山口あたりは豪雨被害が酷かったようですがそちらは大丈夫ですか?私は東京ですが東京も雨ばかり、ありがたい事に死者が出るような災害は今のところありませんが異常気象は毎年酷くなる一方だからねぇ、お互いに事件や事故に巻き込まれること無く元気で過ごしたいものですね。

  6. #6 田原笠山

    cyokoさん、こんばんは。

    そうですね、別の次元というか、少し離れた感じで今は思い出せますから。

    再度、と思っていますけれど、余裕がないと…。今は失業中なので、時間はあっても気持ちに全く余裕がない半年でしたから…。また就職したら、当分行けそうにもありませんし、ブログの更新もままならなくなりそうだし。

    ええ、やっと梅雨があけました。ほんと、毎年災害が起きますよね。

    ありがとうございます。
    暑くなるので、ご自愛してください。

Leave a Reply