モンベルU.L.ドームシェルターについて

In : 装備と携行品, Posted by 田原笠山 on 2009/06/21

1200キロもの距離を歩くのだから、荷物は軽いに越したことはない。と誰もが思うのだけれど、軽いということはそれだけ「薄い」「細い」「小さい」なんていう形容詞で素材もそのもの自体も表現され、そしてそれゆえに「弱い」とか「もろい」なんてことを連想するのだろうと思う。

歩いて野宿する遍路にとってテントは必需品で、その選択に迷う人も多いのだろうと思う。ボクもそうだったのだけれど、やはり軽さを重視するとこれU.L.ドームシェルターになってしまった。

40日以上の行程を野宿するとなると、それなりの耐久性も求められるのだけれど、山岳トレッキングとは違い、軒下あり遍路小屋ありという設営条件が良い状況なので、それほど風や雨に対して神経質になることもないと思っているし、そうだった。

結局、張り綱で固定することもなく、雨による浸水も経験することなかった。結果として、テントではなくてシェルターというカテゴリーのものを選んだことは、間違ってなかったと思っている。

豪雨、豪雪、強風の下で設営するなんてことはないのだから。そういう天候はあったとしても、市街地、あるいは国道沿いには雨風雪を避けられる場所があるのだし、どうしようもなければ宿泊施設だってあるのだから。

また野宿なのだから、テントも予備みたいなもので、その気になればテントなしでも巡礼できるだろうし、それを行っている人もいる。それを考えると、シェルターはお守り程度に考えていたほうがいいだろうし、そうなると持っていても邪魔にならない程度のものが良いのだろうと思う。

U.L.ドームシェルター1型は重量780g。その軽さは本体は15デニールという極細の糸を使っていて、生地はかなり薄いと感じると思う。薄いと感じるのだけれど、張ってテンションがかかった中にいると、あまり薄さは感じないと思う。

U.L.ドームシェルター取り扱い説明書
モンベル | オンラインショップ | U.L.ドームシェルター 1型

薄さは感じないのだけれど、破れやすい。破れてもリップストップナイロンを使用しているので、裂けるということはなくて穴が開くのだけれど。ボクも穴を開けた。設営時にポールがポール受けから外れてしまって、そのまま貫通してしまった。それが2度。

どちらも暗闇での設営だったのと、風が強かったことで、ポール受けに入っていなかったのか外れたのか…。テントの中に入って、中でポールをポール受けにセットして、そのまま湾曲させて対角線上のポール受けに入れるという方法のほうが安全にセットできるように思う。

U.L.ドームシェルターに開いた穴

風が吹いていたりすると、セットしても外れる場合がある。そのあたりのモンベルが改善してくれるとありがたいのだけれど。

インナーポール方式はもうひとつ、ポールに結露が発生しやすく、その結露を拭きにくいということも欠点だと思う。それはしかたない、というレベルのものなのだけれど。

ま、その2点を差し引いても価値あるものだと思う。

それならツェルトでも良いんじゃないかと思うかもしれないけれど、駐車場や軒下での幕営なので自立式じゃないとまた不便になると思う。自立式で軽いもの、となればこれかなあ、なんて思っていますが…。

No comments for this entry yet...

Leave a Reply