道の駅

In : 四国遍路について, 結願後, Posted by 田原笠山 on 2009/07/14

野宿場所を選ぶ条件としては、やはり安心感が第一だろうと思います。駅はどうでしょうか?歩きつかれて一刻も早く横になって眠りたいのだけれど、駅のベンチに18時19時という早い時間に寝袋を拡げるというのもマナー違反でしょうし、中には終電後に閉鎖する駅舎もありますから、安全だとしても熟睡できないし、十分な睡眠を取ることも難しいかもしれませんね。

ボクは浅海駅と石鎚駅のベンチで一泊、それに国分駅の自転車置場で一泊しました。安全な場所だとしても、それに小さな駅だと言っても通勤通学の人たちがいますので、そんなに落ち着けるものでもありませんし、横になるのも憚られるので、やはり窮屈に感じました。窮屈と言うか眠いのを我慢しなければならないというような苛立ちですけれど。

遍路小屋は、四方壁に囲まれているというものは少なくて、冬は寒いだろうし雨が降りこんで来る小屋もありますし、国道沿いという立地のところも多いですから、騒音ということでこれまた熟睡は難しいかもしれませんね。

道の駅も国道沿いにありますし、駐車場が広くて夜は売店が閉店していたとしても自動販売機が営業していますから、車の出入りがありますから、これまた落ち着かないですし。

そもそも野宿するのに快適さとか安心を求めるのが無理なのかもしれませんけれど、ま、それでも上記3箇所が野宿スポットベスト3となると思います。あとは公園でしょうか。公園はパターンがいろいろありすぎるので、ひと括りに出来ないし季節によっても様子が違うでしょうから、やはり次点ということになると考えていますが。

ベストは、と聞かれると、やはり道の駅でしょうか。食べる物もあるし、トイレや洗面所もありますからね。それに附設して温泉や足湯なんてのがある道の駅もありますから、歩き遍路の人たちにはオアシスみたいなものだと思います。

四国には76の道の駅があります。結構あるもんだと道の駅ガイドマップを見ながら思っています。ボクが泊まったのは「温泉の里神山」「めじかの里土佐清水」「大月」「ながお」の5泊です。

利用したのは「第九の里」「日和佐」「宍喰」「やす」「かわうその里すさき」「あぐり窪川」「ビオスおおがた」「すくも」「内子フレッシュパークからり」「今治湯ノ浦温泉」「源平の里むれ」の11施設です。

トイレを利用して洗顔したり水を補給させていただきました。洗髪をしたところもあって、道の駅がなかったらさらに苦しまなければならなかったと思います。ヘンロ小屋もそうですが、道の駅も年々増えているようで、遍路する環境も良くなっているように感じます。

環境が良くなったとしても、歩く距離が短くなるとか、納経が簡略化されるなんてことはないのですけれど。それに環境や方法と、遍路をするということとは、また別の問題だと思います。「思う」ということが大切なのでしょうね。

四国の道の駅の所在地などの詳細は四国の「道の駅」で見ることができます。

太龍寺の提灯

太龍寺の灯明

2 comments for this entry:
    2 Responses to "道の駅"
  1. #1 ワイワイ

    こんばんは。今日も暑かったですね。如何お過ごしでしょうか?眠る難しさは歩く以上につらいですね。寝てる時に盗難なんかは無いのでしょうか?職務質問なんかも経験するのでしょうか?今、靴に悩んでます。

  2. #2 田原笠山

    ワイワイさん、こんにちは。

    ほんと暑いですね。
    何もする気が起こらない、という感じです。

    盗難については、あまり考えなかったですね。ま、注意はしていましたし、札所でも見えるところに荷物は置いていましたし。札所では納経帳は山谷袋の中ですから。

    職質はボクはされなかったです。中には公園で寝ていたらなんて人もいるみたいですけれど。警察にも泥棒にも縁はなかったですね。

    靴が一番重要ですよね。選んだとしても、長距離歩くと思わぬところに豆が出来るのでしょうけれど。ソール、靴下、このあたりも後悔しない選択が精神的に楽かもしれないですね。

Leave a Reply